鹿屋市

サイトマップ お問合わせ
  • 文字サイズ
  • 標準文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ大
閲覧支援ツール(WebUD)

知っていますか?行事食

 日本には、季節ごとの様々な伝統行事とそれにまつわる行事食があります。行事食は旬の食材や地域の食材を取り入れることが多く、縁起をかついだものや、豊作や健康などの願いが込められたものなどがあります。

 行事食を生活の中に取り入れることで、自分を取り巻く自然環境や季節の変化に関心を持つことができます。

 ここでは、季節ごとの行事にあわせて行事食を紹介します。気軽に取り入れて、行事を楽しんでみましょう。

  行事 代表的な行事食
1月1日 元旦 おせち料理雑煮屠蘇
1月7日 七草(人日の節句) 七草がゆ
1月11日 鏡開き 雑煮、ぜんざい
2月3日頃 節分 イワシ、恵方巻き、福豆
3月3日 桃の節句(ひなまつり) ちらし寿司 はまぐりのお吸い物
甘酒 ひなあられ
3月20日頃 春分の日 ぼた餅
4月8日 灌仏会 甘茶
4月 花見 桜餅など
入学・進級祝い ちらし寿司など
5月上旬 八十八夜
5月5日 端午の節句 柏餅、ちまき、あくまき
6月4日 むし歯予防デー  
6月21日頃 夏至  
7月7日 七夕 そうめん
7月20日頃
(平成23年は21日)
土用の丑 うなぎ
8月13〜15日 お盆 精進料理、そうめん
9月9日 重陽の節句(菊の節句・栗の節句) 栗ごはん
9月15日頃 十五夜(芋名月) 里芋、さつま芋、月見団子
9月23日頃 秋分の日 おはぎ
10月(平成23年は9日) 十三夜 栗、豆、月見団子
11月15日 七五三 千歳飴
12月22日頃 冬至 かぼちゃ
12月24〜25日 クリスマス クリスマス料理、ケーキ
12月31日 大晦日 年越しそば


おせち料理

 昔から季節の変わり目である「節」には神への食物を供え、感謝してきました。この食べ物を御節供(おせちく)と呼び、おせちはそれが略された言葉です。お正月のおせちは、歳神さまへの供物であり、繁栄を願う縁起物とされます。縁起物の祝肴(いわいざかな)と、普段のおかずをより丁寧に仕上げた料理で、感謝の気持ちで新年をむかえたいものです。

 *おせち料理には、それぞれに先人の様々な思いや願いが込められています。

料理名 いわれ
田作り 昔は稲を植えるときに田んぼにイワシを混ぜて肥料にしたことから、五穀豊穣の願いがこめられています。
数の子 たくさんの卵があるので、子孫繁栄の意味があります。
きんとん(金団) 豊かな生活が送れますようにとの願いがこもっています。
黒豆 今年も1年まめで元気に働けますようにという願いがこもっています。
エビ 加熱すると背が丸くなるところから、腰が曲がるまで健康で長生きできますようにという願いがこめられています。
昆布巻き 昆布は「よろこぶ」と同音になることから、おめでたい食材とされています。
さといも 親いもの根元に小いもがたくさんできることから、子だくさんの願いが込められています。
お煮しめ いろいろな野菜を一つの鍋に入れて一緒に煮しめていくので、家族が仲良く一緒に結ばれるという意味があります。


雑煮

 もともとは、大晦日の夜に歳神さまに供えた食べ物を、新年1番にくんだ水と新年の神聖な火で雑多に煮て食べたもので、1年の無病息災の祈りがこめられています。

 各地で採れた特産をそれぞれ供物にしていたため、地域によって多種多様です。



屠蘇

 屠蘇とは、「鬼気を屠絶し人魂を蘇生させる」ということで、1年中の邪気を払い、無病息災を願うために飲みます。



七草がゆ

 七草は、早春にいち早く芽吹くことから邪気を払うといわれ、無病息災を祈って七草がゆを食べます。七草はいわば日本のハーブ。正月疲れが出始めた胃腸の回復にはちょうどよい食べ物です。



節分

 本来、季節の移り変わる時の意味で、立春・立夏・立秋・立冬の前日を指していました。特に立春が1年の初めと考えられることから次第に、「節分」といえば春の節分を指すものとなりました。立春を新年と考えれば、節分は大晦日にあたり、前年の邪気を払うという意味をこめて、「豆まき」などの行事が行われています。年男か一家の主人が豆をまき、家族は自分の歳の数だけ豆を食べると、その年は病気にならず長生きすると言われています。

