メニューへ | トップへ | サイトマップ
FMラジオかのや市政インフォメーション

かのや市政インフォメーション

かのや市政インフォメーションは、イベント情報、市の施策等を紹介するラジオ広報番組です。
こちらのページでは、1週間分の放送内容を掲載しています。

第32回くしら桜まつりジョギング大会の参加者募集について
 くしら桜まつりジョギング大会事務局では、4月2日 日曜日に串良平和公園周辺で開催される「第32回くしら桜まつりジョギング大会」への参加者を募集しています。
 種目は、1q、2.5q、5q、10qの4種目で、幼稚園児・保育園児以上の健康な人ならどなたでも参加できます。
 参加料は、一般が1,500円、高校生以下が1,000円となっていますので、参加を希望する人は、2月28日 火曜日までにお申し込みください。
 桜の下で行われるジョギング大会に、あなたも参加してみませんか。
 詳しくは、くしら桜まつりジョギング大会事務局 電話0994−31−4500 までお問い合わせください。


「第10回 高隈いきいき歩こう会」の参加者募集について
 3月5日 日曜日、春の高隈路を歩きながら高隈の自然や史跡にふれる、全長約7kmのコースで行う「第10回 高隈いきいき歩こう会」が開催されます。
 参加料は1人200円で、申込方法は、団体の方は生涯学習課、中央公民館、各学習センターにある申込書に必要事項を記入し、ファックスしてください。
 また個人の方は電話で、2月28日 火曜日までにお申込みください。
 当日は、特産品の振る舞いや地元史談会のガイドもありますので、お気軽にご参加ください。


感染症予防について
 ウイルスや細菌によるインフルエンザや感染性胃腸炎などの感染症が流行しています。次のことに注意して感染症を予防しましょう。
  • 外出後、調理前、食事前、トイレ使用後には必ず手を洗いましょう。
  • 発熱、せき、のどの痛みなどの症状がある人は、必ずマスクをしましょう。
  • 流行時は人混みをできるだけ避けましょう。
  • おう吐物や便は適切に処理しましょう。
 また感染症にかかってしまったときは、水分補給をし安静にして休養を取りましょう。
 詳しくは、鹿屋市健康増進課 電話 0994−41−2110 までお問い合わせください。


能舞音楽劇「義経記(ぎけいき)」上演について
 3月18日 土曜日の午後7時から鹿屋市文化会館で、能舞音楽劇「義経記」が上演されます。
 源義経の生涯を描いた「義経記」を題材とした、3人のアーティストによる能舞音楽劇で、朗読をデーモン閣下、演奏を上妻宏光(あがつまひろみつ)、能舞を山井綱雄(やまいつなお)が行います。
 入場料は、SS席が5,000円、S席が 3,000円、A席 2,500円となっており、全席指定席です。
 チケットは、市文化会館、リナシティかのやなどで販売しています。
 詳しくは、鹿屋市文化会館 電話0994−44−5115 までお問い合わせください。


鹿屋市ホームページへのバナー広告募集について
 鹿屋市では、平成29年度の鹿屋市ホームページへのバナー広告を募集しています。
 バナー広告は、鹿屋市ホームページのトップページに掲載され、インターネットを通じて全国へ企業をPRすることができます。
 応募資格は原則として県内の事業所等で、掲載期間は平成29年4月1日から平成30年3月31日までの1年間となっており、1か月単位で掲載することができます。
 広告料金は1枠が月額12,000円で、6か月以上なら長期割引制度があります。
 広告の掲載を希望する事業所等は、掲載希望月の前月10日までにお申込みください。
 応募方法など詳しくは、鹿屋市政策推進課 電話0994−31−1123 までお問い合わせください。


交通災害共済の加入推進について
 市町村交通災害共済制度は、交通事故に遭われた方や遺族の方を救済するために鹿児島県市町村総合事務組合が行っている制度です。
 支給対象となる事故は、国内で自動車・原動機付自転車・自転車・汽車・電車・身体障害者用の車いす・定期旅客船・旅客機等により接触、衝突、転覆等の交通事故(自損事故を含む)に遭い、それにより身体に傷害を受けた場合です。
 加入資格は、市に住民登録をしている人で、共済掛金は一人年額500円、共済期間は、共済掛金納入日の翌日から3月31日までとなっています。
 加入を希望する人は、加入申込書に掛金を添えて指定の金融機関で納付してください。
 なお、加入申込書をお持ちでない人は、ご連絡いただければ申込書を送付します。
 詳しくは、鹿屋市安全安心課 電話 0994−31−1124 までお問い合わせください。


