トップへ | サイトマップ

鹿屋市の公共交通機関



「串良地区くるりんバス」本格運行のスタート及び実証運行継続のお知らせ

 平成27年11月から「串良地区くるりんバス」の実証運行を実施し、多くの方に買物や温泉などへの外出の際にご利用いただきました。実証運行中に寄せられたご意見や利用状況などを総合的に検証し、

5系統については、運行経路や時刻を一部見直し本格運行に移行
2系統については、運行計画を見直し引き続き実証運行を継続
※実証運行の検証をもとに、本格運行への移行や廃止等について検討
1系統については、当面の間運休します。

 平成28年4月15(金)から全系統で運行経路や時刻表の変更がありますので、ご利用の際はご注意ください。
 今後も地域の身近な足として、お出かけの際には「くるりんバス」を是非ご利用ください。



「鹿屋〜西原〜かのやばら園」路線バス 運賃の見直し及び停留所移設のお知らせ

 平成28年4月1日から、次のとおり運賃及び停留所が変更になりますので、ご利用の際はご注意ください。
 なお、運行時刻 (PDF:35KB)の変更はありません。

運賃の見直し

 鹿屋バス停とかのやばら園を結ぶ路線バスの運賃は、これまで210円の均一運賃を導入していましたが、平成28年4月1日から他の路線バスと同様の距離制運賃に変更します。

運賃の見直しに伴い、かのやばら園以外での途中乗降が便利になります。
(例)「鹿屋〜西原」まで利用の場合・・・大人140円(これまで210円)

「かのやばら園」までの運賃が上がります。
(例)「鹿屋〜かのやばら園」まで利用場合・・・大人280円(これまで210円)
停留所の移設

 これまで2箇所に設置していた「岡村」バス停を1箇所に統合します。これに伴い、この路線の「岡村」バス停を下記のとおり国道269号沿いに移設します。

岡村バス停

「輝北地区・吾平地区くるりんバス」運行ルート・運行ダイヤが変わります。

利用状況や地域の実情を踏まえ、平成28年4月1日から次の路線を見直します。

輝北地区くるりんバス「西ルート」(市成出張所〜歌丸〜輝北総合支所)< /dt>
【主な変更点】

吾平地区くるりんバス「東ルート」(吾平総合支所〜神野・永野牧〜吾平総合支所)
【主な変更点】

鹿児島空港連絡バスの運行ルート・運行時刻・利用方法が変わります。

平成27年10月1日から鹿児島空港連絡バスが次のとおり変更になります。
ご利用の際は、時刻表を確認の上、お乗り間違い等がないようご注意ください。

運行に関するお問い合わせ:三州自動車 鹿屋営業所 TEL:0994-65-2258

4往復を高速道路(大隅縦貫道・東九州自動車道)経由にて運行
  • 鹿屋〜鹿児島空港間が15〜20分短縮されます。
  • 新たに「旭原」バス停に停車します。
  • 運行ルートが変更になります。
   停車するバス停
   東笠之原-東団地前-寿中央-鹿屋市役所前-鹿屋-旭原-(東原IC〜溝辺IC)-空港
高速道路を経由しない便では、「霧島市役所前」「ホテル京セラ前」の乗降利用が可能に。
  • 鹿屋⇒空港・・・「霧島市役所前」「ホテル京セラ前」で降車できるようになります。
    (上記2箇所以外のバス停では乗車のみになります。)
  • 空港⇒鹿屋・・・「霧島市役所前」「ホテル京セラ前」で乗車できるようになります。
    (上記2箇所以外のバス停では降車のみになります。)

運賃の支払い方法が、全便で後払いになります。


停留所
拡大

鹿屋バス停留所について

 平成26年10月1日をもって、『鹿屋バス停留所』は、リナシティかのや前に移設しました。
 また、バス定期券やフェリー乗船券は、リナシティかのや内バス待合所にて取り扱っております。







鹿児島中央駅−鹿屋間直行バス

鹿児島中央駅−鹿屋間直行バス



かのやくるりんバス


くるりんバス

輝北地区くるりんバス


吾平地区くるりんバス


串良地区くるりんバス

  • 時刻表 (PDF:578KB)(平成28年4月15日改正)
  • ルート図 (PDF:1188KB)(平成28年4月15日改正)


路線バス時刻表 (平成26年10月1日〜)



各停留所ごとの時刻表


公共交通機関の運行情報

公共交通機関の運行情報

※バスの運賃・運行等につきましては、三州自動車株式会社〔電話:0994-65-2258〕にお問い合わせください。





お問合せ
 三州自動車株式会社
 電話:0994-65-2258


掲載所属
 鹿屋市 地域活力推進課 (本庁3階)
 電話:0994-31-1147 FAX:0994-42-2001
 E-mail:chiiki@e-kanoya.net


PDF ファイルは Adobe® Reader™でご覧いただけます。Adobe 社のサイトからダウンロード、インストールすることができます。