メニューへ | トップへ | サイトマップ

市民のひろば

広報・広聴に関すること |  市民のひろば

市民の皆さまよりいただいたお便りを掲載しています。


2月13日号

「広報かのや」リニューアルしてとても見やすく、読みやすく楽しみです。ただ、疑問に思う事ですがフォトスクラップで紹介されていましたが、1月10日にプロゴルファーの教室があった事など、事前に市民に周知はされないのか・・・という事。去年もバラ園に作家の角田光代さんが来られたのも後から知りました。大ファンだったので、一目見たかったととても残念でした。
K・Dさん・60歳・女性


昨年12月末日、久留米から来た6才と4才の孫を連れてバラ園に遊びに行きました。遊具に大はしゃぎでしたがトランポリンに水が溜まり、鉄琴のバチはなく(メロディーツリー)動物の絵合わせは何の絵かわからなく劣化、遠くから声が届くはずのр熾キこえず残念に思いました。あれから2ヶ月経った今日もまだそのままでした。遊び盛りの子供のいる家族連れがありました。対処して頂けたら嬉しく思います。
M・Tさん・60歳・女性


広報かのや、今年になってから更に読みやすくなっていいと思います!「大人の社会科見学」と「国民文化祭かごしま」特集良かったです。市内企業のアピール、ビッグイベントの告知ができて良かったのでは。地元で文化的活動をしている方々のことも知れて嬉しかったです。
地味頁さん・37歳・女性


クレパス工場があるのは知ってましたが8割も作られてるとは知らずびっくりしました!!クレパス大好きで今も仕事にも愛用中なので、当てて頂けたら嬉しいです。
T・Yさん・28歳・女性


先月号から素敵な表紙にかわりましたね。私は、鹿屋に引っ越してきて13年たちますが、ほぼ欠かさず広報から情報を得られていました。イベント情報はもちろん、休日当番医・・・どれほど助かったかしれません。デザインマーケットもとても楽しみです。これかえらも楽しみにしています。
M・Nさん・41歳・女性


市及び市教育委員会の臨時職員の募集を掲載しているのはいいですね!表紙でイメージが変わりました。
カピックンさん・62歳・男性


関西から鹿屋にUたーんして1年半になりますが、車なしでは買い物もできない生活なのですが、車を運転してハッとする事が幾度も経験したのは、車の停止線が薄かったり消えていて市内の中もまた町中からはずれた場所でもあったりと残念でなりません。私は鹿屋が大好きです。他県から来られた方が鹿屋は車で走りやすい所と思っていただける町になったらいいなぁと心から思うのです。
A・Kさん・60歳・女性


お疲れ様です。今回は市への要望をします。1・鹿屋市内におけるマラソン大会の開催 2・サンロード高須から荒平までの開通をしてほしい 3・陸上競技場の新設 以上
マラソンマンさん・65歳・男性


84才です。休日当番医がのっているのがいいですね。たすかってます。鹿屋市にはどんな病院がどこにあるのか、わからない 知りたいです。一度でいいからズラズラーと病院名をのせて欲しい。おいそがしい時はいいです。毎日の市役所のお仕事ごくろうさまです。頑張って下さい。
かめばい84才さん・84歳・女性


生活保護に関する事はプライバシー保護が出来ている様に思いますが、一人親家庭に関しては集団で一定期間、一斉に調査(8月頃6Fにて)するなど、プライバシーが全くない様に感じます。さまざまな理由で一人親家庭にならざるをえない人達なのに、まるで悪いことでもしたかの様な事情徴取を受けたと感じる人も居る様です。※知り合いの方の声ですが・・・よりよい鹿屋市である事を期待しています!
M・Oさん・39歳・女性


広報かのや2月号 いつもの通り心をはずませてよみました。かごしま1号の国文祭の大成功を祈ります。あらゆる面で発展を祈ります。◎地方創成大臣が宣伝したかのや市の誇りの柳谷の紹介を次号にのせてください。小・中・高の教育にとりいれてもらいたい。創造力、実践力、協働力は発展の基本。がんばれかのや市民。
Mさん・85歳・男性


1才と3才の娘の子育て中です。この1年間、平日は毎日のように御弁当をもってつどいの広場や公園にあそびに行きました。土日は広報かのやでイベントをチェックして出かけました。お友達もたくさんできとても楽しい充実した1年でした。感謝。これからも子育て支援お願いします。4月からは2人とも保育園。←(まだ決まってません。早くおしえて下さーい!!)がんばるぞー。
M・Dさん・30歳・女性


2月15日(日)衆議院議員の森山裕さんが急がしい中、約1時間あまりでしたがどうしても国会の現状報告を話していただき、私達が不安に思っていた点を納得のいく説明して下さいました。又今後益々鹿屋(大隅地方)が日本の大事な食糧基地として見直されて行くとのこと私たちも心に止め次世代のため大隅一丸となり行動したいそう思うことでした。広報かのや(市民の広場)が楽しみです。
S・Iさん・71歳・男性


職場にて毎月「広報かのや」を拝見させてもらっています。今年になり、広報紙やホームページ等が、いい意味で斬新に変わっており、とても見やすくなったと感じているのは、私だけではないと思います。特に広報紙の”まちの保健室”は健康増進課の方々の思いが伝わってきます。
Y・Kさん・57歳・女性


広報かのやKanoyaが1月から刷新され、構成やデザイン、レイアウトが工夫され、読みやすく分かりやすくなり内容も充実してうれしく思っています。表紙の写真一枚で、こんなにも鹿屋市の印象がかわることを体験すると、一枚の写真のもつインパクトの大きさに驚かされます。来月号も楽しみになっています。
  マチロク・・・今月号は「高隈山を望む雪景色の様子」でした。「大黒屋」「濱上へ」看板を目を凝らして読みました。同じような位置から今の風景を小さく合わせて掲載していただけると若い方々にも、鹿屋の変化が分かりやすいかもしれません。
キトノバラさん・60歳・女性

 特定の団体・組織・個人への誹謗、中傷等に関するご意見については、掲載を見送らせていただきます。




【 お問合せ 】
 市長公室 政策推進課
 〒893-8501 鹿児島県鹿屋市共栄町20番1号
 Tel:0994-31-1123 Fax:0994-42-3862
 E-mail:seisaku@e-kanoya.net