家庭用生ごみ処理機器費の設置補助について
 鹿屋市では、自家処理を基本とした資源化の取り組み、生ごみの減量の推進として、家庭用生ごみ処理機器設置費補助を行っています。
 対象は、「電気式生ごみ処理機」、「密封発酵容器」、「コンポスト容器」の3種類です。
 電気式生ごみ処理機は、一世帯1基までで、購入額の3分の2以内で、上限は3万円までの補助となります。密封発酵容器は、一世帯2基までで、1基につき購入額の3分の2以内で、上限は1400円までとなります。コンポスト容器の補助は一世帯2基までで、1基につき購入額の3分の2以内で上限は2800円までとなります。
 なお、市内の店舗で購入し、購入日から90日以内であることなど条件がありますので、詳しくは、鹿屋市生活環境課 電話0994−31−1115 までお問い合わせください。


「慢性腎臓病講演会」の開催について
 3月11日 土曜日の午後1時30分から吾平振興会館で「慢性腎臓病講演会」を開催します。
 講師は、池田病院 腎臓内科部長の屋万栄(おくまんえい)さんと、県栄養士会管理栄養士の大山律子さんです。慢性腎臓病(CKD)は、成人の8人に1人いるといわれる新たな国民病です。腎臓病について学び、予防しましょう。
 詳しくは、鹿屋市健康保健課 電話0994−31−1162 までお問い合わせください。


「コンビニでの住民票などの各種証明書取得サービス」の開始について
 鹿屋市では2月から、全国のセブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソンで各種証明書を交付するサービスを開始しました。
 取得できる証明書は、住民票(謄本・抄本)、印鑑登録証明書、所得課税証明書、所得証明書、課税証明書、戸籍(謄本・抄本)、戸籍附票(謄本・抄本)です。
 また証明書取得時には①マイナンバーカード(個人番号カード)、②マイナンバーカード受け取り時に登録した4桁の暗証番号、③各証明書の手数料が必要です。
 各証明の受け取りには条件がありますので、詳しくは、住民票・印鑑登録証明・戸籍証明・マイナンバーカードに関することは、鹿屋市市民課 電話 0994−31−1184、税証明に関することは鹿屋市税務課 電話 0994−31−1112、証明書取得サービス全般に関することは鹿屋市情報行政課 電話 0994−31−1135 までお問い合わせください。


修学旅行生受け入れ家庭募集について
 鹿屋市では、鹿屋市観光協会と協力して、鹿屋市の「食」「自然」「農畜林業」「水産業」などを生かした、体験型観光の充実や整備、誘致に取り組んでおり、関西・中国地区の中学校、高校の修学旅行生を受け入れています。
 そこで、子どもたちに鹿屋の食や農業、観光を体験させるお手伝いをしていただける受け入れ家庭を募集します。具体的に受け入れ家庭に行っていただくことは、修学旅行生3〜4人の宿泊、体験の提供、集合場所への送迎などです。
 また「宿泊のみ」又は「体験のみ」提供できる方も募集していますのでお気軽にお問い合わせください。
 詳しくは、鹿屋市ふるさとPR課 電話0994−31−1121 までお問い合わせください。


国民年金の免除制度について
 20歳以上60歳未満の厚生年金に加入していない学生や自営業などの人で、保険料の支払いが困難な時は、国民年金保険料の免除や若年者納付猶予制度、学生納付特例制度を利用できます。
 手続きをすると前年所得などの審査が行われ、認められると保険料が免除又は猶予されます。
 免除・納付猶予の申請は、過去2年1か月までさかのぼって申請ができます。
 申請方法は、年金手帳、認印、失業を理由とする申請の場合は離職票か雇用保険受給資格者証、学生の人は学生証の写し又は在学証明書を持って、市役所市民課、各総合支所、各出張所、鹿屋年金事務所にお越しください。
 詳しくは、鹿屋市市民課 電話0994−31−1114 までお問い合わせください。


