鹿屋市

サイトマップ お問合わせ
  • 文字サイズ
  • 標準文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ大
閲覧支援ツール(WebUD)

寄せられたご意見とその対応状況(平成27年5月)


 いただいたご意見は市長がすべて拝読し、対応状況についても確認しております。


寄せられたご意見とその対応状況


件名  公共施設での傘の盗難について 5月25日受付
ご意見
(要旨)
 先日、鹿屋市立図書館を利用した際、傘を盗まれました。これが初めてではなく、過去に鹿屋市立図書館と中央公民館で、それぞれ1回ずつ傘の盗難に遭いました。
 図書館も中央公民館も、一般にある普通の傘たてです。そこに、私は傘を置いてました。
 その日はちょうど曇りから雨の天気で、雨が降り始め、傘を持ってこられなかった方が困って、私の傘を使ったのでしょう。しかし、盗まれた側としては、とても残念で、雨に濡れながら悲しい思いで駐車場に走っていきました。
   公共施設での傘の保管については、他の市町村では鍵付きの傘置き場を設けていたり、あえて傘置き場を設けず、袋に傘を入れて施設内に持ち込むようにしているようです。
 鍵付きの傘置き場があればそれは大変良いことですが、費用がかかりますし、袋に傘を入れて持ち込むのも良い方法かもしれませんが、袋が無駄に使われ、エコが言われている現在においては、あまり勧められることではないでしょう。
 そこで、貸し出し用の傘を各施設に用意されてはどうでしょうか。傘の盗難の根本的な解決策にはならないかもしれませんが、急な雨の時、傘を持ってきていない利用者に貸し出し用の傘を使ってもらうことで、他の人の傘を勝手に使うことは減るでしょう。 忘れ物や長期間放置されている傘を用いれば、費用もそれほどかからないでしょう。
   傘一本で騒ぐことではないかもしれませんが、自分のように傘を盗まれて悲しく思う人を少しでも減らせればと思い、投稿しました。これから梅雨に入ります。自分の持ち物は大事に長く使いたいものですね。
対応状況  市役所本庁舎をはじめとする公共施設において、現在長期間放置されている傘については、所有者が判明するまで保管をしており、貸出用として利用しておりません。
 今後は、放置されている傘の取扱方法を見直し、貸出用として再利用できるように対応いたします。

(総務課)


件名  ゴミのカレンダーについて 5月21日受付
ご意見
(要旨)
 以前、生活環境課に言った事がある。(3〜4年前)
  • カレンダーを1年間保管しないと裏表になっているので、せめて2か月で捨てられるように。
  • 年寄りが多いので、わかりやすく絵にして欲しい。(この件は、予算がないと断られた)
 年寄りでも見やすいカレンダー作りをお願いします。
対応状況  本市では、ごみカレンダーや分別一覧表については、これまで様々な意見を取り入れながら、現在の規格でごみの種類が色ごとに確認できるカレンダーとして市民の方々に利用して頂いております。
 今後も、広告掲載事業を利用しながらより利便性の高いカレンダー作成に向けて、広告事業者の協力を得ながら検討してまいります。

(生活環境課)


件名  くるりんバスの低床バスへの変更について 5月19日受付
ご意見
(要旨)
 地域で高齢者へのボランティア中、「くるりんバスをよく利用するのにステップが高すぎて・・・」と若い者では気付かない相談を受けました。  乗る時は、荷物を全部ステップの上段まで投げ置き、はいあがるか、知り合いが同乗の時は、引っ張ってもらうかだそうです。包括センター、福祉課、保健センターなど知りうる限りにお願いしました。早く低床バスに変わらないかなぁ。
対応状況  くるりんバスは、高齢者の方が多く利用されており、お手紙にあったような状況は伺っております。
 低床のノンステップバスを購入することが望ましいのですが、バスの更新時期まではまだ期間があるところです。
 また、バスの改造についてもバス業者に問い合わせたところですが、運輸局の許可が難しく、経費も過大なものになるとのことです。
 現状の改善策としては、運転手や同乗者の協力のもとに踏み台をバスに設置できないか、バス事業者に相談しているところです。

(政策推進課)


▲このページの先頭へ戻る


件名  霧島ヶ丘公園への観覧車等の設置について 5月19日受付
ご意見
(要旨)
 もうじきばら園のばらが満開を迎えますね。鹿屋と言えばばら園、霧島ヶ丘公園。毎回訪れて、いつもさびしさを(活気のなさ?)を感じます。たとえば観覧車の様な目を引くひとつ大きな施設があると観光スポットとしていかがでしょうか。簡単にはいかないでしょうがこれからの鹿屋の名所にご一案下さい!
対応状況  霧島ヶ丘公園は、市民の憩いの場として利用されていることはもちろん、かのやばら園においては、各地から年間10万人の来園者が訪れるなど、大隅地域の観光の核となる施設として、県内外に認知されているところです。
今後、より多くの市民・観光客に霧島ヶ丘公園を訪れてもらうために、市民の皆さんの声を広く聴くとともに、アンケート調査や民間団体の方々との意見交換会を行いながら、子どもから大人まで幅広い年齢層の方に楽しんでいただける公園にしていきたいと考えております。

