鹿屋市

サイトマップ お問合わせ
  • 文字サイズ
  • 標準文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ大
閲覧支援ツール(WebUD)
食と農インデックス

学校給食における食育

 もともと、学校給食は、お弁当を持参できない児童のために始められたものですが、現在では食育の場として、重要な役割を担っています。
 学校給食の中で、「いただきます」などの挨拶の習慣やお箸の持ち方など食事のマナーを伝えたり、郷土料理や行事食をメニューに取り入れることで食文化の伝承に努めたり、  なるべく地元の食材を提供するなど総合的に食育を実践しています。

 鹿屋市では、毎月19日の「かのや食育の日」を中心に、地場産品を使った地産地消メニューの提供に取り組んでいます。

  • かのや食育の日の学校給食献立
  • 学校給食の方式
  • 学校給食センター
  • かのや食育の日の学校給食献立(日付をクリックすると内容の詳細をご覧いただけます)

    平成26年度

    3月 南部学校給食センター(Aコース/Bコース)、寿北小学校、西原小学校、鹿屋東中学校
    2月 南部学校給食センター(Bコース)、寿北小学校、西原小学校、野里小学校、鹿屋東中学校
    1月 南部学校給食センター(Aコース/Bコース)、輝北学校給食センター、寿北小学校、西原小学校、野里小学校、鹿屋東中学校
    12月 南部学校給食センター(Aコース/Bコース)、西原小学校、野里小学校、鹿屋東中学校
    11月 南部学校給食センター(Aコース/Bコース)、寿北小学校、西原小学校、野里小学校、鹿屋東中学校
    10月 南部学校給食センター(Aコース/Bコース)、寿北小学校、西原小学校、野里小学校、鹿屋東中学校
    9月 南部学校給食センター(Aコース/Bコース)、寿北小学校、西原小学校、野里小学校、鹿屋東中学校
    7月 南部学校給食センター(Aコース/Bコース)、西原小学校、野里小学校、鹿屋東中学校
    6月 南部学校給食センター(Aコース/Bコース)、西原小学校、野里小学校、鹿屋東中学校
    5月 南部学校給食センター(Aコース/Bコース)、吾平学校給食センター、寿北小学校、西原小学校、鹿屋東中学校
    4月 南部学校給食センター(Aコース/Bコース)、吾平学校給食センター、寿北小学校、野里小学校、鹿屋東中学校

    過去の学校給食


    3月

    南部学校給食センター(Aコース)
    献立名:牛乳、すし飯、ビーフ巻きの具、具だくさんみそ汁、手巻きのり
    (小学校:623Kcal 中学校:905Kcal)
     毎月19日が食育の日になっていますが、中学3年生が明日で卒業してしまうため今日(11日)にしました。中学3年生に行ったリクエスト給食の中でも多かったビーフ手巻き寿司をだします。しかも鹿屋産の黒毛和牛になっています。風味とこくのあるやわらかい肉質と筋繊維にバランスよく織り込まれた霜降りが特徴です。値段が高いので給食ではなかなか使えません。今日は味わって食べてみてください。
    南部学校給食センター(Bコース)
    献立名:牛乳、すし飯、ビーフ巻きの具、具だくさんみそ汁、手巻きのり
    (小学校:623Kcal 中学校:854Kcal)
     毎月19日が食育の日になっていますが、中学3年生が12日で卒業してしまうため今日(10日)にしました。中学3年生に行ったリクエスト給食の中でも多かったビーフ手巻き寿司をだします。しかも鹿屋産の黒毛和牛になっています。風味とこくのあるやわらかい肉質と筋繊維にバランスよく織り込まれた霜降りが特徴です。値段が高いので給食ではなかなか使えません。今日は味わって食べてみてください。 
    寿北小学校
    献立名:牛乳、ココア揚げパン、洋風煮、ジューシーフルーツ
    (小学校:632kcal)
     3月は6年生にもう一度食べたい給食をリクエストしてもらい、その意見を中心に献立を考えました。 ココア揚げパンはリクエスト一位の献立です。洋風煮とジューシーフルーツもたくさんリクエストがありました。洋風煮は、キャベツや大根、人参、玉ねぎ、セロリー、じゃがいもなど野菜たっぷりですが、人気の献立です。 
    西原小学校
    献立名:牛乳、米粉ミルクパン、コロコロスープ、揚げ魚のキャロットソース
    (小学校:604cal)
     米粉ミルクパンは,いつものコッペパンよりもちもちしっとりでそのままでもおいしいです。コロコロスープはひよこ豆にあわせて他の材料もコロコロに切ります。コンソメ味でさっぱりと食べやすいです。 その反面,魚はタラを使っているので,ソースににんじんの裏ごしやマヨネーズ・ケチャップなどを加えて濃いめの味に仕上げてあります。 
    鹿屋東中学校
    献立名:牛乳、麦ごはん、鮭ふりかけ、黒豚カツ、豚カツソース、大根の味噌汁、ボイルキャベツ
    (中学校:811cal)
     今日の献立は、3年生の受験応援ということで、鹿児島県産の黒豚肉を使ったカツを取り入れました。 黒豚は約400年前に琉球から伝えられたと言われています。その後長い歴史のなかで品種改良を重ね鹿児島黒豚が作りあげられました。 肉質は歯切れ良く、柔らかく、旨味がありさっぱりとしています。 大根の味噌汁に入っている、大根やもやし、ボイルキャベツは鹿屋産を使用しています。

