トップへ | サイトマップ

トップ >  各課のページ >  安全安心課 >  住宅対象の侵入盗

住宅対象の侵入盗


侵入盗イメージ

侵入盗の危険性とは・・・

 住宅対象の侵入盗は、金品を盗むだけではなく、家人と、はちあわせした場合、強盗や殺人などの凶悪事件に発展する可能性のある危険な犯罪です。


 知っていますか? 泥棒は「人の目」と「音・光・時間」に弱いことを!

泥棒が犯行をあきらめる理由は?

人から声をかけられた(約40%)、センサーライトがついた(約36%)、犬を飼っていた(約28%)、機械警備がついていた(約21%)、ドアなどに補助錠がついていた(約17%)
  • 人から声をかけられた(約40%)
  • センサーライトがついた(約36%)
  • 犬を飼っていた(約28%)
  • 機械警備がついていた(約21%)
  • ドアなどに補助錠がついていた(約17%)


泥棒が住宅等への侵入をあきらめるまでの時間は?

2分以内(約12%)、2分以上5分以内(約51%)、5分以上10分以内(約22%)、10分を超える(約12%)、あきらめない(約4%)
  • 2分以内(約12%)
  • 2分以上5分以内(約51%)
  • 5分以上10分以内(約22%)
  • 10分を超える(約12%)
  • あきらめない(約4%)


あなたの自宅が被害に遭わないために!

 泥棒が嫌がる家とは、どのような家か、考えてみましょう!

ちょっとした留守でも必ず戸締りをしましょう。また、使っていない部屋でもきちんと施錠しましょう。

 風呂場の窓・トイレの高窓・ベランダのガラス戸なども忘れずに戸締りをしましょう。
 ※泥棒は、「こんなから!?」というところからも入ってきます。

鍵は防犯性能の高いものをつけましょう。また、玄関戸や窓には、主錠の他に補助錠もつけましょう。

 あなたの家の鍵は、ピッキング(※1)対策、サムターン回し(※2)対策はできていますか?
 窓ガラスは大丈夫ですか?防犯ガラスや防犯フィルムが有効です。
 ※1:鍵穴に針金ようなものを差し込んで施錠を解き住居に侵入する手口
 ※2:ドアの外側からサムターン(ドアの内側の指でつまんで回転させる部品)を回すことによって開錠するもの

センサーライト(ブザー)などの防犯機器などを取り付けることも効果的です。センサーライトイメージ

 ※泥棒は、光と音を嫌がります。

知らない人(不審者)を見かけたときは、「こんにちは、何かご用ですか?」などの声かけをしましょう。

 ※泥棒は、人から声を掛けられるのを嫌い、犯行をあきらめます。

外出する時は、隣近所に声をかけて留守を頼んでおきましょう。

 ※日頃のご近所づきあいも大切な防犯です。

家と周りは、きちんと片付けておきましょう。片付けイメージ

 ※窓の下や壁際などに、はしごや箱、台などを置くと、泥棒の足場にされます。


このページに関するお問い合わせ先
 鹿屋市役所 安全安心課(本庁3階)
 電話:0994-31-1124 FAX:0994-42-2001
 E-mail:anzen@e-kanoya.net