(商工観光課)


件名  フィットネスパースについて 5月19日受付
ご意見
(要旨)
 毎月、広報かのや楽しみにしています。4月号のバラの表紙ステキでしたね。
 さて、フィットネスパース、毎日朝夕息子が通学に利用しています。車との事故の心配がなくて親としては安心なのですが、夕方、帰宅時には暗くて怖いと言います。私もウォーキングで時々使いますが、人とすれ違うときなど顔も見えない為、怖いです。もう少し明るく歩きやすいフィットネスパースにしていただけたらうれしいです。
対応状況  フィットネスパースは、自転車歩行車道として市民の健康づくりのために整備したもので、ジョギングやウォーキング、サイクリング、さらに、通勤・通学、学校の部活動など、今では多くの市民の方々に幅広く利用されています。
 市としては、良好な利用環境を確保するため、職員によるパトロールを実施し、地域町内会の協力も得ながら除草伐採に努めております。
 さらに、今後とも利用者の安全・安心のため日常の維持管理に努めて、少しでも明るく歩きやすいフィットネスパースになるよう取組んでまいりますので、ご理解くださいますようよろしくお願いいたします。

(道路建設課)


▲このページの先頭へ戻る


件名  くるりんバス等のバスに係る対策について 5月19日受付
ご意見
(要旨)
 くるりんバスについてですが、乗客のわりにバスが大きく高齢者も乗りにくいと思いますので、民間のジャンボタクシーに変えられないのでしょうか?
対応状況  バスが大きくまた、乗り口が高く高齢者には大変であるという声はいただいております。バスの更新時と併せて、利用者の人数、高齢者が乗降しやすいバスに変更できるようバス事業者と協議していきたいと考えております。
 ミッドナイトバスの運行についても、運行が可能かバス事業者に検討を申し入れたいと思います。
 買物券の発行につきしては、車を持っている人に買物や病院まで乗せて行ってもらった場合、お願いする方も、された方も「お礼」が大変だとききますので、高齢者の方々の交通弱者対策のひとつの手法として今後の参考とさせていただきます。

(政策推進課)


件名  かのやばら園のバラについて(ドライフラワー) 5月19日受付
ご意見
(要旨)
 ローズの満開宣言を聞きましたが、置いた私共は霧島ヶ丘までタクシーで往復する事が難しく、又、園内を巡回するにも車椅子でなくては、とてもあの広い登り降りの変化に富んだ場所で種類の異なったバラを観賞する事は不可能です。
 せめてドライフラワーにした置物でも・・・と思い、デパート等のそれらしき品を見てみますが、気に入ったものは見当たりませんでした。ドライフラワーにする手順が大変時間と経費がいると聞き、その上、市役所に連絡をして許可を貰わなければダメだとの事。其の本意と手続きをお知らせ下さい。
対応状況  かのやばら園では、高齢者の方でも園内を自由に散策していただくために、車椅子やシニアカーの無料貸し出しを行い、いたわりの対応に努めております。
 ばらに関しましては、切花温室で切花体験として生花(スタンダード系150円/本 スプレー系 200円/本)の販売を行っておりますが、現在のところ、ドライフラワーの取り扱いはいたしておりません。
 ご参考までに、かのやばら園のばらを使用した「プリザーブドフラワー」や「ばらポプリ」等も製作・販売しておりますので、季節を問わず、ばらの魅力を感じていただけるものと思っております。
 また、毎月第2日曜日の「無料入園日」に合わせ、季節に応じたイベントも企画しております。その中で、多数の方のご要望があれば、体験講座も検討させていただきたいと考えますので、お気軽にご来園下さい。

(商工観光課)


▲このページの先頭へ戻る


件名  本気で語ろう会の募集要件について 5月19日受付
ご意見
(要旨)
 市長と「本気で語ろう会」の開催募集とありました。対象者がグループでなければならない理由はあるのでしょうか?
対応状況  「”本気”で語ろう会」は、市民の方々と市長が直に意見交換を行い、今後の方策等について共に考えることで、市民一人ひとりが主役のまちづくりと地域の個性を生かした共生・協働のまちづくりを積極的に推進し、活力ある鹿屋市づくりを目指すものです。
 現在「”本気”で語ろう会」の募集要件は、市内に在住、通勤又は通学している人により構成された概ね10人から20人程度のグループとしております。
 これは、会議を行う際の時間的な制約がある中で、できるだけ多くの市民の皆さまとの活発な意見交換を期待しているためです。
 グループについては、友人・知人等で作っていただき、普段の生活の中で考えていることや話題に上っていることなどをテーマに開催することが可能です。このことをご理解いただきますと共に、ぜひ、開催グループの応募についてもご検討いただきますようお願いいたします。
 なお、個人からのご提案等については、「市民の声直行便」により受け付けており、市長が全て拝読した上で対応しております。

