トップへ | サイトマップ

介護保険料

高齢福祉課

 40歳以上の方が加入する介護保険は、加入者からの保険料と、国・鹿児島県・鹿屋市からの公費を財源として運営されます。加入者が介護を必要とするときに、介護サービスを利用する費用に充てることで、加入者とその家族を支えます。介護保険制度では、介護保険事業計画を3年ごとに見直すこととなっています。


介護保険の財源(保険給付分)

 サービス給付に必要な財源は、保険料が5割・公費が5割となっています。一人ひとりの保険料が鹿屋市の介護保険を支えていますので、保険料の納付にぜひご協力ください。

保険料(50%) 公費(50%)
第1号被保険者(65歳以上)
の保険料
第2号被保険者(40〜64歳)
の保険料
鹿屋市
の負担金
鹿児島県
の負担金

の負担金
23% 27% 12.5% 12.5% 25%


介護保険料

第1号被保険者(65歳以上の方)の保険料額の決定方法
 3年間毎に、高齢者数や介護認定率、新しいサービス整備計画等の見込みから、3年間の介護保険サービス給付の計画額を算定し、高齢者数と負担割合で割り戻して月額基準額を算出します。  
 介護サービスを使うだけ介護保険料は上昇する仕組みになっていますが、鹿屋市の介護保険料は全国や県の平均と比較しても高いことから、介護予防等の充実に取組んでいます。



段階別介護保険料額(平成30年度〜平成32年度)
 月額基準額から所得段階に応じて、次のとおり年間の保険料額が決定されます。
所得段階 対象者 保険料率 年間保険料額
第1段階
  • 生活保護被保険者等
  • 世帯全員が市町村民税非課税で、前年の合計所得金額+課税年金収入額が80万円以下の人
基準額×0.45 34,722円
第2段階 世帯全員が市町村民税非課税で、前年の合計所得金額+課税年金収入額が80万円超120万円以下の人 基準額×0.75 57,870円
第3段階 世帯全員が市町村民税非課税で、前年の合計所得金額+課税年金収入額が120万円超の人 基準額×0.75 57,870円
第4段階 本人が市町村民税非課税で(世帯に課税者がいる)、前年の合計所得金額+課税年金収入額が80万円以下の人 基準額×0.9 69,444円
第5段階 本人が市町村民税非課税で(世帯に課税者がいる)、前年の合計所得金額+課税年金収入額が80万円超の人 基準額 77,160円
第6段階 本人が市町村民税課税で、前年の合計所得金額が120万円未満の人 基準額×1.2 92,592円
第7段階 本人が市町村民税課税で、前年の合計所得金額が120万円以上200万円未満の人 基準額×1.3 100,308円
第8段階 本人が市町村民税課税で、前年の合計所得金額が200万円以上300万円未満の人 基準額×1.5 115,740円
第9段階 本人が市町村民税課税で、前年の合計所得金額が300万円以上の人 基準額×1.7 131,172円

第1号被保険者(65歳以上の方)の保険料の納入方法
 所得に応じて決められた保険料を年金からの天引き(特別徴収)あるいは、納付書または口座振替(普通徴収)で市に納付していただきます。  
 なお、普通徴収の納期については、8期(7月〜翌年2月)となります。

第2号被保険者(40歳〜64歳までの方)の保険料
国民健康保険や職場の健康保険など、加入している医療保険ごとの算定方式で決まります。



介護保険料を納めないでいると

            

 介護保険料を納めないでいると、財産の差押さえなどの滞納処分のほか、滞納期間によって以下のような措置がとられることがあります。

1年以上滞納すると・・・
 利用したサービス費用をいったん全額自己負担しなければなりません。後日、申請により保険給付分(費用の9割)が払い戻されます。
1年6か月以上滞納すると・・・
 利用したサービス費用はいったん全額自己負担し、後日、保険給付分の払戻しを申請しても、一部又は全部が一時的に差し止められます。
2年以上滞納すると・・・
 保険料を納めていない期間に応じて、利用者負担が3割に引き上げられます。また、高額介護サービス費等の制度適用も受けられなくなります。


お問合せ
鹿屋市役所 高齢福祉課 介護保険係
電話:0994-43-2111(内線3185) FAX:0994-41-0701
E-mail:kourei@e-kanoya.net