トップへ | サイトマップ

ふるさとPR課

 昭和20年3月18日、3つの基地を持つ鹿屋市は米軍の初空襲で多大な被害を受けました。その記憶を語り継ぐため、「あの日を忘れない 〜3・18 鹿屋初空襲によせて〜 」を開催します。

会場

鹿屋市中央公民館(鹿屋市北田町11103)

日時

平成31年3月16日(土曜日) 13時30分から16時30分(受付13時から)

内容


  1. 戦争体験者の話
  2. 講演T「第5航空艦隊司令部壕で考えたこと 〜戦争遺跡研究の進め方〜 」
     講師 : 安藤 広道 先生(慶應義塾大学教授・考古学者・地下壕の研究者)
  3. 講演U「米公文書館所蔵映像の解析で考えたこと〜豊の国宇佐市塾の活動を通じて〜」
     講師 : 織田 祐輔 氏(豊の国宇佐市塾・ガンカメラ映像と航空戦史の研究者)

「空がつなぐまち・ひとづくり推進協議会」パネル展


 現在、市役所1階ロビーにおきまして、標記パネル展を開催しています。
 3月12日(火曜日)まで展示しますので、ぜひ、お立ち寄りください。

 ※空がつなぐまち・ひとづくり推進協議会とは
戦時中、空でつながっていた本市、大分県宇佐市、兵庫県姫路市、兵庫県加西市の4市が連携して設立した協議会で、各市に残る戦争遺跡等を活かした、平和の推進による交流人口の増加を図ります。

主催・後援

主催 : 鹿屋市平和学習ガイド調査員連絡会
後援 : 鹿屋市、鹿屋市教育委員会

その他

  • 参加無料
  • 事前申込不要
  • チラシ(PDF:645KB)


お問い合わせ
 ふるさとPR課(本庁2階)
 〒893-8501 鹿屋市共栄町20番1号
 電話:0994-31-1121 FAX:0994-40-8688
 E-mail:furusato-pr@e-kanoya.net