(広報広聴課)


件名  鹿屋市指定管理施設への市民提案票設置について 5月19日受付
ご意見
(要旨)
 市民提案票は鹿屋市役所、各支所にしか置いていないのでしょうか。
 ホームページ等もあるようですが、用件がない限り市役所等に行く事がありません。
 そこで、指定管理施設への市民提案票を設置して頂きたいのですがおねがいできないでしょうか。
 リナシティ、田崎グランドゴルフ場、コミニティ事務局、農業研修センター、温泉施設等。鹿屋市立図書館にも置いてもらえるといいですね。
 市民提案票が手に取りやすくなると思うのですが・・・。
対応状況  市民の声直行便に関するご提案ありがとうございます。
 指定管理施設への市民提案票(専用ポスト)の設置については、市としても市民からの提案の機会が増えることから、広聴の取組として大変有効であると考えております。
 一方で、指定管理者が管理運営する施設にポストを設置しようとした場合、
  • 市民の声直行便には個人情報が記載されることが多々あり、その内容が指定管理者など市職員以外の目に触れる可能性があること。
  • 現在は、指定管理者と市との協定の中に、ポストの管理は含まれていないこと。などの課題があります。
    このようなことから、現在、リナシティや温泉施設などの指定管理者が管理運営する施設には設置していないところですが、中央公民館や保健相談センターなどの市の直営施設については設置するように検討いたします。
    なお、市民の声直行便につきましては、メールで受付けのほか施設に置いてある市民提案票を使用しなくても、便箋等に内容を記入し市役所まで郵送・FAX等していただくこともできますので、今後とも様々な御意見等いただきますようお願いいたします。

(広報広聴課)


▲このページの先頭へ戻る


件名  プラスチックゴミ収集の回数を増やして欲しい 5月19日受付
ご意見
(要旨)
 月に2回ぐらいプラスチックのゴミの収集がありますが1度出し忘れてしまうと2週間も置いておかないといけないのでとても不便です。
 一方、我が家では、燃やせないゴミは少ないので1年に1回年末に出すだけです。個人的には燃やせないゴミの日を月に1日プラスチックのゴミの収集に変更になればいいのにといつも思い続けています。
 ご検討をよろしくお願いいたします。
対応状況  本市のごみの収集体制は、種類ごとに排出方法や収集回数等についてこれまで様々な意見を取り入れながら、現在の収集体制が確立されています。
 本年度は、資源物の分別徹底を推進するため、不燃ゴミの中に含まれている資源物の調査を開始しており、不燃ゴミから資源物への分別徹底を市民の方に周知するとともに、収集体制のあり方については鹿屋市衛生自治連絡協議会による町内会単位でのアンケート調査も実施する予定でおります。
 今後は、社会情勢や生活様式等の変化に伴う収集量の著しい変動が予想される場合は、関係機関と協議しながら必要に応じて見直しを行ってまいります。

(生活環境課)


件名  霧島ヶ丘公園(かのやばら園)について 5月15日受付
ご意見
(要旨)
 
  • 市内の民間企業から寄付があったということですが、この寄付金を使って、霧島ヶ丘公園に子どもの遊具を設置し、市民の遊び場にしてほしいです。
  • ばら園は小さくしてもよいのではないでしょうか。
対応状況  今回、霧島ヶ丘公園に、遊具の設置のご提案をいただきました。市としましては、今年の3月に新たにブランコといろいろな遊びが楽しめるコンビネーション遊具を取り替え、子どもたちに喜ばれているところです。
 今後、より多くの市民・観光客に霧島ヶ丘公園を訪れてもらうために、ばら園を含む公園全体の敷地や施設を有効活用し、子どもから大人まで幅広い年齢層の方に楽しんでいただける公園にしていきたいと考えております。
 また、ゴールデンウィーク期間中の霧島ヶ丘公園のイベントですが、現在は「春のばら祭り」と併せて「フリーマーケット」や「福祉バザー」「動物とのふれあい体験」等を行っております。今後とも、市民・観光客に足を運んでいただけるような魅力あるイベントを工夫してまいります。

(商工観光課)


▲このページの先頭へ戻る



このページに関するお問い合わせはこちらまでどうぞ。:市長公室 政策推進課

住所 〒893-8501 鹿屋市共栄町20番1号(本庁3階)
電話 0994-31-1122
FAX 0994-43-6821
メールアドレス seisaku@e-kanoya.net
鹿屋市役所

Copyright Kanoya City. All rights reserved.