トップへ | サイトマップ

トップ >  各課のページ >  生活環境課 >  鹿屋市内の環境情報 >  鹿屋市内の環境情報(平成24年7月)

鹿屋市内の環境情報(平成24年7月)


 市内で発見された不法投棄やポイ捨てごみの現状のほか、ごみ出し等に関する生活環境情報についてお知らせします。
 また、市民の皆さんから提供された情報も掲載します。生活環境に関する情報を、電話、FAX又はメールでお寄せください。
 ぜひ、未来の子どもたちのために、ごみのない美しい自然を残していきましょう。


ごみの焼却処分は、やめましょう

 家庭や事業所等から出るごみの野外焼却は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律によって禁止されています。
 ごみを焼却すると、温室効果ガスの二酸化炭素を発生させ、更にはダイオキシン類を発生させる原因になります。
 また、住宅密集地域で焼却すると、煙で道路の視界が悪くなり交通事故の原因になるほか、すすや臭いで洗濯物や布団が汚れたり、せきこむ等、 周辺住民の方が迷惑します。
 これから、庭の枝木等が繁茂し、ついつい剪定した枝木を焼却処分しがちですが、 焼却処分せず、燃やせるごみ袋に入れて、ごみステーションに出すか、袋に収まらない場合は、直接、肝属地区清掃センターへ持込んで処分するようにしましょう。
 ごみは適正に処分することが、排出者の責任です。 これらに違反すると罰則もあり、悪質なケースは、警察に通報する場合もあります。
 なお、次のような場合は、野外焼却の例外として認められていますが、むやみに焼却していいというわけではなく、 悪臭や煙などで周辺の方から苦情がある場合は、指導の対象になります。 また、焼却中、その場を離れることは、軽犯罪法違反になります。


例外規定

  1. 国又は地方公共団体が、その施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却
  2. 災害の予防、応急対策または復旧のために必要な廃棄物の焼却
  3. 風俗習慣上又は宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却
  4. 農林漁業を営むためにやむを得ず行う焼却
  5. 焚き火、その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって軽微な焼却


お問い合わせ
鹿屋市役所 生活環境課
電話:0994-31-1115 FAX:0994-31-1172
E-mail:seikatsu@e-kanoya.net