    このページの先頭に戻る


    2月

    南部学校給食センター(Aコース)
    献立名:牛乳、黒糖パン、わかめうどん、三色なます、紅はるかタルト
    (小学校:664Kcal 中学校:824Kcal)
     毎月19日はかのや食育の日です。家族みんなで食について考えたり、料理のお手伝いをする良い機会にして欲しいと思っています。地元で作られる農林水産物に関心をもち、生産者や給食を作る方、食材の命に感謝しましょう。給食では、鹿屋産の食材をできるだけ多く使用し、地産地消を心がけています。
     当日は、鹿屋産の甘くておいしい紅はるかを使用した、紅はるかタルトを出しました。子どもたちにとても人気があるデザートです。 
    南部学校給食センター(Bコース)
    献立名:牛乳、麦ご飯、親子丼、かみかみソテー
    (小学校:640Kcal 中学校:809Kcal)
     毎月19日はかのや食育の日です。家族みんなで食について考えたり、料理のお手伝いをする良い機会にして欲しいと思っています。地元で作られる農林水産物に関心をもち、生産者や給食を作る方、食材の命に感謝しましょう。給食では、鹿屋産の食材をできるだけ多く使用し、地産地消を心がけています。 当日の給食に使われた葉ねぎは鹿屋産です。ねぎは、奈良時代には薬として使われていました。刺激の強い、独特の香りの成分は硫化アリルで、肉や魚の臭みを消す働きがあります。やけどによく効き、不眠を防ぐと言われています。ビタミンB1・B2・Cが豊富で、消化を助けます。当日は、地元鹿屋で生産される葉ねぎの良さを知ってもらうために、放送資料を作成して各学校へ送付しました。 
    寿北小学校
    献立名:牛乳、コッペパン、レーズンクリーム、煮込みうどん、おしんこ和え
    (小学校:557kcal)
    この日は麺とパンの組み合わせの献立だったため、パンは小型パン、うどんの麺は約1/4玉の量を使っています。 煮込みうどんは、白菜やにんじん、小松菜、葉ねぎ、しいたけなどを入れて野菜たっぷりです。おしんこ和えは、鹿屋産の大根、きゅうり、人参をつぼ漬けと甘酢で和えたさっぱり味の和え物です。この日の給食は一人約110gの野菜を使っていますが、食べ残しはほとんどありませんでした。
    西原小学校
    献立名:牛乳、麦ご飯、豆腐団子汁、厚揚げと里芋のそぼろ煮
    (小学校:661cal)
     今日の豆腐団子汁は,白玉粉を豆腐の水分で練って丸めた物です。水で練るよりも栄養価も高く味にもこくがあります。また,里芋は鹿屋産のものです。ほくほくと粘りがあり,そぼろあんにとろみがついているので冷めにくく,冬場のメニューとして取り入れています。
    野里小学校
    献立名:牛乳、麦ごはん、豆腐団子汁、厚揚げと里芋のそぼろ煮
    (小学校:611Kcal)
     豆腐団子汁は,白玉粉を豆腐の水分で練って丸めたものです。水で練るよりも栄養価も高く,味にもこくがあります。また,すりごまも一緒に練り込んであるのでより風味が良くなっています。とろみも出て体の温まる汁ものです。里芋は,鹿屋産のものをだし汁でじっくり煮ました。ご飯がすすむおかずになっています。
    鹿屋東中学校
    献立名:牛乳、麦ごはん、鶏肉と大豆の磯煮、かつお味噌、みかん
    (中学校:824cal)
     今日の献立の「かつお味噌」は枕崎に水揚げされたかつおをなまり節にしたもの使用しています。 鰹は日本では古くから食用とされ、干物などにして利用していました。身がかたいので「堅魚」という名がついたようです。 なまり節を味噌・砂糖と練るようにして炒めて作ります。