 地方によっては、焼いたイワシの頭をヒイラギの枝にさして、家の軒先に飾るという風習があります。イワシのにおいとヒイラギの葉のトゲを鬼が嫌うと言い伝えられています。

 また、恵方巻きも最近節分のイベントとして世間に浸透してきました。太い巻き寿司をラッパを吹くようにくわえて恵方に向かって私語を交えずに丸ごと食べることにより、1年間良いことがあるとされています。巻き寿司を使う理由は、「福を巻き込む」からで、また、まるごと食べるのは「縁を切らないために包丁を入れない」ということです。



桃の節句(ひなまつり)

 桃の節句の起源は、平安時代までさかのぼります。昔の日本には五つの節句がありました。節句は、季節の節目で身の汚れを祓う大切な日でした。五節句は奇数の重なる日が選ばれていますが、1月だけは1日(元旦)を別格として、7日の人日を五節句の一つとしています。

  • 1月7日  人日(じんじつ)の節句
  • 3月3日  上巳(じょうし)の節句(桃の節句)
  • 5月5日  端午(たんご)の節句
  • 7月7日  七夕の節句
  • 9月9日  重陽(ちょうよう)の節句(栗の節句)

 3月3日の上巳の節句は、桃が咲く時期と重なることから、「桃の節句」とも言われ、桃などの自然の生命力をもらうことで厄災を祓います。今では、女の子の誕生と成長を祝う「ひなまつり」として一般に浸透しています。

 桃の節句には、ちらし寿司を食べる習慣があります。季節の変わり目に、体に良い食材をたくさん散らして食べさせたのが始まりといわれています。

 鹿児島には郷土料理である「さつますもじ」があります。(大隅地方では、「五目ずし、まぜずし、ちらしずし」などとも呼ばれています。)菜の花やふきなど季節を感じる具材を使って、食卓をにぎやかに演出しましょう。



八十八夜

 立春から数えて88日目の、5月1日〜3日頃を八十八夜と言います。春から夏に移る節目の日であり、また八十八を組み合わせると米という字になるので、農家ではこの日を大事にします。茶摘みの最盛期となり、八十八夜の日に摘んだ茶の葉は極上で、栄養価も高いと言われています。また、この日に茶を飲むと、長生きするといいます。



端午の節句

 奈良時代の頃から、5月5日は、病気や災厄をさけるための行事が行われる祭日でした。強い香気で厄を祓う菖蒲を軒につるしたり、菖蒲湯に入ることで無病息災を願いました。江戸時代になると、「菖蒲」を「尚武(しょうぶ)」という言葉にかけて、身を守る鎧や兜を飾り、こいのぼりを立てて、男の子の成長や立身出世を願ってお祝いをする日になりました。新しい芽が出るまで古い葉を落とさないことから「家系が途絶えない」縁起物として、「柏餅」が食べられます。

 鹿児島では、「あくまき」が食べられます。灰汁(あく)には殺菌効果があり、日持ちがよいため、秀吉の朝鮮の役や関ヶ原の戦いで薩摩兵児は兵糧として携帯しました。兵糧食であったものが、一般家庭でも食べられるようになり、端午の節句には欠かせないものとなりました。灰汁には多くのミネラルが含まれていて、からだに優しい食品です。



むし歯予防デー

 6月4日は「6(む)4(し)」にちなんでむし歯予防デーとされ、6月4日から6月10日まで歯の衛生週間となっています。

 これは厚生労働省・文部科学省・日本歯科衛生士会が1958年(昭和33年)から実施している週間です。

  

 平成23年度は「みがこうよ 未来へつなげる じょうぶな歯」の標語のもと全国各地で地域住民参加型の取り組みがすすめられます。


お口の健康を守るために次のようなことに取り組みましょう。

  1. 食事や間食は、内容・時間・量に気をつける。
    特に子供の間食は、「間食=お菓子」にならないようにしましょう。3食でとりきれない栄養素がとれる食べ物(おにぎりなど)を選び、食べる時間と回数、量をコントロールすることでむし歯の予防ができます。
  2. 歯ごたえのある旬の食材をよくかんで食べる。
    よくかんで食べるとたくさん唾液が出ます。唾液には細菌や食べかすを洗い流し、細菌の発育を抑える効果があります。そして、噛むためには「硬い食べ物」ではなくたくさん噛まないと飲み込めない繊維たっぷりの野菜や果物がおすすめです。
  3. 飲み物や汁物で流し込んで食べない。
    口の中に食べ物を入れたまま水分をとると、流し込み食べになりやすいため、噛まない原因となり、唾液の分泌も低下してしまいます。
  4. 年に2回は歯科検診を受け、むし歯や歯周病の早期予防!!
    「痛くなってから」ではなく、「むし歯や歯周病にならないように」歯医者さんでお口の点検や掃除をしてもらいましょう。もちろん毎日の歯磨きも忘れずに・・・。

