トップへ | サイトマップ

鹿屋市みなし寡婦(夫)控除適用のご案内

子育てに関する情報

 平成29年7月から鹿屋市では、未婚で子どもを養育するひとり親家庭を対象に、子育てや福祉などのサービスについて、寡婦(夫)控除のみなし適用を実施します。

みなし適用の内容

 教育・保育施設の保育料や私立幼稚園就園奨励費、福祉関係のサービス等を利用する場合に、寡婦(夫)控除のみなし適用の申請に基づき、寡婦(夫)控除があるものとして所得を計算して、利用料等の減額等を行うものです。

※みなしで寡婦(夫)控除を適用しても、所得の状況によっては、利用料等の減額等にならない場合があります。
なお、税法上の控除を受けることはできません。

対象者

 所得を計算する対象となる年の12月31日及びみなし適用の申請時点において、次の1.から3.のいずれかに当てはまる人です。

  1. 婚姻によらずに母となっており、婚姻歴がなく、生計を一にする子(合計所得金額が38万円以下で、他の人の扶養配偶者や扶養親族となっていない場合に限る。)がいる、婚姻(事実婚を含む)していない者
     【みなし寡婦控除の対象】
  2. 婚姻によらずに母となっており、婚姻歴がなく、子を税法上扶養している、婚姻(事実婚を含む)していない者。ただし、母の合計所得金額が、500万円以下に限る。
     【みなし特別寡婦控除の対象】
  3. 婚姻によらずに父となっており、婚姻歴がなく、生計を一にする子(合計所得金額が38万円以下で、他の人の扶養配偶者や扶養親族となっていない場合に限る。)がいる、婚姻(事実婚を含む)していない者。ただし、父の合計所得金額が、500万円以下に限る。
     【みなし寡夫控除の対象】

※婚姻届はなく現に事実上の婚姻と同様の事情にある方、税法上の寡婦(夫)控除を受けられている方は対象外です。

控除額

 税法上の寡婦(夫)控除の額に準じます。

区分 寡婦控除 特別寡婦控除 寡夫控除
対象者
合計所得金額 制限なし 500万円以下 500万円以下
住民税の控除額 26万円 30万円 26万円
所得税の控除額 27万円 35万円 27万円

実施時期

 申請開始日 平成29年7月1日

対象事業と申請窓口等

申請方法

 申請する場合には、1つの窓口で、複数の事業について、申請をすることができます。

申請に必要なもの

  1. 申請書 (PDF:159KB)
  2. 未婚の母又は未婚の父及び子の戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)
  3. 印鑑(朱肉使用のもの)
    ※2.は、有効期間内の児童扶養手当証書の写しでも代用可能
    ※2.は、発行後3か月以内のもの
    ※このほか必要に応じて、みなし適用に必要な書類の提出を求める場合があります。


このページに関するお問い合わせはこちらまでどうぞ。
子育て支援課 (本庁1階)
電話:0994-31-1134 FAX:0994-44-2494
E-mail:kosodate@e-kanoya.net

 命の息吹 | 保健福祉制度 | 支援施設 | 支援制度 | 育児参加 | 公園紹介 | 公園一覧| 産婦人科一覧| 小児科一覧| 相談窓口| 子育てリンク集