    このページの先頭に戻る


    1月

    南部学校給食センター(Bコース)
    献立名:牛乳、白ごはん、けんちん汁、かんぱちのみそマヨ焼き
    (小学校:620Kcal 中学校:764Kcal)
     毎月19日はかのや食育の日です。家族みんなで食について考えたり料理のお手伝いをする良い機会にして欲しいと思っています。地元で作られる農林水産物に関心をもち、生産者や給食を作る方、食材の命に感謝しましょう。給食で、鹿屋産の食材をできるだけ多く使用し、地産地消を心がけています。 今日の献立の「カンパチ」は、鹿屋市で養殖されているものです。カンパチの切身をみそとマヨネーズのたれにつけて焼いたものを出しました。かのやカンパチは全国に出荷されるブランドの魚です。鹿屋市内の海で育った地元の魚です。新鮮でおいしいカンパチを味わって食べて欲しいと思います。 
    輝北学校給食センター
    献立名:牛乳、奄美の鶏飯、手作りかるかん、ぽんかん、アーモンドカル
    (小学校:743Kcal 中学校:812Kcal)
     「鹿児島をまるごと味わう学校給食週間」中の行事の一つで、今日は輝北小学校に生産者と給食センターの調理員がおじゃまして「ふれあい給食」がありました。 具たくさんの「奄美の鶏飯」、上手に作れるか心配していた「かるかん」ともに、きれいにおいしく出来上がりました。 内之浦産の大玉ぽんかんも甘くてとてもおいしかったです。 子供たちとおしゃべりしながら、調理員も楽しいひと時を過ごし「毎日おいしい給食をありがとう」の言葉に元気をもらいました。
    寿北小学校
    献立名:牛乳、ごはん、さつま汁、きびなごの揚げ煮、黒潮ふりかけ
    (小学校:631kcal)
     1月19日〜23日は、学校給食週間として取り組みました。さつま汁、きびなご料理は、鹿児島の代表的な郷土料理です。 鹿屋の大根やねぎをはじめとして、この日の給食の食材はすべて、鹿児島県内で収穫や製造されたものを使っています。子どもたちには給食週間や地元の食材を通して、鹿児島の味や食文化、地域の特産物、また、自分の体と健康について考える機会にしてほしいと思います。
    西原小学校
    献立名:牛乳、ごはん、かぶのみそ汁、三黒煮、ぽんかん
    (小学校:736cal)
     今日は「まるごとかごしま」の日です。使われている調味料以外の食材は全て鹿児島県内産です。その中の野菜は鹿屋産です。三黒煮とは,鹿児島の黒のつく3つの食材を使ったもので,黒豚・黒酢・黒砂糖のことです。豊かな風土に恵まれた鹿児島の味が満載です。 
    野里小学校
    献立名:牛乳、ごはん、かぶのみそ汁、三黒煮
    (小学校:736Kcal)
     今日は「まるごとかごしま」の日です。使われている調味料以外の食材は全て鹿児島県内産です。また,三黒煮とは鹿児島の黒のつく3つの食材を使ったもので,黒豚・黒酢・黒砂糖のことです。鹿屋特産のさつまいも「べにはるか」も使っています。豊かな風土に恵まれた鹿児島の味です。
    鹿屋東中学校
    献立名:牛乳、ご飯、豚骨煮、甘酢和え、ぽんかん、
    (中学校:803cal)
     今日の給食は県内産の食材を使用して作った「鹿児島をまるごと味わう学校給食」です。「豚骨煮」は300年以上もの長い歴史をもつ郷土料理です。薩摩武士が戦場や狩場で作り始めたといわれています。豚骨を焼酎で炒めることで肉の臭みがとれます。野菜などと一緒に味噌でやわらかくなるまでじっくりと煮込みます。 豚骨煮で使用する大根・人参・厚揚げ・こんにゃく、甘酢和えの白菜・きゅうりは鹿屋産のものを使用しています。

    このページの先頭に戻る


    12月

    南部学校給食センター(Aコース)
    献立名:牛乳、白ごはん、南瓜のそぼろ煮、野菜のさっぱり和え
    (小学校:646Kcal 中学校:817Kcal)
     12月22日は冬至になります。
     それにちなんで今日の給食では南瓜を使った「南瓜のそぼろ煮」をだしました。日本では、昔から冬至に南瓜を食べる習慣があります。これは冬にビタミンを補給し、かぜをひかないようにという昔の人の知恵です。
    南部学校給食センター(Bコース)
    献立名:牛乳、米粉パン、和風ポトフ、鶏肉のアップルソースかけ、ヨーグルト(小学校のみ)
    (小学校:627Kcal 中学校:797Kcal)
     今日の和風ポトフに入っている大根は鹿屋でとれたものです。
     ブロッコリーは鹿児島県内でとれたものです。ブロッコリーはビタミンCが非常に豊富で疲労回復かぜの予防、老化防止に効果があります。
     12月から2月中旬くらいまでがブロッコリーのとれる時期です。
     旬の物には栄養もたっぷりです。
     すすんで食べるようにしましょう。
    西原小学校
    献立名:牛乳、麦ご飯、里芋のみそ汁、きびなごの香り揚け、大根なます
    (小学校:625cal)
     きびなごの香り揚げは県内産のお茶を粉末にした物を衣に混ぜて揚げました。きれいな色とほのかなお茶の風味が食欲をそそります。また,里芋・白菜・大根とこの時季地元のものが使えるので,いろいろな料理に登場します。 
    野里小学校
    献立名:牛乳、黒米ごはん、すきやきうどん、里芋のゆずみそ田楽
    (小学校:606Kcal)
     鹿児島県産の玄米(黒米)を炊き込んだ黒米ごはんです。赤飯のように色がついてもっちりとしています。すきやきうどんには,白菜や春菊,深葱,大豆もやし,焼き豆腐と地元の食材をたっぷり使っています。うどんも入って体の温まる一品です。里芋も地元のものです。蒸してゆずの香りの甘みそで和えてあります。今日は純和風の献立です。
    鹿屋東中学校
    献立名:牛乳、麦ごはん、すき焼き風煮、くるみとじゃこの佃煮、みかん
    (中学校:779cal)
     今日の献立の「すきやき風煮」は県内産の牛肉を使用しています。
     鹿児島県は豚・肉用牛の飼育頭数、全国1位(鹿屋は県内1位)の畜産県です。
     すきやきは牛すき・牛鍋などともいい昔は肉をすきを使って焼いたのでこの名があります。
     すき焼き風煮には牛肉のほかにも県内産の白菜・大豆もやし・深ねぎ・糸こんにゃく・豆腐なども使用しています。

