トップへ | サイトマップ

水痘(水ぼうそう)の流行注意報が解除されました

感染症情報

 鹿屋保健所管内において、4週連続で流行注意域にあった水痘も報告患者数が前週より14名少ない15名、定点当たり3.00(終息基準値4.00)となり、注意報が解除されました。
 今後も引き続き、下記を参考に予防に努めましょう。


水痘とは?

 水痘帯状疱疹ウイルスによって起こる感染症で、成人では発疹出現前に1〜2日の発熱と全身倦怠感を伴い、子どもでは通常発疹が初発症状であるウイルス感染症です。
 また、年間を通して患者発生が見られますが、流行時期は、特に毎年12〜7月頃で、8〜11月頃に減少します。


感染経路は?

 患者の咳や唾を吸い込むことによる飛沫感染や、発疹や水疱に触ることによる接触感染があります。 発疹の出る2日前から水疱が出ている間あるいは痂皮(かさぶた)になるまで、周りの人に感染します。


症状は?

 2週間程度(10〜21日)の潜伏期の後、発熱・かゆみを伴う全身性の発疹・だるさ(倦怠感)が見られます。
 発疹は全身に現れ、かゆみを伴い、紅疹・丘疹を経て水疱状となり、最後は痂皮(かさぶた)になります。 また、数日にわたり新しい発疹が出現するため、急性期には紅斑、丘疹、水疱、痂皮(かさぶた)などが混在することが特徴です。
 一般的に軽症で、倦怠感、かゆみ、38℃前後の発熱が2〜3日続く程度で予後は良好ですが、 二次性の細菌感染・肺炎・無菌性髄膜炎・脳炎などを合併することがあります。


予防するには?

  1. 予防法には、水痘ワクチンを接種することです。(1歳以上が対象で任意接種。有料)
  2. 水痘の患者さんと接触した場合には、72時間以内に水痘ワクチンを接種することで、発症の防止・症状の軽症化が期待できます。
  3. 流行時には、流水と石けんによる手洗い・うがいを励行しましょう。
  4. 感染者との密接な接触を避けましょう。


お問合せ
鹿屋市 健康増進課(鹿屋市保健相談センター内)
〒893-0007 鹿屋市北田町11番6号
電話:0994-41-2110 FAX:0994-41-2117
E-mail:kenkou@e-kanoya.net