トップへ | サイトマップ

トップ > 各課のページ > 学校教育課 > 平成23年度「基礎・基本」定着度調査の結果等について

平成23年度「基礎・基本」定着度調査の結果等について


 鹿児島県教育委員会は、県内の児童生徒の学力の定着状況を調べ、今後の指導方法の改善・充実の資料とすることを目的に、 毎年1月に小学校5年生、中学校1・2年生を対象に「基礎・基本」定着度調査を実施しています。
 今回、県・地区・鹿屋市の児童生徒の結果がでましたので、市民のみなさまにお知らせいたします。
 なお、鹿屋市教育委員会は、各学校とともに、本調査の結果を踏まえて、児童生徒の学力向上に一層努め、公教育としての責務を果たしていきたいと考えています。


調査の結果(平成24年1月実施)

◎は、県平均を上回った(同じ)教科、○は地区平均を上回った教科

  国語 社会 算数・数学 理科 英語
小5 鹿屋市 ◎72.4 ◎71.3 ○69.2 ◎72.7 -
大隅地区 71.3 69.0 67.6 71.0 -
県全体 72.4 69.2 69.6 72.3 -
中1 鹿屋市 ◎74.2 68.5 ○65.5 ◎63.9 ◎77.3
大隅地区 72.8 68.6 65.5 62.5 75.7
県全体 74.0 69.6 66.7 63.9 77.0
中2 鹿屋市 ○64.3 59.4 ○62.8 61.2 ○67.1
大隅地区 63.4 60.2 61.8 62.0 66.1
県全体 65.7 63.4 65.7 64.6 69.8


結果の概要について

  • 小学校は、算数以外県平均を上回っています。概ね定着が図られています。
  • 中学1年では、国語・理科・英語で県平均を上回っています。 また、中学2年では、国語・数学・英語で地区平均を上回るにとどまりました。 中学校においては、基礎的・基本的な知識・理解の定着に向けた一層の取組が必要です。


各教科の課題について


教科名 各教科における改善策
国語
  • 登場人物の心情や場面についての描写(会話・気持ち・行動・情景等)など、叙述に即して読んだり、人物像を考えたりする学習活動の充実を図ります。
  • 中心部分と付加部分・事実と意見の読み分けなどの文章構成や論理的な展開を把握させ、目的や必要に応じて要約させる授業の充実を図ります。
  • 新しく学習した漢字や難しい言葉を辞書で引いたり、日頃から使用したりする習慣の定着を図ります。
社会
  • 地球儀・世界地図・縮尺等の地図の見方や年表を活用した主な時代と主な出来事・主な人物の定着を図ります。
  • 統計資料やグラフ等の資料から必要な情報を読み取るために、資料を見る視点(タイトル、単位・目盛り等)や活用する能力を身に付けさせます。
  • 「調べる→まとめる→考える」という問題解決的な学習の一層の充実を図ります。
算数・数学
  • 授業中に必ず定着の場面を確保し、基礎的・基本的な知識・技能の定着の徹底を図ります。
  • 授業の中で、式や図、数直線、グラフ、表などを使って、根拠を基に自分の考えを筋道立てて説明させる授業の展開を図ります。
理科
  • 全員に課題意識をもたせて実験を行わせるとともに、重要語句や実験器具の名称・操作技能について、確実な定着を図ります。
  • 「予想→実験方法発想→実験方法の選択→実験→結果の考察」といった問題解決的な学習の充実を図ります。
英語
  • 授業中に題材や状況設定を工夫して、書く必然性のある表現活動を行います。また、新しく学習した単語や表現は、授業や家庭で繰り返し練習を行わせ定着を図ります。
  • 読み取る視点を与えた上で、まとまりのある英文を短時間で読む学習の一層の充実を図ります。


学力向上の取組について

  1. 調査実施後の取組

    調査終了後、各学校は速やかに採点を行い、職員研修等で自校の児童生徒の誤答傾向などについて分析しました。 定着が不十分な内容については、補充指導や個別指導を行い、再度定着を図りました。

  2. 今年度の学力向上

    学校は、調査結果をもとに授業改善を図り、基礎的・基本的な知識・技能を確実に定着させるために 「わかる・できる」授業づくり(鹿屋定着トレーニング)に努めるとともに、 定着が不十分であった内容を中心に、補充指導に取り組みます。 また、身に付けた基礎的・基本的な知識・技能を活用し、言語活動を通して、思考力・判断力・表現力を高める指導の充実に取り組みます。

  3. 家庭での学習習慣

    学校で学んだことを定着させるためには、家庭学習は欠かせません。 鹿屋市では、「かのや宅習1・2・3運動」を推進し、保護者と連携しながら学習習慣の形成を図るなど、 家庭学習の充実に取り組み、児童生徒の学力の向上を目指します。 特に、確かな学力を身に付けるために、学年に応じた家庭学習の時間の確保や家庭読書の啓発に積極的に取り組みます。

お問合せ
教育委員会 学校教育課(本庁6階)
Tel:0994-31-1137 Fax:0994-41-2935
E-mail:gakkou@e-kanoya.net