メニューへ | トップへ | サイトマップ

市民のひろば

広報・広聴に関すること |  市民のひろば

市民の皆さまよりいただいたお便りを掲載しています。


3月13日号

子どもの保育園についてです。入れない子どもには2月中には連絡が来るとの事でしたが、来たのが28日(土)でした。普段、土曜日は私たちの都合では開けてもらえないのに、金曜日までに連絡が来ないので安心して入れたものだと思っていました。その後も書類が(空きがある保育園)届いたのは水曜日の夕方なのに金曜日までに連絡とのこと。子どもの事、仕事の事、色々考えるのにたった正味2日間で決めるというのは、あんまりだと思います。12月中には連絡してるのだから、せめて2月中旬頃までには連絡が欲しいです。役所の方々が仕事ができなければ助けていただけるのでしょうか?もう少し市民に寄り添って仕事をして頂けたらうれしいです。
Y・M 30代

直売所、大好き主婦なので、あちこちマメに出かけていますが、今回の直売所の「魅力」を探る記事もとてもおもしろかったです。近くにこんなにいろいろな直売所があったんだな〜と思い(意外と遠方まで出かけていってたので)ちょっと損していた気分になりました。又、ためになる(というかお得になる)楽しい記事を待っています。
B.B.ブルックリン・54歳・女性

はじめてのお便り&メッセージ書かせていただきます。「広報鹿屋」は毎月読んでいます。実は毎月2回発行されてるようですね。写真も多くてたのしんで読んでいます。役立つ情報、鹿屋のニュース、ふるさとたっぷり、この緑多い鹿屋の地で育んだ名産、名所など、実に具体的に解りやすく見やすいので、お年寄りの方も読みやすいと思います。これからも「鹿屋」の魅力を伝えて下さい。
かよりん・48歳・女性

何時もありがとうございます。 先日、池田病院長寿園に寄贈された伊崎田作の「金助まり」、市役所1階フロアに常設されては如何でしょうか?ご検討いただければと思っています。大阪から鹿屋市をいつも応援しております。
K・S・65歳・男性

今回、多仁亜さんの講演会参加させていただきました。控え目な人柄やオットリとした話し方からますますファンになりました。実は7、8年前NHK教育のドイツ語講座の中でコーナーを持っていられ、それを観て大好きになり、ほとんどの著作を読み、ドイツ流シンプルライフをずっと続けています。良いものを大事に長く使うことから、節約ができ愛着も湧き、生活が豊かになります。物にあふれた生活は疲れます。是非、別のテーマで次回の講演会の開催をお願いします。
M・F・61歳・男性

リニューアルしてから、中味も充実して毎号、早く届かないかな?と待ち遠しいです。私は、門倉多仁亜さんが大好きで料理番組や本などよく読んでいます。かたにはまらず誰でも作ることができるので、良いと思います。また、4歳の息子はお菓子作りを手伝ってくれ、ハンドミキサーに夢中です。お菓子のレシピものせていただけたら嬉しいです。サイン本当たるといいな〜。
鹿屋のともちん・48歳・女性

毎月、広報見ています。イベント開催日など書いてあるのでありがたいです!イベントの開催の所に前年度のお祭りの写真などがあれば尚良いと思ってます。直売所の「魅力」を探るの特集読んで興味を持ち行ってみました。手作りって本当いいですね。野菜も本当安いんですね。
Y・E・24歳・女性

鹿屋に嫁いだ娘が時々おくれて送ってくれるのを楽しみに拝読しています。今回表紙の土人形がとても好きで思わずペンを取りました。おいしそうな直売所のようすや、カギ引き祭りなど興味のある内容がたくさんあり楽しく読ませていただきました。
K・T・65歳・女性

 特定の団体・組織・個人への誹謗、中傷等に関するご意見については、掲載を見送らせていただきます。




【 お問合せ 】
 市長公室 政策推進課
 〒893-8501 鹿児島県鹿屋市共栄町20番1号
 Tel:0994-31-1123 Fax:0994-42-3862
 E-mail:seisaku@e-kanoya.net