    このページの先頭に戻る


    11月

    南部学校給食センター(Aコース)
    献立名:牛乳、麦ごはん、豚汁、ちくわのお茶揚げ、きゅうりの昆布和え
    (小学校:645Kcal 中学校:835Kcal)
     ちくわのお茶揚げは、茶葉を衣に混ぜて油で揚げました。鹿屋産のおいしい深蒸し茶を使って作りました。お茶は体にとてもよく、風邪をひきにくくするカテキン・ビタミンCなどが豊富です。
     当日は、児童・生徒へ地元鹿屋で生産されるお茶の良さを知ってもらうために、放送資料を作成して各学校へ送付しました。
    南部学校給食センター(Bコース)
    献立名:牛乳、コッペパン、ABCスープ、鶏たま鮭そぼろ、紅はるかタルト
    (小学校:676Kcal 中学校:824Kcal)
     毎月19日はかのや食育の日です。家族みんなで食について考えたり、料理のお手伝いをする良い機会にして欲しいと思っています。地元で作られる農林水産物に関心をもち、生産者や給食を作る方、食材の命に感謝しましょう。給食では、鹿屋産の食材をできるだけ多く使用し、地産地消を心がけています。
     当日は、鹿屋産の甘くておいしい紅はるかを使用した、紅はるかタルトを出しました。子どもたちにとても人気があるデザートです。
    西原小学校
    献立名:牛乳、麦ご飯、大豆の磯煮、魚のごまだれ焼き、ミニトマト
    (小学校:668cal)
     魚のごまだれ焼きは県内産のさばを調味料につけ込んで下味を付け,たっぷりのごまをまぶして焼きます。しょうゆの香りとごまの香ばしさで魚の臭みもなくおいしく食べられます。大豆の磯煮にはひじきをたっぷり使っていますが,少し甘めに味付けすることで子どももわりとよく食べてくれます。 
    野里小学校
    献立名:牛乳、麦ごはん、ふりかけ、野菜のみぞれに煮、鮭のもみじ焼き
    (小学校:607Kcal)
     大根おろしを使った料理に「みぞれ」という名前が使われます。大根おろしで少しとろみがつき,料理が冷めにくくなるため,冬の料理に使われます。地元の冬野菜も多く出回って来る時期です。家庭でもいろいろな野菜やきのこなど使って作ってもらえるようなヒントになればと思います。
    鹿屋東中学校
    献立名:牛乳、九州産小麦粉米粉パン、さつま芋のクリーム煮、海藻サラダ、イチゴジャム
    (中学校:843cal)
     11月4日〜7日は県民週間ということで、鹿児島県産の食材や郷土料理を献立に取り入れました。
     「さつま芋のクリーム煮」には鹿屋産のさつま芋や県内産の白菜を使用しています。海藻サラダのきゅうりとキャベツも鹿屋産です。
     クリーム煮に使用した白菜は、11月ごろから甘味が増し、おいしくなります。
     ビタミンCが含まれているので免疫力を高めかぜやインフルエンザを予防する効果があるのでこの季節に活用したい野菜です。

