トップへ | サイトマップ

 ジェネリック医薬品を知っていますか?

健康保険課

ジェネリック医薬品とは

薬には、一般の薬局、薬店で販売されている「一般用医薬品」と、医療機関で診察を受けたときに医師から処方される「医薬用医薬品」があります。そして医療用医薬品は「新薬(先発医薬品)」と「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」の2種類に分けられます。

ジェネリック医薬品は新薬の製造・販売の特許満了後に、同じ有効成分で作られ、同等の効用であることを、国が承認した医薬品です。

ジェネリック医薬品だと何がいいの?

薬の有効成分や効き目は変わらずに、薬代が安くなることが大きなメリットです。ジェネリック医薬品は、種類によっても異なりますが、先発医薬品に比べて3〜5割安くなります。また、医師から処方された薬は、自己負担割合が1〜3割となり、残りの7〜9割は保険者(鹿屋市)が負担しています。薬代が安くなることで、税金の負担も押さえることができます。

ジェネリック医薬品にはどんなものがあるの?

ジェネリック医薬品は、内服薬だけではなく外用薬、点眼薬や注射薬などもあります。長期的に服薬が必要な慢性疾患には、経済的な負担の軽減が期待できます。
 ただし、特許期間が切れていない薬に、ジェネリック医薬品はありません。また、医師の治療方針、病状や体質、メーカーごとに異なる添加剤などの理由で、ジェネリック医薬品を使用できない場合もあります。
 いきなり新しい薬に切り替えることに不安がある場合は、短期間からジェネリック医薬品を試せる「分割調剤」がおすすめです。もちろん、体に合わないと感じたらもとの薬に戻すことも可能です。

ジェネリック医薬品に変えるには?

医療機関で診察時に医師に「薬はジェネリックでお願いします」と伝えるか、健康保険課でお渡ししている「ジェネリック医薬品希望シール」を保険証やおくすり手帳に貼って、ジェネリック医薬品の処方を希望しているという意思を医療機関や薬局に伝えることが出来ます。
 薬代の負担軽減と医療費抑制につながるジェネリック医薬品の使用促進に、ぜひご活用ください。



お問合せ
保健福祉部 健康保険課(本庁1階)
〒893-8501 鹿屋市共栄町20番1号
電話:0994-31-1162(直通) FAX:0994-43-8363
E-mail:kokuho@e-kanoya.net