トップへ | サイトマップ

トップ >  各課のページ >  生活環境課 >  鹿屋市内の環境情報 >  鹿屋市内の環境情報(平成24年5月)

鹿屋市内の環境情報(平成24年5月)


 市内で発見された不法投棄やポイ捨てごみの現状のほか、ごみ出し等に関する生活環境についてお知らせします。
 また、市民の皆さんから提供された情報も掲載します。生活環境に関する情報を、電話、FAXまたはメールでお寄せください。
 ぜひ、未来の子どもたちのために、ごみのない美しい自然を残していきましょう。


不法投棄について

 これまで、皆さんには、市内で発生した不法投棄の現状をお知らせし、不法投棄撲滅に向けて、 ご理解とご協力をいただいているところですが、一部の心ない人により、不法投棄が後を絶ちません。
 ごみを捨てる行為は犯罪であり、不法投棄した人の中には、数十万円という罰金を払った人もいます。

 最近は、ごみ処分の依頼を受けた人が、不法投棄するケースが増えています。一番悪いのは、不法投棄した人ですが、 ごみの処分を依頼した人にも、排出者責任がありますので、不法投棄者だけではなく、ごみ処分を依頼した人も一緒に指導しています。


ごみの処分は、大変ではありません。簡単です。ぜひ、家庭や職場等でやってみましょう。

  1. 最初は、
    • 燃やせるごみ、燃やせないごみ、資源物、プラスチック類の4種類に分別する。
  2. 次に、
    • 燃やせるごみと燃やせないごみの中で、指定ごみ袋に収まるごみは、それぞれの指定ごみ袋に入れる。
    • 資源物は、レジ袋又は透明袋に入れる。
    • プラスチック類は、45リットルサイズの透明袋に入れる。
  3. 最後は、
    • 指定ごみ袋に収まった燃やせるごみと燃やせないごみは、決められた日に最寄りのごみステーションに出す。
    • 指定袋に収まりきれない燃やせるごみと燃やせないごみは、直接、肝属地区清掃センターへ持込む。
      もし、肝属地区清掃センターへ持込めない場合は、ごみの収集運搬の許可を持っている業者へ依頼する。
    • 資源物及びプラスチック類は、最寄りのごみステーションに出す。まとめて出したい場合は、資源センターへ直接持込む。

 これからも、不法投棄撲滅に向けて、皆さんと一緒に取り組んで行きたいと思っていますので、良い対策やアイデア等がございましたら、ぜひ、お寄せください。



通学路に投棄されていたごみ 亡くなられた方を埋葬している
墓地に投棄されたごみ

 
牧草畑の一画に投棄された
2tダンプ2台ほどの豚フン
 


お問い合わせ
鹿屋市役所 生活環境課
電話:0994-31-1115 FAX:0994-31-1172
E-mail:seikatsu@e-kanoya.net