    このページの先頭に戻る


    10月

    南部学校給食センター(Aコース)
    献立名:牛乳、白ごはん、いかと大根の煮物、みたらし里芋
    (小学校:677Kcal 中学校:861Kcal)
     今月は19日が休日なので、17日に鹿屋産の食材を使った献立を取り入れました。食育の日は、家族みんなで食について考えたり、料理のお手伝いをする良い機会にして欲しいと思っています。 地元で作られる農林水産物に関心をもち、生産者や給食を作る方、食材の命に感謝しましょう。今月のお米は、鹿屋産の早期米「いくひかり」です。「いくひかり」は病気に強く、冷めてもおいしいのが特徴です。 また、食材の「さといも」は鹿屋産のものを使用しています。「さといも」のふるさとは、インド東部からインドシナ半島の熱帯地域と言われています。 そこから南の島々に伝わったものは、「タロ芋」になり、寒さに比較的強い種類が中国や日本に伝わりました。日本では、縄文時代の中ごろに人々の住む里で栽培されるようになり、それまで山でとっていた野生の山芋と区別して、「里芋」と呼ばれるようになりました。 昔から好んで食べられている里芋は、郷土料理や行事食にもよく出されます。ガンや高血圧などの病気を防ぐ働きがあり、栄養価も高い食べ物です。 
    南部学校給食センター(Bコース)
    献立名:牛乳、コッペパン、スイートポテトシチュー、フルーツ白玉
    (小学校:622Kcal 中学校:787Kcal)
     毎月19日はかのや食育の日です。家族みんなで食について考えたり料理のお手伝いをする良い機会にして欲しいと思っています。地元で作られる農林水産物に関心をもち、生産者や給食を作る方、食材の命に感謝しましょう。 給食で、鹿屋産の食材をできるだけ多く使用し、地産地消を心がけています。 今日は、シチューに、鹿屋でとれた「紅はるか」を出しました。甘くておいしいさつまいもです。さつまいもは、九州や沖縄では、「とういも」とか「からいも」、関東では、「さつまいも」と呼ばれています。 江戸時代、大ききんが起こり、お米も野菜もできなくて多くの人々がお腹をすかして亡くなりました。そんなとき青木昆陽(あおきこんよう)から「さつまいもの作り方」を教わった人たちは、おいしいお芋を食べて助かりました。 こうして、ききんのたびに、さつまいもは日本の隅々まで広まっていきました。 
    寿北小学校
    献立名:牛乳、鶏飯、かみかみごぼう
    (小学校:617kcal)
      『鶏飯』は鹿児島県奄美の郷土料理です。錦糸卵、細かくさいて味つけした鶏肉や干ししいたけ、漬物、きざみのりをごはんにのせて、鶏ガラからとったスープをかけて食べます。本来、漬物はパパイヤ漬を使いますが、 給食ではつぼ漬を使いました。鶏飯は子どもたちに大人気のメニューです。
     かみかみごぼうも子どもたちの好きなメニューです。油で揚げたごぼうに、甘めのたれとアーモンド、ごまをからめています。鶏飯はあまり噛まずに食べてしまいがちな分、ごぼうをしっかりかんで食べるように組み合わせています。
    西原小学校
    献立名:牛乳、磯ご飯、冬瓜のみそ煮、みかん
    (小学校:630cal)
     磯ご飯は,さくらえび・しらす干し・あおさのり・わかめと磯の香りとカルシウムたっぷりのご飯です。冬瓜のみそ煮は豚肉とじっくり煮込んで,大根とは違う歯触りと味を知ってもらうためにこの時季には登場します。冬瓜自体を知らない子どももいるので実際の冬瓜を見せたりします。
    野里小学校
    献立名:牛乳、食パン、チョコクリーム、白いんげんのクリーミースープ、魚のエスカベージュ、
    (小学校:650Kcal)
     油で揚げてから酢に漬けるという調理方法がエスカベージュです。もともとは,スペイン料理で揚げた魚を日持ちさせるために考えられたものです。油っぽさがうすまり,さっぱりと食べられます。また,スープには白いんげんと白花豆のペーストを使っているので,豆は苦手でも姿が見えないのでよく食べています。
    鹿屋東中学校
    献立名:牛乳、麦ごはん、魚のナッツソース、吹き寄せ汁、ソフトシュークリーム
    (中学校:886cal)
     今日の献立の「吹き寄せ汁」は 風で木の葉が吹き寄せられた様子をあらわした汁物です。  秋の味覚のさつま芋やきのこなどが入っています。  秋の味覚の代表さつま芋には、食物繊維が多く含まれおなかの調子を整える働きがあります。また、ビタミンCも含まれます。さつま芋に含まれるビタミンCは、熱に強いので、加熱調理をしてもあまり損なわれず、効率よく摂取できます。  さつま芋は県内産のものを使用しています。

