トップへ | サイトマップ

平成27年度「全国学力・学習状況調査」の結果について


  • 本調査は、義務教育の機会均等とその水準の維持向上の観点から、全国的な児童生徒の学力や学習状況を把握・分析し、教育施策の成果と課題を検証し、その改善を図るとともに、学校における児童生徒への教育指導の充実や学習状況の改善等に役立て、さらに、教育に関する継続的な検証改善サイクルを確立するために、文部科学省が毎年実施している調査です。
  • 本調査により測定できるのは学力の特定の一部分であり、学校における教育活動の一側面となります。
  • 本年度は4年に1回実施されている理科の調査も行われました。

学力調査(平成27年4月21日実施)


グラフ

学力調査について

小学6年は、これまでの全国や本県の平均と比較した際に改善が見られた。また、理科においては、全国平均を上回る結果となっている。しかしながら算数B問題に関しては、依然として課題があり、一層考えさせる授業を進める必要がある。
中学3年は、各教科のA・B両問題に課題があり、思考力・表現力を高めるための授業づくりに、より一層励むべき結果となった。
改善策【小学校】
国語科
  • 自分の考えを理由や根拠を明確にして表現する活動の充実
  • 目的意識や相手意識を明確にした問題解決的な言語活動(単元を貫く言語活動)の充実
算数科
  • 基礎的・基本的な内容について根拠を考えさせ、理解を深める思考場面の充実
  • 資料や図表等に含まれる複数の情報を整理し、比較し、関係づけ、根拠を示して説明する活動の充実
理科
  • 自然事象への興味関心を高め、見通しをもって観察・実験の方法を考える活動の充実
  • 観察・実験の結果を基に分析・考察し、実感を伴った理解ができる活動の充実
改善策【中学校】
国語科
  • 基本的な知識・技能について活用をとおして理解を深める学習の充実
  • 読み取った複数の内容から適切な情報を選択したり、根拠を明確にしたりして自分の考えを表現する活動の充実
数学科
  • 基礎的・基本的な内容を深く理解するため、思考活動を重視した主体的な活動の充実
  • 問題の解決方法や判断の理由を数学的な表現を用いて説明する活動の充実
理科
  • 予想を検証するための観察・実験の方法を計画し、実感を伴って理解する活動の充実
  • 複数の結果を基に考察したり、日常生活の事象に関連づけたりするなど科学的な概念の理解を深める活動の充実

学習状況調査について

  • 鹿屋市の小学6年生は、家でよく宿題をしており、県や全国に比べ、家で学校の授業の予習や復習をよくしています。また、中学3年生においても、家で学校の宿題をよくしており、授業の復習にも取り組んでおり、鹿屋市の子どもたちが真面目に自宅での学習に取り組んでいる様子が分かります。
  • 授業のスタイルについては、小学校・中学校どちらも、授業の始めに「目標」や「めあて」が示され、授業の終わりでは学習内容を振り返る活動がよく行われており、焦点化された授業を心がけていることが分かります。
  • 小学校・中学校どちらにおいても、授業中の話合い活動の設定が多くなっており、授業の中での活動の改善も見えてきています。
  • 理科の授業では、多くの実験・観察を行っており、児童生徒の理科好きにつながっています。
  • 一方、総合的な学習の時間への取組や学級での話合い活動等の児童生徒による主体的な活動は小・中学校ともに低調であり、より主体的な学びが必要です。
  • 児童生徒が分かる・できる喜びを味わい、本当に楽しいと思える授業をつくるために、より一層、児童生徒が思考し、表現する授業づくりが必要となります。
  • 自校の調査結果を全教職員で分析し、課題と改善の方向性を共通理解し、学校全 体で改善に取り組む「共通実践事項」として設定していきます。


お問合せ
 鹿屋市 教育委員会 学校教育課
 電話:0994-31-1137