「鹿屋市かわいい孫への贈り物事業」について
 鹿屋市では、子育て世帯の経済的負担軽減を図り、子どもを安全に安心して生み育てられる子育てしやすいまちづくりを進めるため、対象となる乳児に対し紙おむつ購入に係る費用の一部助成を行う「鹿屋市かわいい孫への贈り物事業」を実施しています。
 対象者は、平成28年4月1日以後に出生し、市内に住所を有する乳児で、申請者は市内に住所を有する保護者です。申請方法は、①申請者の身分が証明できるもの、②出生届出済証明欄に市長印が押印されている母子手帳、③認め印、を持参し、対象となる乳児の満1歳の誕生日の前日までに本庁子育て支援課に申請書を提出してください。
 取り扱い店舗や助成券の利用方法など詳しくは、鹿屋市子育て支援課 電話0994−31−1134 までお問い合わせください。


第29回南日本クロスカントリー大会INきほく参加者募集について
 5月14日 日曜日に、輝北町市成の輝北うわば公園で開催される「第29回南日本クロスカントリー大会INきほく」の参加者を募集しています。
 種目は、ファミリーの部1.2qやグループの部1.5qのほか、中学女子2qから一般8qまで計8種目です。ファミリーの部は2人以上の家族、グループの部は3人以上からの参加で、両部門とも年齢制限はありません。参加料は、中学・高校生が1,000円、一般が2,000円、ファミリーの部とグループの部は一人500円となっています。参加を希望する人は、市役所本庁市民スポーツ課、各総合支所、各出張所等に置いてある参加申込書に必要事項を記入し、4月7日 金曜日までに受付業務委託会社である株式会社ベルキャンバスにお申込みください。
 詳しくは、南日本クロスカントリー大会INきほく大会事務局 電話0994−31−1139 までお問い合わせください。


自転車の管理について
 最近、自転車が放置されているとの相談が寄せられます。
 市では、パトロール中に放置自転車を発見した場合や、市民の皆さんから放置自転車があるなどの通報があった場合は、車体番号と防犯登録番号から所有者を調べ、持ち主に返還するようにしています。
 ただし、所有者の判明しなかった自転車については、土地の所有者又は管理者に処分をお願いすることになります。不要になった自転車がありましたら、市資源センターに搬入すると、リサイクルされます。
 また、盗難の被害を防止するためには、防犯登録を行うことが重要です。登録がお済みでない人は、購入した自転車店などで、防犯登録を行ってください。
 詳しくは、鹿屋市生活環境課 電話0994ー31ー1115 までお問い合わせください。


鹿屋市子育てすくすくメールの配信について
 鹿屋市では、妊婦や3歳までの子どもを持つ母親を対象に、育児情報や母親のメンタルヘルスに関する情報等を掲載したメールマガジン「鹿屋市子育てすくすくメール」を配信しています。
 内容は、妊婦の妊娠週数に応じて、胎児の成長の様子や母親へ妊娠期のアドバイス等を配信する妊娠期メール。
 また、乳幼児の世話の仕方やホームケア、保健、事故予防の基礎知識等を、乳幼児の月齢に応じて配信する出産後メールがあります。
 妊娠中や出産後の不安の解消にぜひお役立てください。
 登録方法など詳しくは、鹿屋市子育て支援課 電話0994−31−1134 までお問い合わせください。


町内会の加入について
 町内会とは、同じ地域に住んでいる人同士がお互いに助け合い、安心・安全で明るく住みやすい地域にしようと活動している住民自治組織です。
 「遠くの親戚より近くの他人」といわれるように、いざというときに一番頼りになるのは、お隣やご近所の人たちです。
 町内会では、災害発生時の助け合いや防犯灯の維持管理などの安全な地域づくり、ゴミステーションの管理などきれいで快適な地域づくり、祭りやスポーツ大会等のふれあいのある地域づくりなど、地域の特性を活かした活動を行っています。
 住みやすい地域づくりのために、町内会に加入して、日頃から、地域の方々と交流を深め、あなたも地域の一員として、町内会活動に参加しましょう。
 詳しくは、鹿屋市地域活力推進課 電話 0994−31−1147までお問い合わせください。


鳥インフルエンザ等の防疫対策について
 宮崎県川南町の養鶏場から高病原性鳥インフルエンザの陽性反応が出たことを受け、昨年12月、「鹿屋市鳥インフルエンザ警戒本部」を設置しました。
 本格的な冬鳥の飛来シーズンを迎え、侵入のリスクが一層高まることが危惧されますので、関係農家の皆さんは、農場を改めて確認いただき、侵入防止・発生防止に向けて、防疫対策の徹底にご協力をお願いします。
 詳しくは、鹿屋市畜産課 電話0994−31−1118 までお問い合わせください。