トップへ | サイトマップ

鹿屋市環境基本計画『未来につなごう 快適環境のまち かのや』

生活環境課 環境に関する計画

鹿屋市環境基本計画表紙

 鹿屋市では、「鹿屋市環境基本条例」第9条の規定に基づき、「鹿屋市環境基本計画」を平成22年3月に策定しました。
 この計画は、「未来につなごう 快適環境のまち かのや」を目指すべき環境像として掲げ、豊かな自然、住みよい環境を未来へ引き継ぐために、環境に関する各種施策や環境保全の取組を推進するために必要な事項をまとめています。
 今回、計画策定から5年が経過したことから、本市を取り巻く環境や社会情勢の変化等を踏まえ、計画内容を一部見直した後期計画を策定しました。
 なお、本計画中、地球温暖化対策については、「地球温暖化対策の推進に関する法律」に基づく区域施策「鹿屋市地球温暖化対策地域実行計画」を兼ねるものとして策定しています。


計画の期間

 平成22年度から平成31年度までの10年間


鹿屋市環境基本計画(後期計画)のダウンロード


▲このページの先頭へ

5つの基本方針

 環境基本計画における目指すべき環境像を次のとおり掲げ、現在の市民ばかりでなく、未来を担う市民のためにもこの快適なかのやの環境を継承することを目指します。

目指すべき環境像 : 『未来につなごう 快適環境のまち かのや』

目指すべき環境像を達成するための5つの基本方針を掲げます。

基本方針1 地球環境の保全 〜できることから始めよう 地球をまもること〜

 地球温暖化などをはじめとする地球規模での環境問題に供するための対策を実行することにより、 環境への負荷の少ない循環を基調としたまちづくりを図ることとします。

基本方針2 快適な生活環境の確保 〜住みよいまちづくり〜

市民の健康が保護され、生活環境が保全されるよう、公害を防止するとともに、環境に負荷を与える物質の排出を抑えることにより、 大気、水、土壌などの自然的構成要素を良好な状態に保持することとします。

基本方針3 自然環境の保全 〜豊かな自然をまもり、未来へ〜

鹿屋市における、生物多様性の確保、森林、農地、水辺地などにおける多様な自然環境の体系的な保全を図ることにより、 人と自然が共生できる豊かな環境を確保していきます。

基本方針4 循環型社会の形成 〜エコ社会を目指して〜

鹿屋市では、更なる廃棄物の発生抑制、資源の再利用及びリサイクルの推進を目指すために、循環型社会・環境保全型社会の実現を推進していきます。

基本方針5 環境教育の推進 〜環境を知ろう、伝えよう〜

市民・事業者・行政がともに環境意識の向上を図っていくとともに、各主体が責任と役割を持って、環境基本計画に取り組んでいく協働体制を構築します。


▲このページの先頭へ

取り組み主体と役割

環境基本計画の実行にあたっては、市民(市民団体を含む)・事業者・行政が一丸となり進めていくとともに、 この3者が各々の役割について、それぞれの責務を自覚し、協働して取り組むことが必要です。

市民(市民団体)
  • 日常生活や活動において自ら積極的に環境保全を実践します。
  • 市の環境施策に協力します。
  • 事業者の環境に優しい事業活動を支援します。
事業者
  • 事業活動に伴う環境負荷の低減を図ります。
  • 市の環境施策や、市民団体が実施する環境保全活動に協力します。
  • 地域の環境保全に貢献し、環境に優しい商品・サービスを提供します。
行政
  • 環境保全に関する基本的かつ総合的な施策を策定し、実施します。
  • 市民・事業者による環境保全の取り組みを支援・推進します。
  • 市自らが率先して環境保全の取り組みを進めます。

▲このページの先頭へ

鹿屋市環境基本計画のダウンロード

計画書本編
概要版(18ページ) (PDF:3482KB)
市民行動編リーフレット(4ページ、A3両面印刷) (PDF:528KB)

PDF ファイルは Adobe® Reader™ でご覧いただけます。Adobe 社のサイトからダウンロード、インストールすることができます。

▲このページの先頭へ

お問合せ
鹿屋市 生活環境課(本庁5階)
電話:0994-31-1115 FAX:0994-31-1172
E-mail:seikatsu@e-kanoya.net