トップへ | サイトマップ

文化財出前授業(歴史関係)

文化財広報活動

 平成24年度から、教育委員会文化財センターでは、鹿屋市吾平町上名中尾地下式横穴墓群から出土した象嵌装大刀の再現レプリカや市内から出土した土器・石器などを 小学校の授業の中に持ち込み、出土品の観察や手にとって体験してもらう「小学校文化財出前授業」を実施しています。

 この事業は、市内の児童に「教科書の中の歴史は遠いところのものではなく、鹿屋は昔から人々が生活していた跡が残っている歴史のあるまち」であることを認識してもらい、 歴史学習の一助とするとともに、ふるさと鹿屋を誇れる郷土愛の醸成を図ることを目的としています。

 4月から6月にかけて15校で実施して各校から好評を得ています。  また、7月以降は、市内の資料館等の収蔵庫にある農機具などの民俗資料を活用した出前授業も計画しています。

文化財出前授業の様子1 文化財出前授業の様子2
文化財出前授業の様子3 文化財出前授業の様子4
文化財出前授業の様子5 文化財出前授業の様子6
文化財出前授業の様子7 文化財出前授業の様子8

【掲載所属】
 教育委員会 生涯学習課 文化財センター
 Tel:0994-31-1167 Fax:0994-63-3400
 E-mail:bunkazai@e-kanoya.net