    このページの先頭に戻る


    9月

    南部学校給食センター(Aコース)
    献立名:牛乳、白ごはん、落花生の五目煮、切り干し大根の甘酢和え
    (小学校:637Kcal 中学校:841Kcal)
     今日の給食では、鹿屋産の落花生を使っています。お米も鹿屋産の早期新米「いくひかり」です。「いくひかり」は病気に強く、冷めてもおいしいのが特徴です。みなさんが住む鹿屋は素晴らしい食材がたくさんありますね。落花生は、江戸時代の18世紀初め頃中国から日本に伝わり、明治時代になって本格的な栽培が始まりました。
     落花生の成分は畑の肉と言われる大豆に似ていて、極めて優良な食品です。煎って食べるのが一般的ですが、鹿児島県では茹でて食べることが多く見受けられますね。
    寿北小学校
    献立名:牛乳、ハヤシライス、ビーンズサラダ
    (小学校:696cal)
     ハヤシライスは、子どもたちに人気のメニューの1つです。県内産の和牛を使って作っています。
     ビーンズサラダは毎月1回は登場するメニューです。豆類を苦手とする子どもたちも多いですが、がんばってよく食べています。
     豆類は昔から日本人になじみが深くいろんな料理に使われてきましたが、近頃の食生活の変化とともに豆類を食べる習慣が少なくなってきているようです。でも、豆類にはとても優れた栄養価があります。子どもの頃から豆類を食べ慣れて、将来の食生活にも取り入れてほしいと思います。  
    西原小学校
    献立名:牛乳、つあんつあん、干し大根のみそ汁、巨峰、
    (小学校:620cal)
     つあんつあんは鹿児島の郷土料理です。落花生を入れて炊き込んだご飯のことです。にぎりめしにして田んぼに持って行き,農作業の合間の昼ご飯としてよく食べられていたそうです。みそ汁には切り干し大根を使いました。栄養価も高く旨みも出て煮物以外に,和え物などでもよく使います。
    野里小学校
    献立名:牛乳、つあんつあん、干し大根のみそ汁、巨峰
    (小学校:620Kcal)
     鹿児島の郷土料理である「つあんつあん」は,落花生を入れて炊き込んだご飯です。にぎりめしにして田んぼに持って行き,農作業の合間の昼食としてよく食べられていたそうです。落花生は鹿屋で多く作られています。他県では炒って食べるのが一般的ですが,鹿児島では塩ゆでや五目煮にしたり,今日のようなご飯に炊き込んだりと料理にも使われます。
    鹿屋東中学校
    献立名:牛乳、麦ごはん、きびなごの南蛮、冬瓜のそぼろ汁、プリンタルト
    (中学校:833cal)
     今日の「冬瓜のそぼろ汁」には県内産の冬瓜を使用しています。
     冬瓜は熱帯アジアが原産で、日本でも昔から栽培され、食用とされていました。冬瓜には血糖値を正常に保ったり、血流改善したりする健康効果があるといわれています。
     夏に収穫される野菜ですが、冬瓜といわれるのは、涼しいところに置いておけば、冬まで保存できるからです。

    このページの先頭に戻る


    7月

    南部学校給食センター(Aコース)
    献立名:牛乳、麦ごはん、里芋のみそ汁、ビビンバ、いちごシュークリーム
    (小学校:679Kcal 中学校:874Kcal)
     今日の給食に使われている里芋は鹿屋産です。「里芋」のふるさとは、 インド東部からインドシナ半島の熱帯地域と言われています。そこから、寒さに比較的強い種類が中国や日本に伝わりました。日本では、縄文時代に栽培されるようになり、それまで山で収穫していた野生の山芋と区別して「里芋」と呼ばれるようになりました。里芋は稲より早く栽培がはじまり、縄文時代の人々の主食だったと考えられています。
    南部学校給食センター(Bコース)
    献立名:牛乳、麦ごはん、夏野菜カレー、夏みかんサラダ
    (小学校:672Kcal 中学校:886Kcal)
     今日の給食に使われているかぼちゃは鹿屋産のものです。かぼちゃが日本に伝わってきたのは、今から400年程前のことです。カンボジアからやって来たとされており、『カンボジア』がなまって『かぼちゃ』となったと言われています。カロテンをとても多く含んでおり、肌や粘膜、目を丈夫にし、免疫力を高めます。夏バテ予防のためにも、かぼちゃをたくさん食べて欲しいと思います。
    西原小学校
    献立名:牛乳、麦ご飯,ふりかけ、かみなり汁、あじの香味焼き、ひじきのごま酢和え
    (小学校:620cal)
     かみなり汁は,豆腐を油で炒めるときの音が雷鳴に似ていることから,この名前が付きました。この時季実際に雷も多いことから取り入れています。また,あじの香味焼きは,蒸し暑いときにさっぱりと食べられるように,梅肉や青しそ・生姜などをきかせて下味を付け焼いています。 
    野里小学校
    献立名:牛乳、麦ご飯、かいのこ汁、豚肉とゴーヤのスタミナ揚げ煮
    (小学校:697Kcal)
    かいのこ汁はおかゆのおかずという意味から「かゆのこ」という言葉が変化したもので,精進料理として食べられています。夏野菜をたっぷり使ったみそ汁になります。 またこの時季,にがうりも給食に取り入れています。子どもたちが苦手な苦い味ですが,揚げてたれをからめることで子どもたちにも食べやすくなります。
    鹿屋東中学校
    献立名:牛乳、わかめごはん、鰹の黒潮ソース、かいのこ汁、冷凍みかん
    (中学校:853cal)
     今日の献立は、鹿児島の郷土料理や特産物を使用した献立です。  「かいのこ汁」は郷土料理の一つでお盆の料理です。夏野菜などを使った具沢山の汁です。おぼんにお供えする白がゆにそえた汁のことを「かゆのこ」と言い、それがなまって「かいのこ」になったと言われています。  「鰹の黒潮ソース」は鹿児島を代表とする鰹を使いました。鰹にはたんぱく質や鉄分・ビタミンB1・ビタミンDが含まれ、DHAも含んでいます。  角切りにして油で揚げて、梅や黒砂糖を使った甘酸っぱく、こくのあるソースをからめてあります。

