トップへ | サイトマップ

平成28年台風16号で発生した流木について


平成28年9月19日から20日にかけて、大隅半島に襲来した台風16号による異常出水により、河川・ダム・水田等に大量の流木が漂着・堆積しました。
 流木は、河川やダム施設の機能に支障を及ぼすだけでなく、景観を損ない、また農業にも支障をきたすため、速やかに撤去する必要があります。
 なお、今回の流木は山腹崩壊等により発生したもので、原木に近い状態で流出しているものも多く、比較的再利用が可能であると考えられることから、再利用が可能な流木を希望者に条件を付して無償提供することにいたしました。 

無償提供条件

  1. 引き取った流木を山や川等に捨てると不法投棄となります。万が一不用となった場合は、処理業者に委託し適正に処分すること
  2. 流木をそのまま販売、転売又は譲渡等は行ないこと
  3. 散乱防止に十分留意し、散乱した場合は清掃作業を行うこと
  4. 引き取り後は、当方で責任を持って管理・利用すること
  5. 指定された置場からの運搬費は、自己負担となること
  6. 譲渡後の返却には一切応じられないこと
  7. 受け取りに際しての積み込み、運搬については、各個人で行うこと
  8. 仮置き場での事故等については、市は一切の責任を負わないこと
  9. その他、立ち会い職員の指示に従うこと

流木提供の進め方

引き取り希望者があった場合は、随時受付対応することとし、引き取りを希望する方は流木無償譲渡申請書(別紙1)を提出し、管理者の流木無償譲渡許可書の発行をもって流木の無償提供を受けることができます。
 なお、流木無償譲渡申請書では、見込み数量であることから、運搬完了後に実績数量を報告していただきます。

申請受付期間

 平成28年10月24日から

申請受付場所

市役所安全安心課及び各総合支所住民サービス課

流木無償譲渡申請書 (PDF:90KB)


※受け取りに際しての積み込み、運搬については、各個人で行っていただくことになります。
また、仮置き場での事故等については、市は一切の責任を負いません。



お問合せ
鹿屋市 安全安心課 (本庁3階)
 電話:0994-31-1124 FAX:0994-42-2001
 E-mail:anzen@e-kanoya.net