トップへ | サイトマップ

児童虐待の相談・通報


児童虐待の定義

 児童虐待とは、保護者等がその監護する児童に対し、次に掲げる行為をすることです。

身体的虐待 児童の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある暴行を加えること。
(例)殴る、蹴る、叩く、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める など
性的虐待 児童にわいせつな行為をすること又は児童をしてわいせつな行為をさせること。
(例)子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、ポルノグラフィの被写体にする など
ネグレクト 児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食又は長時間の放置、保護者以外の同居人による暴行・わいせつ行為等の放置など保護者としての監護を著しく怠ること。
(例)適切な食事を与えない、衣服など長期間不衛生なままにする、登校・登園をさせない、重大な病気になっても病院に連れていかない、乳幼児を残したまま度々外出する など
心理的虐待 児童に対する暴言などで、著しい心理的外傷を与える言動を行うこと。
(例)言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス:DV)、きょうだいに虐待行為を行う など


このようなときは連絡・相談してください

「あの子、もしかしたら虐待を受けているのかしら」

「子育てが辛くつい子どもに当たってしまう」

「近くに子育てに悩んでいる人がいる」

 児童虐待防止法では、虐待を受けている子どもに気付いたときはもちろん、「虐待を受けたのでは」と疑われる場合も通告することが義務付けられています。連絡(通告)した人の秘密は法律で守られています。
 「虐待では」と感じたときは、勇気をもって連絡(通告)や相談をしてください。


連絡・相談先

鹿屋市家庭児童相談室 〒893-8501 鹿児島県鹿屋市共栄町20番1号
電話 0994−43−2111(内線3186)
大隅児童相談所 〒893-0011 鹿屋市打馬2丁目16番6号
電話 0994−43−7011
児童相談所全国共通ダイヤル 発信した電話の市内局番等から当該地域を特定し、管轄の児童相談所に電話を転送します。
電話 189


国の児童虐待防止対策



お問合せ
 子育て支援課 児童家庭係
 電話:0994−31-1134
 E-mail:kosodate@e-kanoya.net

命の息吹 | 保健福祉制度 | 支援施設 | 支援制度 | 育児参加 | 公園紹介 | 公園一覧| 産婦人科一覧| 小児科一覧| 相談窓口| 子育てリンク集