トップへ | サイトマップ

平成30年度鹿屋市健康づくり推進協議会の会議結果について

審議会等情報

開催日時 平成30年7月31日(火) 14時〜15時
開催場所 鹿屋市保健相談センター
出席者 中塩 一昭、福留 重明、鬼ヶ原 真人、迫田 兼久、田中 宏之、津 和太
吉松 洋子、枦山 朝子、川井田 新一、大平 公明、新穂 道浩、上籠  司
吉村 敏行、増満 房子、竹下  司、丸田 英紀、四元 俊彦
17名/20名 3名欠席
公開・一部公開の別 公開
議題 協議
  1. 平成29年度保健事業実績について
  2. 平成30年度保健事業計画について
  3. 「健康づくり計画に係る中間評価」について
  4. 「鹿屋市いのち支える自殺対策計画策定」について
  5. その他
会議結果 協議
  1. 平成29年度保健事業実績について
    • 事務局から説明
  2. 平成30年度保健事業計画について
    • 事務局から説明
  3. 「健康づくり計画に係る中間評価」について
    • 事務局から説明
  4. 「鹿屋市いのち支える自殺対策計画策定」について
    • 事務局から説明
    • 委員からの質問・意見
  5. ⑴鹿屋市は大隅地域の中で、自殺率が比較的少ないようである。阻害要因、促進要因等、どういった要因があるのだろうか。そういったことが分かれば、他市町へ示すことができるのではと期待している。関係機関、団体との連携は今からしていくのか。

    回答:今までは自殺に特化したネットワークがなく、これまであった虐待・高齢者問題でのネットワークを活かしながら、広げていければと考えている。

    ⑵保健所、市で自殺対策協議会等を設置しているようであるが、一緒にするか、連携していった方がよいのではないか。

    回答:今おっしゃったことについて、国でも自殺総合対策大綱が定められており、県でも対策が講じられている。そして、市でも状況に応じた、独自の計画を策定するようになっている。その点は御理解をいただきたいと考えている。

    ⑶私の知人が鹿児島市で「いのちの電話」事業に携わっているが、鹿屋市ではそのうような窓口はあるか。

    回答:現在のところはない。

    ⑷今後の予定は。

    回答:現在のところはないが、平成30年度事業の「こころの体温計事業」のアプリを通じて、相談窓口を紹介するという対策をとっていきたいと考えている。 保健所も相談窓口を設置している。また市の保健師からの相談を受け、保健所の保健師が一緒に訪問をするといった体制もとっているところである。 病気の発症を予防することも大事であるが、発症してからの重症化を防ぐことも重要になってきているので、その点を健康づくり計画に盛り込んでいただければと考えている。

  6. その他

    ⑴県が策定した「健康かごしま21」を例として挙げたいと思う。どの団体が何をしているのか知れば、その団体を利用している人々にも多くのことを広めることができるのではと考えている。労働基準監督署も「健康かごしま21」の委員となっているが、監督署の説明会等で、年間800ものの事業所へPRをすることができる。他の団体・組織のことを知れば、PRの効果を高めることができるのではと思う。

    回答:頂いた御意見どおり、自殺対策計画策定のための活動把握調査票の「貴団体の概要」にて情報を収集させていただきたいと考えている。健康づくり計画についても同様のアンケート調査を行い、把握をしていきたいと考えている。

問合せ先 鹿屋市 保健福祉部 健康増進課 健康管理係
電話番号 0994−0994-41-2110
その他 資料