トップへ | サイトマップ

介護予防・生活支援サービス(総合事業)

高齢福祉課


 平成29年4月1日から始まった鹿屋市の「介護予防・生活支援サービス」を紹介します。


介護予防・生活支援サービスとは

 団塊の世代が75歳以上となる平成37(2025)年に向けて、医療や介護等の専門職によるサービスの強化に加え、在宅生活の前提である調理、買い物、 掃除などの生活支援を確保する必要があります。
 総合事業は、平成26年の「地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律」により、市町村での導入が義務付けられており、住み慣れた地域で暮らし続けることができるよう、地域の実情に応じて、医療や介護、予防、住まい、生活支援を包括的に提供する仕組み(地域包括ケアシステム)を構築し、高齢者自身の介護予防、生活支援、社会参加の活動を融合して進めるものです。

総合事業パンフレット




介護予防・生活支援サービスの導入方針

利用者、事業者の混乱が生じないよう円滑な移行に努めます
 要支援認定者のうち、介護職による専門的な「訪問介護」、「通所介護」サービスを必要とする人には、現行の相当サービスを継続して提供します。
緩和型サービスを段階的に拡充します
 鹿屋市独自の事業として、緩和型の訪問サービス、筋力向上を目的とした通所型サービスを新たに導入します。また、ボランティア等を担い手とする一層の緩和型の支援サービスの導入を目指し、既存事業の見直しや高齢者等のボランティア団体の育成に努めます。
個別支援に努めます
 持続的な自立生活を目標に、ケアプランの作成、モニタリングに努めます。



利用手続き

利用対象者
 要支援1・2、チェックリスト該当者
申請
 窓口受付の際、対象者確認票により総合事業の対象となるか確認を行います。その後、総合事業の提供を要すると思われる場合は、基本チェックリストを行い、対象者になるか判断します。
申請・相談窓口
 鹿屋市役所高齢福祉課介護保険係/鹿屋市地域包括支援センター
 総合支所住民サービス課(本人・家族申請に限る)
介護予防ケアプランの作成
 総合事業対象者となってサービスを利用する場合は、鹿屋市地域包括支援センターの担当者と相談し、利用するサービスを選択します。
 その後、センターの担当者がケアプランを作成して鹿屋市に提出します。鹿屋市地域包括支援センターの連絡先は、認定結果通知書にも同封しています。



サービスメニュー

介護予防訪問介護相当サービス

内容 ホームヘルパーによる身体介護、生活援助
サービス単価 要支援1 訪問T(週1回、1回当たり45分)11,680円/月、2,660円/回
要支援2 訪問U(週2回、1回当たり45分)23,350円/月、2,700円/回
要支援2 訪問V(週3回、1回当たり45分)37,040円/月、2,850円/回
利用者負担 サービス費用の1割又は2割
サービス提供者 介護予防訪問介護の指定事業所

介護予防通所介護相当サービス

内容 通所介護施設(送迎あり)における食事や入浴等の日常生活上の支援
サービス単価 要支援1 (おおむね週1回)16,470円/月、3,780円/回
要支援2 (おおむね週2回)33,770円/月、3,890円/回
利用者負担 サービス費用の1割又は2割
サービス提供者 介護予防通所介護の指定事業所

訪問型サービスA

内容 ホームヘルパー以外の訪問員による買物代行、調理、洗濯、清掃
サービス単価 週1回、1回当たり45分 1,200円
利用者負担 200円(定額)
サービス提供者 鹿屋市シルバー人材センター

通所型サービスC

内容 事業所等で機器を使用した筋力向上トレーニング(送迎あり)
週2回×15週(全30回)、1回当たり90分
サービス単価 3,300円
利用者負担 300円(定額)
サービス提供者 市内4事業所(碧仁会、青仁会、橋元、紘徳会)


お問合せ
鹿屋市役所 高齢福祉課 介護保険係
電話:0994-43-2111(内線3185) FAX:0994-41-0701
E-mail:kourei@e-kanoya.net