トップへ | サイトマップ

福祉制度

福祉便利帳

制度の種類 内容・対象者等 申請

重度心身障害者医療費助成

重度心身障害者が医療に要した費用のうち、保険診療にかかる自己負担額を助成

【対象者】
  • 身体障害者手帳1、2級所持者
  • 知能指数35以下と判定された方(概ね療育手帳A1、A2所持者)
  • 身体障害者手帳3級所持者で知能指数50以下と判定された方(概ね療育手帳B1所持者)

【資格取得申請】
  • 障害者手帳
  • 印鑑
  • 保険証
  • 本人名義の預金通帳
市福祉事務所にて手続き

【医療費助成申請】
鹿屋市内医療機関窓口又は市役所担当窓口に申請書等を提出

補装具

身体の失われた部分や障害のある部分を補う用具の購入、修理に係る費用の支給
※事前申請が必要
※他法優先

【補装具の種類】
補聴器、車いす、義肢 等

【自己負担割合】
原則補装具基準額の1割

  • 申請書
  • 処方意見書
  • 判定依頼調書
  • 見積書
  • 身体障害者手帳
  • 保険証
  • 印鑑
  • 課税関係書類 等

日常生活用具

在宅の障害者(児)に対し、日常生活の便宜を図り、福祉の増進に資するために給付
※事前申請が必要
※他法優先
※一部の種目については在宅であることを要しない

【日常生活用具の種類】
特殊マット、盲人用時計、ストマ用装具 等

【自己負担割合】
本人又は扶養義務者の課税状況に応じて自己負担有り

  • 申請書
  • 同意書
  • 状態調査票
  • 見積書
  • 障害者手帳
  • 保険証
  • 印鑑
  • 所得関係書類 等

自立支援医療(更生医療)

身体障害者の機能障害を軽減したり、除去する手術を行う等、身体障害者の更生に必要な医療費の給付

【対象となる例】
心臓手術、人工透析、人工関節置換術 等

【自己負担割合】
本人又は扶養義務者の課税状況に応じて自己負担有り

  • 申請書
  • 同意書
  • 医師の要否意見書
  • 障害者手帳
  • 印鑑
  • 保険証
  • 所得関係書類 等

自立支援医療(精神通院)

精神疾患にかかる通院医療を受ける際、医療費の自己負担を軽減

【自己負担割合】
原則1割負担

  • 申請書
  • 診断書
  • 保険証
  • 印鑑
  • 同意書
  • 所得関係書類 等

心身障害者扶養共済制度

心身障害者(児)を持つ保護者が一定の掛金をかけ、保護者が死亡又は重度の障害者となった場合、心身障害者(児)本人に修身の年金を支給
掛金額:保護者の加入時の年齢による(最大2口)
年金額:1口当たり月額20,000円

【保護者の要件】
心身障害者(児)を扶養し、65歳未満 等

【心身障害者の範囲】
  • 知的障害
  • 身体障害者(1級〜3級)
  • 精神又は身体に永続的な障害のある方で、障害の程度が上記2つと同程度と認められる方

  • 申請書
  • 申込者告知書
  • 印鑑
  • 加入者、心身障害者それぞれの住民票
  • 障害者の障害状態を証明する書類(障害者手帳等) 等



このページに関するお問い合わせはこちら。
 保健福祉部 福祉政策課 (本庁1階)
 〒893-8501 鹿児島県鹿屋市共栄町20番1号
 Tel:0994-31-1113 Fax:0994-44-2494
 E-mail:hukushi@e-kanoya.net