トップへ | サイトマップ
空き家バンク
移住支援サイト

制度の流れ 空家バンク
 市内にある空き家を有効に活用するため、市外の移住希望者に対し、市がホームページ上で空き家情報を提供し、移住、定住を促進することで、地域の活性化を図ろうとするものです。
利用できる方
補助金制度
登録物件


空家バンク制度の流れ


空家バンク制度を利用できる方


 空き家所有者(空き家を貸したい方、売りたい方)

  • 鹿屋市内に空き家を所有する方で、市のホームページを通じた空き家情報の紹介を希望する方
    (空き家所有者は、個人に限ります。)
  • 空き家は、個人が居住するために建築した戸建ての物件に限ります。
    (賃貸や分譲等の収益を目的とした物件は対象外です。)

手続きの流れ


①空き家バンクへの物件登録を行います。
[提出書類]
 

こんな補助制度も!!
屋内にある家具等の処分が進まない場合等は、3年以上登録することを条件に、処分経費の2/3、上限5万円の助成が受けられます。

家具

②市の担当者が現地調査を行います。
  • 物件状態等について確認を行うため現地調査を行います。
    (※著しく老朽化している場合等、登録をお断りする場合があります。)
  • 間取りの確認や写真を撮らせていただきます。
  • 市が協定を締結した宅地建物取引業協会から推薦のあった業者も同行します。
下矢印
③市のホームページにおいて情報提供を行います。

④利用希望の申込みがあった場合、空き家所有者等へ市から連絡し、宅地建物取引業協会の業者仲介による交渉となります。
※市は、売買または賃貸の仲介は行いません。
※契約が成立した場合、法に定める仲介手数料が必要です。

申請書ダウンロード

 移住希望者(空き家を借りたい方、買いたい方)

 鹿屋市空き家バンク制度の趣旨にご賛同いただける方で、鹿屋市に定住を目的に転入し、善良なる地域住民として生活しようとする方
 定期的な滞在を行い、経済、教育、文化、芸術活動等を行うことにより、地域活性化に寄与しようとする方などに利用いただける制度です。

手続きの流れ


①利用希望物件があった場合空き家バンクへ利用登録を行います。
[提出書類]
②空き家情報や移住に関する相談に対して、市の相談員が対応します。
下矢印
業者④契約交渉を行います。
宅建業者が仲介します。
③現地見学を行います。
市の相談員及び宅建業者が対応します。
下矢印
契約書⑤契約成立 移住⑥鹿屋市へ移住
補助制度があります。

申請書ダウンロード


お問合せ
地域活力推進課(本庁3階)
電話:0994-31-1147 FAX:0994-42-2001
E-mail:chiiki@e-kanoya.net