トップへ | サイトマップ

認知症サポーター養成講座


 認知症を正しく理解し、地域で高齢者を支えていくための活動として「認知症サポーター養成講座」を開催します。


認知症サポーターとは
オレンジリング

 認知症についての基本的な知識を持ち、認知症高齢者本人や、そのご家族の身近な理解者や見守りの担い手として活動する人のことをいいます。
 講座終了された方には「オレンジリング」をさしあげます。

認知症サポーターの活動

 なにか特別なことをするということではなく、例えば、町で困っている人を見かけたら、声をかけるなどあなたができる範囲で認知症やご家族に対して温かい目で見守ることがスタートです。

講座の内容

 ○認知症の基本的な知識
 ○認知症高齢者との接し方  など・・・

この講座はどのような役にたつの?

 地域でのボランティアだけでなく、講座を受けて、次のような日常生活場面で活用できます。

  • はたらく場面では・・・ 経営者やスタッフの研修として
    〜お客様への接客向上により、誰でも安心して買い物することができます。
  • 金融機関では・・・窓口や営業業務の接遇研修として
    〜窓口での対応向上や振込み詐欺の防止
  • 地域では・・・地区の集会や行事として
    〜地区住民の認知症への理解を広げ、認知症高齢者支援を通したネットワークづくり
 

講座の申込方法

  • 学校・職場の同僚、ご近所のお友達など概ね10名以上の受講生が集まれば開催可能です!
  • 開催日時と会場を準備しておいてください。できればDVDの上映ができるところがよいです。
  • 高齢福祉課へお申し込みください。
  • 高齢福祉課より講師(キャラバンメイト)をご紹介します。

関連情報

講座の申込・お問合せ先
 鹿屋市 高齢福祉課
 電話:0994-31-1116 FAX:0994-41-0701