メニューへ | トップへ | サイトマップ

市民のひろば

広報・広聴に関すること |  市民のひろば

市民の皆さまよりいただいたお便りを掲載しています。

9月13日号

 昔から「サイダー」大好き。「海軍サイダー」を始めて知りました。楽しみです。先日「花岡学園」の運動会が雨の中ありました。皆、雨の中頑張っていました。
Y・K

 鹿屋のダマスクの風でブルービーが見れると聞いて、すぐに出掛けました。朝早くからまずは高隈連山の御岳に登り、ダマスクに向かいました。初めて見たブルービーの美しさに感動して最高の休日になりました。高隈連山は大好きな山なので、これからは山とダマスクをセットにして楽しみます。(以前は登山口がわかりにくかったですが、案内板が増えて初めての人にもわかりやすくなりましたね)
 もも

 今月の表紙のお芋の美味しそうな色に秋を感じます。私は「自立支援障害者手帳」を持っています。薬もずっと服用しています。少しでも社会に出て仕事をしたいと思うのですが、心ではそう思っていても、身体がついていきません。私のばあいこの人は障害者なんだと見た目では分かりません。精神的な病気です。だから辛いのです。普通なのになんでこれくらいの作業が出来ないの?みたいな目で見られたり、逆に、そんなに頑張らなくていいよ、自分のペースでねとやさしい声をかけてくれたり、助かります。そのコトバ一つで障害者は、うれしいのです。やりがいを感じるのです。私は、今回取りあげられたこのページ、また命苫健一さんの゛自立して結婚し、両親に家を建ててあげる゛のコトバに涙しました。私は結婚して大切な家族がそばにいます。障害があっても、今は幸せです。命苫さんが早く夢が全て叶うように心から応援しています がんばって下さい。
モンゴル相撲

  私達、夫婦のドライブコースは、決まっています。宮崎を朝8時すぎに出発、高速を使ったりして鹿屋から錦江町に。「錦江にしきの里」で弁当など買って、前回は根占港から指宿に。今回はどんぐり拾いもと思ってたけどまだ少し早かった様です。「うま街道」を見てどこでランチしよう!なんて。でもさがすのも苦労!ナビ入れると エ!5km先?!、、、ナドナド。チャンポンで済ませましたが次回のランチ場所は決まりです。晴れてようと雨降りだって、水曜日しか行けないので決行になります。海のそばを走らせる車。コース大好きです。※9月号Kanoyaの表紙、ホクホクの味が浮かび食べたくなります(生でも)
 Y・M

 くるりんバスについて 広報9月号に掲載されたので詳しく知ることが出来ました。運行ルートが10月から見直しされるとのことですが、田崎町に住んでいる84才の母はスーパーまで遠く徒歩で4時間かけて行ったり、寿の眼科へ出掛けたりしております。私達娘を頼ってもらいたい気持ちは伝えておりますが、忙しいだろうからと言います。もしよかったら利用者が少ない町にもルートを通していただけたらありがたいのですが・・・・(ちなみに車の免許もありません 父も自主返納しました)よろしくお願いいたします。
くるりんバスについて他にもご意見いただいております。
Y・H

 この前TVで「ラムネ」と「サイダー」の違いをしていました。確かに飲むと味が一緒のように感じますが、ラムネはペリーが日本に持ち込んだレモネードがラムネになり、サイダーは日本で作られ、初めはリンゴ味だったそうです。今では、ぶどう味やオレンジなど色々な味があるサイダー。奥が深いと思いました。ちなみに、ラムネのビンに入っている玉はA玉というそうです。玉もA級品、B級品にちなんで選ばれた玉なのです。
 T・F

 数年前に他県より引越して来ました。私は難病を患っています。仕事も出来る状態ではない為、収入も無く、貯金を切り崩して生活していますが、その貯金も底をつきます。 身体障害者の方は手厚い保護がありますが、鹿屋市は難病患者に対して一切ありません。 自治体によっては、「難病患者福祉手当」というものがあるのをご存知でしょうか。難病に苦しみ、生活苦で生きる希望も持てない市民がいるという事を知ってほしくてお便りしました。 早く制度の見直しをお願いします。ご検討下さい。
ご質問の回答はこちらをご覧ください。
Y.H

  毎月「広報かのや」の表紙の写真を楽しみに待っている一人です。今回は力強い「さつま芋」いいですね〜。市役所内のことでいつも思う事があります。障害者用のお手洗いはなぜ1階の奥にはありますが、市民が一番利用しやすいのは1階中央のお手洗いではないでしょうか。車イスで地下まで下る(エレベーターで)不便は感じないでしょうか。
ご質問の回答はこちらをご覧ください。
 尚

 毎回、表紙の写真を見るのが楽しみです。高須海岸の西側にある見晴台の岩の上に12面観音様があります。地元の高須でも知っている人は一部の古老の人ぐらいだと思います。私は父から教えてもらって一年に何回か訪れています。慈悲深い顔をしておられます。いつ、だれが、何のためにロマンをかきたてられます。次の世代にも知ってもらい残していってもらいたいです。
Y・T

  農業畜産業は鹿屋市を支えていると思います。第11回全国和牛能力共進会で総合成績日本一になりました。おめでとうございます。畜産業からくる匂いで他県からの若者は嫌な思いをして帰るようです(特に食事の時間帯にするので)鹿屋市は対策はしていると思いますが、より効果的な対策を検討してください
 カピックン

 リナシティーが空室がありますが、何か活用できないのでしょうか?
K・N


【 お問合せ 】
 市長公室 政策推進課
 〒893-8501 鹿児島県鹿屋市共栄町20番1号
 Tel:0994-31-1123 Fax:0994-42-3862
 E-mail:seisaku@e-kanoya.net