トップへ | サイトマップ

不当利得(資格喪失後の受診などによる医療費の返還)

健康保険課


不当利得(資格喪失後の受診などによる医療費の返還)

 鹿屋市の国民健康保険以外の公的医療保険の資格(社会保険等や他の市町村の国民健康保険など)があるにも関わらず、下記の理由などで、 鹿屋市の「国民健康保険被保険者証」で受診してしまった人は、「医療費の返還」というかたちで鹿屋市が病院等に支払った医療費を返還していただく必要があります。

  • 新しい勤務先での「保険証」の交付が遅れたとき
  • 鹿屋市を転出したとき
  • さかのぼって鹿屋市の国民健康保険を喪失したとき など

 これは、資格喪失後に鹿屋市の「国民健康保険被保険者証」で受診したことにより、受診した日に加入していた公的医療保険が負担すべき医療給付費分(7〜9割) を鹿屋市が病院等へ支払っていますので、鹿屋市が負担した分を一旦返還していただき、返還していただいた分を公的医療保険に改めて請求し直していただくものです。
 「医療費の返還」については、鹿屋市が診療報酬明細書(レセプト)により、資格喪失後の受診を確認した場合、返還対象者の世帯主宛に通知書を送付いたします。



① 医療機関に一部負担金を支払います。

② 医療機関が保険分の請求を鹿屋市国民健康保険に行います。

③ 該当者の資格を確認し、医療機関に保険分(7割〜9割)の支払いをします。

─  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─  ─  

※不当利得の場合、次の流れで手続きが必要となります。

④ 不当利得の為、鹿屋市国民健康保険から世帯主に保険分の返還請求を行います。

⑤ 不当利得返還請求分を世帯主が鹿屋市国民健康保険に支払います。

⑥ 支払確認後、世帯主宛に該当分の診療報酬明細書を封印して送付します。

⑦ 鹿屋市国民健康保険に返還した分を、該当時の健康保険に請求します。その際、鹿屋市国民健康保険から送付された診療報酬明細書と不当利得を支払った領収書が必要となります。その他、必要書類や申請方法は加入していた健康保険にお問合せ下さい。

※資格喪失後の受診以外にも「医療費の返還」が必要な場合があります。詳しくは下記にお問い合わせください。



お問合せ
保健福祉部 健康保険課(本庁1階)
〒893-8501 鹿屋市共栄町20番1号
電話:0994-31-1162(直通) FAX:0994-43-8363
E-mail:kokuho@e-kanoya.net