七夕

 7月7日は、五節供の一つでもある七夕です。七夕の始まりは、日本古来の豊作を願った神事「棚機(たなばた)」、「織姫と彦星の星伝説」、中国の行事「乞巧奠(きこうでん)」の3つの行事が混じりあったものです。 棚機は、7月7日の夜に行われたことから、七夕を「たなばた」と読むようになりました。乞巧奠は、もともと織姫のように、はた織りや裁縫が上達するように願ったものでしたが、 次第に芸術の上達も願うようになり、短冊に願いを書いて星に祈るお祭りとなりました。
 七夕の行事食は、そうめんです。水に流れる麺の様子を、天の川や織り糸に見立てたものと言われています。



土用の丑の日

 土用とは、立春・立夏・立秋・立冬の前18日間のことです。そのため、それぞれの季節に土用はありますが、現在では「夏の土用」だけが一般に親しまれています。
 夏の土用の丑の日にうなぎを食べるのは、江戸時代、夏になると暑くてうなぎが売れずに困っていたうなぎ屋から相談された平賀源内が「本日うなぎの日」という張り紙を張り出したことで、繁盛したという説があります。 また、この日に「う」のつくものを食べると病気にならないという言い伝えもあり、地域によっては、梅干しやうどん、うりなどを食べていたようです。
 万葉集には大伴家持が歌った夏痩せ防止にうなぎを勧める歌があるなど、うなぎは古くから滋養強壮に効く食べ物とされていたことがわかります。
 疲労回復に効くビタミン類やエネルギー源となる脂質をたっぷり含むうなぎは夏バテ防止にぴったりと言えます。



重陽の節句(菊の節句)

 「重陽」とは、9月9日にあたり、菊に長寿を祈る日です。陽(奇数)が重なる日、そして奇数の中でも一番大きな数字という意味で「重陽」といわれています。 昔、中国では、菊は邪気を払い長生きする効能があると信じられていました。 その中国の影響を受けて、日本では、8日の夜に菊に綿をかぶせ、9日に露で湿ったその綿で体を拭いて長寿を祈っていました。 また、農山村や庶民の間では、「栗の節句」とも呼ばれて、栗ごはんなどで節句を祝ったとのことです。



十五夜(芋名月)

 旧暦の8月15日を「十五夜」といいます。旧暦では7〜9月が秋の季節で、8月は秋の真ん中で「中秋」といい、特に月が美しいとされていました。 月が見える場所などに祭壇を作って、団子のほか、その年にとれた初ものやすすきを飾り、里芋を供えることから「芋名月」ともいわれます。 現在の新暦では、9月7日から10月8日の間に訪れる満月の日を「十五夜」としています。



秋分の日

 春分の日と同様に、昼と夜の長さが等しくなる日で、この日を境に夜の方が長くなっていきます。 夜が長くなるとともに、厳しかった暑さと別れ、過ごしやすくなります。秋分の日を中心とした一週間がお彼岸です。 お彼岸には、法要や墓参りが行われ、先祖をまつります。 お供えするお餅については、春は牡丹の花が咲くので「ぼた餅」、秋は萩の花が咲くので「おはぎ」と異なった名で呼ばれます。



十三夜

 旧暦の9月13日を「十三夜」といいます。お月見というと、十五夜がもっとも有名ですが、古来もうひとつ十三夜の月も美しい月であると重んじていました。 一般に十五夜に月見をしたら、必ず十三夜にも月見をするものとされていました。これは、十五夜だけでは「片月見」といって嫌われていたからです。
 「芋名月」と呼ばれる十五夜に対し、十三夜は「栗名月」や「豆名月」と呼ばれ、栗や豆を神棚などに供えます。



冬至

 太陽が軌道上の最も南に来るときで、夏至と反対に、夜が最も長く、昼間の時間が一番短い日です。 この日を境に、また日が長くなっていきます。この日、かぼちゃを食べると魔よけになり、風邪をひかないと言われています。
 本来、かぼちゃは夏が旬の野菜ですが、かぼちゃは保存に強く、切ったり、傷をつけたりしなければ長期保存できます。 夏の太陽を浴びたかぼちゃを大事に保存し、風邪が流行したり緑黄色野菜が不足したりする冬に、かぼちゃを食べるという先人の知恵です。
 また、地方によっては「ん」がつく食べ物を食べると幸運につながるともいわれており、かぼちゃ(南瓜:なんきん)もその一つでした。





PDFreader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

担当部課へのお問合わせ:農林商工部農林水産課

住所 〒893-8501 鹿屋市共栄町20番1号(本庁2階)
電話 0994-31-1117
FAX 0994-43-2140
メールアドレス nourin@e-kanoya.net
鹿屋市役所

Copyright Kanoya City. All rights reserved.