メニューへ | トップへ | サイトマップ

鹿屋市消防団の安全装備品を購入しました。

市では、平成28年度石油貯蔵施設立地対策等交付金事業を活用し、鹿屋市消防団員の「防火衣等」を整備しました。

石油貯蔵施設立地対策等交付金事業とは

石油貯蔵施設(志布志国家石油備蓄基地)の周辺の地域における住民の福祉の向上を図るため、特に必要があると認められる公共用の施設で、石油貯蔵施設の設置に伴って整備することが必要と認められるものの整備を図り、もって石油貯蔵施設の設置の円滑化に資することを目的とするもの。

消防団防火衣等
事業名
石油貯蔵施設立地対策等交付金事業
事業の目的
志布志国家石油備蓄基地の周辺の地域における住民の福祉の向上を図るため、石油貯蔵施設の設置に伴って整備することが必要と認められるものの整備を図るもの。
交付決定額
6,000,000円
安全装備品
消防団防火衣等(防火衣、ヘルメット、しころ)
配備数
鹿屋市消防団 全47分団 3組ずつ

今回の整備により、消火活動時や災害時などの迅速な行動及び消防団員の安全確保に努めることができます。
 今後も当事業を活用し、住民の生命・財産等の安全確保のため、地域防災力の中心となる消防団の機能充実・強化を図ります。

お問合せ
鹿屋市 安全安心課(本庁3階)
電話:0994-31-1124 FAX:0994-43-2001
E-mail:anzen@e-kanoya.net