トップへ | サイトマップ

救急時の対応及び情報提供カード作成手順マニュアル


 入所者の尊いいのちを救うために、高齢者入所施設等からの救急搬送時における「情報提供カード」についてご理解・ご協力をお願いします。


 救急時の対応及び情報提供カード作成マニュアルを作成しました。

 近年の高齢者入所施設等における救急搬送の増加を受け、救急時に施設入所者を、速やかにかつ適切に医療機関に搬送できるように、高齢者入所施設等の事業者と 大隅肝属地区消防組合、鹿屋市医師会、鹿屋市が連携して救急隊への「情報提供カード」を作成しました。



救急搬送の現状



  • 救急件数は平成14年から平成23年までの約10年で1,594件増加し、その多く(1,150件)を占めるのが、急病による救急搬送です。
  • 急病者の多くは、高齢者であり、また、約70%は3週間以上の入院を要する中度以上の傷病程度です。
  • 今後、一人暮らし高齢者や高齢者夫婦世帯の増加に伴い、傷病の悪化による救急搬送はますます増加することが予想されます。
  • 近年鹿屋市内で、グループホームや有料老人ホーム等の施設が大幅に増加したことで、施設等で生活を送る高齢者も増加しました。 施設入所者等の救急搬送時には多くの課題があり、施設や消防また救急救命にあたる医療機関との連携はとても重要になります。


連絡会議の設置及び合同会議の実施


 鹿屋市では、このような状況を踏まえ、救急業務の適正化、潤滑化を図ることを目的とした「高齢者入所施設等における救急搬送連絡会議」を立ち上げ、 鹿屋市医師会、大隅肝属地区消防組合、保健福祉関係者とともに連携強化に取り組んでいます。
 また、高齢者入所施設職員との合同会議を開催し、救急搬送時の連携についてのご理解・ご協力をお願いしました。



救急時の対応及び情報提供カード作成手順マニュアルの作成


 すでに入所している方、また今後、施設入所される方に対して、施設から「情報提供カード」へのご理解とご協力について説明が行われます。 これは、入所高齢者の病歴や薬剤情報、かかりつけ医等の情報を「情報提供カード」に記載しておき、救急時、「救急救命」に資するため「情報提供カード」を活用していただくために お願いするものです。
 市民のみなさまのご理解とご協力をお願いします。




お問合せ
鹿屋市役所 高齢福祉課 地域包括ケア推進室
電話:0994-43-2111(内線5800) FAX:0994-45-6884
E-mail:kourei@e-kanoya.net