トップへ | サイトマップ

Q&A

高齢福祉課

 各事業者の方々からいただいたご質問についてQ&Aとしてまとめましたので、日々の円滑な業務にご活用下さい。
 なお、使用にあたっては以下の点にご注意下さい。

  1. 回答内容は平成29年12月現在のものです。
  2. 回答内容は、必要に応じて修正、追加を行いますので、適宜ご確認下さい。
  3. 回答の中に、鹿屋市が独自に判断しているものが含まれています。他市町村の被保険者については各保険者の判断になりますので、それぞれの市町村にご確認下さい。
  4. 回答内容に疑義がある場合は、高齢福祉課給付管理係へお問合せ下さい。

Q.29 親族利用者のケアマネジャー担当は可能か
Q.28 介護職員処遇改善加算について
Q.27 認定有効期間の半数を超える短期入所サービス利用届書について
Q.26 訪問介護の入浴介助のサービス提供時に医療保険の訪問看護が算定可能か
Q.25 精神科デイケア(週3回)と介護保険におけるデイケア(週1回)の併用について
Q.24 ショートステイ利用同日、入所前に居宅管理指導療養が算定できるか。
Q.23 更新月の軽度者の福祉用具貸与の例外給付の理由書の提出について
Q.22 一人の利用者に複数の訪問介護事業所を利用することが可能か
Q.21 デイサービス提供日に同じ建物内にある有料老人ホームの看護師が、デイサービスの業務を行うことについて
Q.20 デイサービスの利用予定者の取扱と人員配置について
Q.19 地域密着型通所介護の生活相談員の人員基準について
Q.18 小規模多機能型居宅介護の訪問サービスの取扱いについて
Q.17 地域密着型通所介護事業所における屋外サービスの提供について
Q.16 認知症専門ケア加算について
Q.15 身寄りのない利用者について
Q.14 補高便座の購入(福祉用具購入)について
Q.13 車椅子と歩行器を同時に借りることはできるか。
Q.12 通所リハビリテーション利用中に、看護師の注射によるインスリン投与(医療行為)を行うことができるか。
Q.11 通所介護を短縮して病院受診することは可能か。
Q.10 個別機能訓練加算(U)について
Q.9 緊急避難所について
Q.8 認知症加算及び個別機能訓練加算について
Q.7 月の途中からの訪問リハビリと通所リハビリの併用について
Q.6 訪問看護の回数が増えるにあたり、サービス担当者会議を開催しなければならないか。
Q.5 訪問看護の緊急時訪問看護加算の算定について
Q.4 訪問看護利用者が有料老人ホームへ宿泊するときの取り扱いについて
Q.3 2時間未満間隔の合算算定について
Q.2 早退に係る報酬取扱
Q.1 新規申請時暫定プラン


お問合せ
鹿屋市役所 高齢福祉課 給付管理係
電話:0994-43-2111(内線3194) FAX:0994-41-0701
E-mail:kourei@e-kanoya.net