トップへ | サイトマップ

鹿児島県地震等災害被害予測調査の被害想定結果案における鹿屋市への影響について

安全安心課

要 旨

鹿児島県では、平成24年度から25年度までの2か年計画で「地震等災害被害予測調査」を実施しており、24年度は、県で設定した11の震源等ごとに地震・津波の大きさを想定し、25年度は、国の手法を参考に、災害に伴う物的・人的な被害想定等の検討を行っています。
 今回は、鹿児島県が平成25年12月25日に、当該調査の被害想定について、現時点までの想定結果案を公表したものです。
  ※地震等災害被害予測調査の概要(PDF:28KB)

想定結果案における鹿屋市への影響

(1)災害想定
項 目 鹿児島湾直下地震 南海トラフ巨大地震 種子島東方沖地震 桜島の海底噴火(桜島東方沖)
最大震度 6弱 6弱 6弱 -
最大津波高 2.22m 3.3m 2.5m 1.95m
津波到達時間 32分 157分 104分 49分
(2) 被害想定

鹿屋市においては、種子島東方沖地震が最も人的・物的被害等が大きくなる。
 @被害額 530億円
 A主な被害想定

ア) 人的被害

項 目 被害 内 訳
建物倒壊 斜面崩壊 津波 火災 その他
死者数 10人 10人 0人 0人 0人 0人
負傷者 90人 90人 0人 0人 0人 0人

イ) 物的被害

項 目 被害 内 訳
液浄化 揺れ 斜面崩壊 津波
建物全壊 470棟 450棟 20棟 10棟 0棟
建物半壊 2,200棟 1,600棟 550棟 20棟 0棟

今後の予定

平成26年 2月中旬 県が有識者会議で被害シナリオ、防災・減災対策等を検討。
3月下旬 県が県防災会議に調査結果を報告。県地域防災計画を修正。
5月中旬 県地域防災計画の修正を踏まえ、鹿屋市地域防災計画を修正。


お問合せ
鹿屋市 安全安心課(本庁3階)
電話:0994-31-1124 FAX:0994-42-2001
E-mail:anzen@e-kanoya.net