    このページの先頭に戻る


    6月

    南部学校給食センター(Aコース)
    献立名:牛乳、コッペパン、八宝豆腐、中華サラダ、紅はるかタルト
    (小学校:682Kcal 中学校:842Kcal)
     毎月19日の食育の日は、家族みんなで食について考えたり、料理の手伝いをする機会にして欲しいと思います。また、地元で作られる農林水産物にも関心をもち、生産者の方や給食を作る方、食材の命に感謝をしましょう。
     給食でも、地産地消を鹿屋産の食材をできるだけ多く使っています。
     今日は、紅はるかタルトを出しています。鹿屋でとれたさつまいもを使ったデザートです。
     おいしいタルトなので子どもたちにとても人気があります
    西原小学校
    献立名:牛乳、炊き込みちらし、あおさのみそ汁、かつおの角煮
    (小学校:647cal)
     あおさのりは,よくすまし汁で食べられますが,今日はみそ汁仕立てにしました。磯の香りが良く緑色がきれいなのが特徴です。またご飯は酢を入れて炊き込んでいます。酢の効能なども紹介し,この時季食品の腐敗防止にもなるなど家庭での参考になるようにしています。
    野里小学校
    献立名:牛乳、揚げめんの五目あんかけ、とうもろこし、みかん果汁
    (小学校:621Kcal)
    揚げめんの五目あんかけには野菜をたっぷり使っています。できるだけ鹿屋近辺でとれたものを使っていますが,今日はキェベツ・もやしが鹿屋産のものです。また,とうもろこしも鹿屋産のもので旬のおいしい生のものを蒸しています。初夏を感じる献立です。
    鹿屋東中学校
    献立名:牛乳、麦ごはん、鶏肉の黒酢あん、もずくスープ、ヨーグルト
    (中学校:856cal)
     今日の献立の「鶏肉の黒酢あん」鹿児島の特産物の黒酢を使って作った甘酢をカラッと揚げた鶏肉・ごぼう・ナッツと野菜をからめたものです。
     黒酢は他のお酢に比べて必須アミノ酸が多く含まれているのが特徴です。体の疲労回復や血液の流れをよくするのに効果があるといわれています。

    このページの先頭に戻る


    5月

    南部学校給食センター(Aコース)
    献立名:牛乳、お茶パン、ミートボールと豆のケチャップ煮、ほうれん草のソテー
    (小学校:668Kcal 中学校:856Kcal)
     今日の給食では鹿屋産の深蒸し茶を粉末にし、パン生地に練り込んで作られた「お茶パン」が初登場です。試作を重ねておいしく出来上がっており、お茶の風味がほんのりしていると思います。味わって食べてみてください。
     鹿屋市はお茶の栽培が盛んで、主に高須、浜田,野里、笠之原方面でつくられています。
    南部学校給食センター(Bコース)
    献立名:牛乳、白ごはん、豚汁、ちくわのお茶揚げ、胡瓜の昆布和え
    (小学校:641Kcal 中学校:811Kcal)
     今日の給食の「ちくわのお茶揚げ」もう定番になりましたね。 鹿屋産の深蒸し茶を衣に混ぜて作ります。 お茶は体にとてもよく、かぜをひきにくくする「カテキン」「ビタミンC」などが含まれます。 また、今日は新茶を使っています。新茶はぬるめのお湯で時間をかけて出すと、旨味と甘みが引き出され、高温で出すほど渋みが増すそうです。 是非、お家でも飲んでみてくださいね。
    吾平学校給食センター
    献立名:牛乳、黒豚カレーライス、きゅうりと新玉ねぎのサラダ
    (小学校:656Kcal 中学校:810Kcal)
     カレーライスには、鹿児島県で育った黒豚を使っています。ふつうの豚肉よりもこくや甘味があるのが特徴です。
     じゃがいも、玉ねぎは、吾平の農家さんが作ってくださいました。新玉ねぎは、みずみずしくて辛みが少ないので、今日のようにサラダにするとおいしいです。
    寿北小学校
    献立名:牛乳、ごはん、こさんだけの五目煮、大豆と煮干しのごまがらめ、カットパイン、
    (小学校:615kcal)
     『こさんだけの五目煮』と『大豆と煮干しのごまがらめ』は食物せんいやカルシウムが多く、どちらも噛みごたえのある献立です。低学年の児童の中には少し食べ残しが目につきましたが、全体的にはよく食べていました。
     このような根菜や小魚、豆を使った和風の献立も、しっかり食べる習慣を身につけて欲しいと願います。
    西原小学校
    献立名:牛乳、かつおカレー、コールスローサラダ
    (小学校:680cal)
     今日のカレーは枕崎特産のかつおを使ったカレーです。いつものお肉のカレーとはひと味違いますが,子どもたちもよく食べています。サラダは地元のキャベツを使ったコールスローサラダです。この時季柔らかくて甘いキャベツです。      
    鹿屋東中学校
    献立名:牛乳、麦ご飯、こさんだけの味噌汁、鰹の黒酢南蛮、お茶プリン
    (中学校:859cal)
     今日は鹿児島の代表する魚である「かつお」旬の「たけのこ」などを使った献立です。
     鰹は骨や歯を形成するのにかかせないビタミンDや鉄分など日本人に不足しがちな栄養素が含まれた魚です。油でからりと揚げ、鹿児島特産の黒酢や黒砂糖を使った甘酢あんでからめてあります。甘酢あんに使用したきゅうりは鹿屋産のものを使用しています。

