トップへ | サイトマップ

鹿屋市内の環境情報(平成25年5月)

市内の環境情報トップページ

 市内で発見された不法投棄やポイ捨てごみの現状のほか、ごみ出し等に関する生活環境情報についてお知らせします。
 また、市民の皆さんから提供された情報も掲載しますので、生活環境に関する情報を、電話、FAX又はメールでお寄せください。
 ぜひ、未来の子どもたちのために、ごみのない美しい自然を残していきましょう。


アートではなく、管理者の気持ちを表現したものです。

 下高隈町で、約300mに渡って、不法投棄された空き缶が竹に刺してあります。
 市内のあちこちで見られる光景ですが、決して、芸術作品ではなく、この土地を管理している人の気持ちが表現されたものです。
 このような行為に至るまで、「捨てられては回収し、捨てられては回収し」の繰り返しのうえでの結果だそうです。
 景観上は、損なわれているような感じがありますが、管理者の立場に立って考えると、自らの土地を守るためには必要な行為であると十分理解できます。
 自分の土地に捨てられたと考えると、ポイ捨てなど絶対にできないはずです。 また、不法投棄された場合、今後、不法投棄されないように、空き缶を竹に刺すかも知れません。
 今後、ごみを処分するときは、自分の家などのごみ箱に捨てるようにしてください。 そして、しっかり分別してごみステーションに出すようにしましょう。
 生活環境課でも、このような風景が作られないように不法投棄対策に努めますので、市民の皆さんのご協力をお願いします。



けがをさせてからでは遅いです。即刻やめましょう。

 最近、空のワインビンにティッシュなどを詰め込んだ物が不法投棄されます。不法投棄される場所は、不特定ですが、投棄者は同じ人だと思われます。
 この前は、投棄されたごみが道路上に散乱し、割れたワインビンが歩行者等に影響を及ぼす状態でした。
 投棄者は何も考えないで捨てたつもりであっても、他人に迷惑をかけたうえに、けがまでさせるような行為は、決して許されるものではありません。
 今後は、不法投棄せず、しっかり処分しましょう。けがをさせてからでは手遅れです。



お問合せ
 鹿屋市 生活環境課
 電話:0994-31-1115 FAX:0994-31-1172
 E-mail:seikatsu@e-kanoya.net