トップへ | サイトマップ

ふるさと納税ワンストップ特例申請受付業務委託
指名型プロポーザル実施結果ついて(公表)

ふるさとPR課

    件名

    ふるさと納税ワンストップ特例申請受付業務委託

    業務の内容

    ふるさと納税に係る「寄附金税額控除に係る申告特例申請書(ワンストップ特例申請書)」の受付業務等

    指名型プロポーザル方式参加事業者

    1事業者

    選考経過

    内容 日時
    指名通知(指名3社) 平成30年7月9日(月)
    提案書の提出期限(提出1社) 平成30年7月23日(月)
    プレゼンテーション・審査 平成30年7月27日(金)

    審査方法

     ふるさと納税ワンストップ特例申請受付業務委託指名型プロポーザル選定委員会(委員5名)において、仕様書に基づき参加事業者(1社)から提出された提案内容等を評価項目(4項目)ごとに段階評価・採点を行い、受注候補者としての適否について協議し、提案者を本業務委託の受注候補者として選定したもの。
     なお、最低基準点は満点(50点×5人=250点)の6割の150点とした。

    審査結果


    1. 委託候補者
      株式会社シフトセブンコンサルティング
    2. プロポーザル審査結果
      下表のとおり

    区分 No. 評価項目 配点
    (50点×5人)
    事業者
    株式会社シフトセブン
    コンサルティング
    業務実績及び
    実施体制
    (15点)
    1 過去に同様の業務又は類似の実績があり、良好な実績をあげているか。(実績件数、契約自治体からのヒアリング) 50 45
    2 発注者の要請に応じることができるノウハウを有する担当者を配置し、かつ発注者との連絡調整、迅速な対応が可能であるか。 25 25
    小計 75 70
    業務内容 的 確 性
    (5点)
    3 業務の目的及び内容について十分に理解し、発注者の現況及び課題への理解は十分であるか。
    (課題認識確認表の内容を認識しているか。)
    25 25
    効率性
    (10点)
    4 業務の課題を十分に理解し、課題解決が可能であり、かつ事務改善が図れる提案であるか。
    (情報共有体制、書類のチェック体制、書類不備者への対応)
    50 38
    安全性
    (5点)
    5 個人情報を取り扱う業務に対し、文書やデータの管理について安全性は保たれているか。
    (従業員、システム及び書類保管・発送の管理体制)
    25 21
    妥当性
    (5点)
    6 実施スケジュールは現実的かつ実行可能なものとなっているか。
    (期限内で業務を完了できる日程及び従事者数が確保されているか。)
    25 21
    小計 125 105
    提案価格
    (5点)
    7 提案価格は安価であるか。 25 25
    小計 25 25
    その他特記事項
    (5点)
    8 上記以外で特に評価すべき事項があれば評価に加える。(基本的なワンストップ特例申請受理業務に加え、独自性のある提案があるか。) 25 19
    小計 25 19
    総合得点 250 219


    お問い合わせ
     ふるさとPR課(本庁7階)
     〒893-8501 鹿屋市共栄町20番1号
     電話:0994-31-1149 FAX:0994-31-1182
     E-mail:furusato-pr@e-kanoya.net