    このページの先頭に戻る


    4月

    南部学校給食センター(Aコース)
    献立名:牛乳、麦ごはん、春キャベツのみそ汁、鰆の幽庵焼き・ミニトマト
    (小学校:631Kcal 中学校:799Kcal)
     今日のキャベツは、鹿屋産の春キャベツです。春キャベツは中まで緑色をしていて、やわらかくてみずみずしいのが特徴です。キャベツの栄養で特に多く含まれているのがビタミン類です。ビタミンCは特に多く、大きめの葉を2〜3枚食べると一日に必要なビタミンCをカバーできるぐらい含まれています。ビタミンCは、美肌効果や疲労回復、風邪の予防にも役立つ栄養素です。
     また、カルシウムなどのミネラル分も多く含まれており、消化吸収を助け消化不良を防いでくれる効果があります。
     その他にも食物せんいも多く腸内環境を整えてくれる働きもあります。健康維持の強い味方のキャベツです。家庭でも春キャベツをたくさん食べて元気に過ごしてほしいと思います。
    南部学校給食センター(Bコース)
    献立名:牛乳、白ごはん、ハヤシライス、新玉ねぎサラダ
    (小学校:683Kcal 中学校:841Kcal)
     今日の新玉ねぎは鹿屋でとれたものです。新玉ねぎは、春と秋に収穫されます。収穫してからすぐに出荷するので甘く、水分も多くみずみずしくなります。
     玉ねぎは、血液をサラサラにする働きや、体の疲れをとってくれる働きがあり、血液をサラサラにすることで高血圧や糖尿病などいろいろな生活習慣病の予防にとても良いと言われています。
     鹿屋をはじめ大隅産の新玉ねぎが、どんどん出回る時期です。
     家庭でも旬の時期の玉ねぎをサラダや南蛮漬けなどいろいろな料理にして食べてみましょう。
    吾平学校給食センター
    献立名:牛乳、ひじきごはん、かんぱちの味噌汁、日向夏
    (小学校:627Kcal 中学校:775Kcal)
     この日は、鹿児島で水揚げされたかんぱちを、味噌汁にしました。かんぱちは、夏が旬なので、これからますますおいしくなる魚です。養殖がたいへん盛んで、鹿屋でもかんぱちの養殖がおこなわれています。
    寿北小学校
    献立名:牛乳、ごはん、じゃが芋とかぼちゃのそぼろ煮、ツナとキャベツの卵とじ
    (小学校:690kcal)
     『ツナとキャベツの卵とじ』のキャベツは、鹿屋で収穫されたものを使いました。緑色が鮮やかでやわらかくおいしいキャベツでした。子ども達の好きなツナといっしょに炒めて、卵でとじました。
     キャベツのしんの部分にはビタミンC、外側の緑の濃い部分にはビタミンAが多く含まれています。それから、キャベツには胃の調子を整えてくれるはたらきもあります。地元のおいしいキャベツが出回るこの季節、いろんな料理に使っていきたいです。
    野里小学校
    献立名:牛乳、赤飯(ごま塩)、じゃが芋のみそ汁、からあげの彩りソース
    (小学校:802Kcal)
     入学・進級をお祝いして,赤飯を準備しました。日本では、昔からお祝い事には赤飯を食べる習慣があります。
     みそ汁のじゃが芋は、新じゃがです。
     鹿屋近辺で収穫されたものです。またピーマンも東串良産です。
    鹿屋東中学校
    献立名:牛乳、麦ご飯、鮪のサラサ揚げ、のっぺい汁、ゆでそら豆
    (中学校:802cal)
     今日は、旬の「そら豆」を献立に取り入れ、塩ゆでにしました。さやが空にむかって大きくなっていくのでこの名前がつきました。鮪のサラサ揚げは枕崎で水揚げされたメバチ鮪をからりと揚げてカレー風味のたれでからめています。
     まぐろに含まれるミネラルのセレンには動脈硬化を予防する働きがあるとされています。

    このページの先頭に戻る




    担当部課へのお問合わせ:農林商工部農林水産課

    住所 〒893-8501 鹿屋市共栄町20番1号(本庁2階)
    電話 0994-31-1117
    FAX 0994-43-2140
    メールアドレス nourin@e-kanoya.net
    鹿屋市役所
    • 893-8501 鹿児島県鹿屋市共栄町20番1号[地図はこちら]
    • 代表電話:0994-43-2111(各課へのお問い合わせはこちら
    • 開庁時間:午前8時30分〜午後5時15分(月〜金曜日)[祝・休日及び12月29日〜1月3日を除く]
    • ※施設、部署によっては異なる場合がございます。

    Copyright Kanoya City. All rights reserved.