メニューへ | トップへ | サイトマップ

市民のひろば

広報・広聴に関すること |  市民のひろば

市民の皆さまよりいただいたお便りを掲載しています。


8月12日号

 84才になった母(1人生活)が入院し今後の事を考え、初めて介護認定を受けました。認定が決まり家族でずっと見て行く事も難しく申し込みだけでもと思いケアマネージャーの助言の元動いています。もちろんケアマネも動いて下さっています。先日、養護老人ホームの申し込み書をいただきに市役所に行きました。すると「こちらにはありません、直接園の方に行って下さい!」と言われ申し込む園の方に行くと今度は、「市役所が窓口です。こちらには申込み書はありません・・・」と言われましたが、園では、とても良く説明して頂きました。なぜ園の方に申込み書が無いのか、そして市の窓口でわからなかったのか、何度も休み時間を利用し動きました。市の窓口でももう少し教えてほしかったです。老建グループホームも申し込み済みました。
なっちゃん

 4月に鹿屋市に転入(鹿児島市より)しました。
 今までと違うことは、生ゴミの分別の徹底と鹿屋市は医療費助成制度の助成対象が中学校卒業まで、入院・外来ともに全額対象とのこと。
 生ゴミは環境問題に取り組む姿勢に感化し、週2回のバケツ回収にも積極的に参加しています。医療費助成は今夏 娘の手術に際して、大変助かりました!!鹿屋の住み心地もよいです。
 ミントティ―

 今、どこへ行っても、人の集まる場所のトイレはとてもきれいです。東京、大阪、人が多くいる所のトイレのきれいさにびっくりして旅行から帰って来た。我が市のトイレの使いづらさに気付き、意見箱に投書してみました。わぁ びっくり、早速対応していただいたようで、改修した旨のTELまで係の方からいただきました。S、40年の代の役場の職員さんは、市民がまちがった書類の書き方をしていると、怒る人がいたが、現在、職員さん皆さん親切です。いい時代が来ました。ありがとうございます。
 J・N

 
  • 市内の季節を彩る街路樹に左右一か所でもいいので、樹木の名札をつけてもらえませんか?名前を知ってもっと身近に楽しみたいところです。
  • 資源物の回収後の行方を具体的に知りたいので、いつか広報かのやで特集してもらえないか?鹿屋市の資源物は、その後、どこでどんな経過をたどり、どのように再生されているのか、工場の写真などで教えていただけたらありがたい。

ご質問の回答はこちらをご覧ください。
 ぎんぎんぎらぎん

 65歳から支給される温泉券の割引を、大変、有り難く、利用させて頂いております。 ただし、「利用する・しない」に関係なく、アンマ券とセットになっていて、アンマ券を利用しない私としては、その分を温泉券に変更できるよう柔軟な対応を望みます。これまでに、何度も担当部署に口頭で伝えましたが、梨のつぶてです。 せっかくの利用券が有効に使えるよう便宜を図れないものでしょうか?不都合があれば説明して頂きたいです。お願いします。
ご質問の回答はこちらをご覧ください。
 Y・N

 特定の団体・組織・個人への誹謗、中傷等に関するご意見については、掲載を見送らせていただきます。




【 お問合せ 】
 市長公室 政策推進課
 〒893-8501 鹿児島県鹿屋市共栄町20番1号
 Tel:0994-31-1123 Fax:0994-42-3862
 E-mail:seisaku@e-kanoya.net