トップへ | サイトマップ

トップ > 各課のページ > 生活環境課 > 鹿屋市内の環境情報 > 鹿屋市内の環境情報(平成23年9月)

鹿屋市内の環境情報(平成23年9月)


市内で発見された不法投棄やポイ捨てごみの現状のほか、ごみ出し等、生活環境に関することについてお知らせします。
このコーナーでは、市民の皆さんから提供された情報も掲載し、皆さんと一緒に環境問題に取り組みます。生活環境に関する情報は電話、FAX又はメールでお寄せください。
ぜひ、未来の子どもたちのために、ごみのない美しい自然を残していきましょう。



ごみは適正に処分しましょう。

 先日、解体した家から出た木くず等を焼却処分した事案が発生しました。
 少しでも経費を削ろうとして焼却処分したとのことですが、焼却での処分は適正な処分ではなく、法律違反です。

 個人で家屋の解体を行った場合に出る木くずは、一般廃棄物に該当しますので肝属地区清掃センターへ搬入し、処分することになります。
 ただし、排出者自らが搬入できる大きさに調整できなければ、一般廃棄物の処分ができる許可業者へ処分を依頼しなければなりません。

 これまでに、同様の焼却処分で摘発され、適正に処分する経費以上の罰金が科せられるといった結果が見られています。
 焼却行為は、例外もありますが、原則、禁止されています。 これから、草木が繁茂する時期で草刈等をして、環境整備に努める方もいると思いますが、庭先等で焼却せずに自然還元などでの処分をお願いします。



自分の土地はしっかり管理するように心がけましょう。

 最近、生活環境課へ自分の敷地にごみを不法投棄されたので処分して欲しいと連絡があります。
 連絡した人は、簡単に処分してくるものだろうと思っていたようですが、簡単に処分はできません。なぜなら、市で処分するということは、皆さんの税金を使って処分することになるからです。

 皆さんは、犯罪行為を行った不法投棄者が処分すべきであると思われるでしょうが、土地の所有者又は管理者にもその土地の清潔を保つという責任は発生します。

 市では、皆さんの環境に対する意識の高揚を図り、快適な環境を一緒に築いて行くために、周知・啓発を行っていますが、一部の心ない人により、こうした事案が発生し、多くの人が迷惑をこうむっています。

 やはり、自分の所有又は管理している土地は、不法投棄を防ぐためにも、しっかり管理する必要があります。 ぜひ、環境意識を高める一つのきっかけとして、これまで管理が十分に行き届いていなかった土地をしっかり管理するように心がけましょう。


このページに関するお問い合わせはこちらまでどうぞ
本庁 生活環境課(5階)
電話:0994-31-1115 FAX:0994-31-1172
E-mail:seikatsu@e-kanoya.net