トップへ | サイトマップ

地域経済分析調査

政策推進課

調査の背景と目的

 総合的な地域活性化策を効果的に展開する上では、地域の経済力を的確に把握することが不可欠です。地域の経済力を評価するためには、ある産業の産業規模といった一面だけを切り取った統計で得られる数値だけではなく、地域内外との経済的な関係性を分析する必要があります。
 そこで、鹿屋市では市内の産業構造や市内外との経済的な関係性を把握するために鹿屋市産業連関表を作成し、地域経済の分析を行いました。

 本調査は、鹿屋市が株式会社鹿児島経済研究所に調査を委託し、「地域経済構造分析」の第一人者である、岡山大学大学院 社会文化科学研究科・経済学部 中村良平教授の監修の下で実施しました。


産業連関表とは

 ある一定地域(ここでは鹿屋市)における特定の1年間(ここでは平成24年)に行われた産業相互間及び産業と消費者等の経済取引を「産業間の依存関係」「産業と消費の相互関係」「地域内と地域外との財のやり取り」等の幅広い視点から捉えた表です。
 産業連関表を読み解くことで、地域経済の特徴や産業構造を把握でき、ある特定の産業が他の産業に与える影響などを分析することができます。
 また、各産業間の相互依存関係を表した係数を利用することで、仮定した条件の下でのイベント開催による経済波及効果や施策を実施した場合の経済波及効果を試算することができます。
 なお、平成24年(2012年)表については、市内企業へのアンケート調査結果及び鹿児島県産業連関表(平成20年延長表)の数値を踏まえて作表しています。


調査結果及び鹿屋市産業連関表



掲載所属
 鹿屋市 政策推進課 (本庁3階)
 電話:0994-31-1125 FAX:0994-42-2001
 E-mail:seisaku@e-kanoya.net