トップへ | サイトマップ

トップ > 各課のページ > 教育総務課 > 教育委員会の沿革

教育委員会の沿革


教育委員会発足の経緯

昭和27年11月、市町村教育委員会の発足に伴い本市も教育委員会を設置し、事務局に総務課(平成15年4月に教育総務課に改称)、学校教育課、杜会教育課の三課を置き、専門的にその行政にあたってきました。

昭和31年10月、「地方教育行政の組織及ぴ運営に関する法律」が施行され、現在の教育委員会が発足しました。
 その後、昭和38年4月に新たに体育保健課(平成6年4月に市民スポーツ課に改称)を設置しました。

また、平成18年1月1日には、市町村合併特例法に基づき、鹿屋市、曽於郡輝北町、肝属郡串良町ならびに同郡吾平町と合併し、新たに「保健体育課」「文化課」を新設しました。

さらに、平成20年4月1日からの組織機構見直しによる、「保健体育課」を「学校教育課」へ統合と、平成23年4月に「社会教育課」と「文化課」を統合し、「生涯学習課」を設置し、今日に至っています。

これまで、学校の設置・管理や校舎等の施設設備、体育・スポーツの振興、文化の振興を図るとともに、生涯学習や英語によるコミュニケーション能力の向上を図り、国際化に対応できる人材の育成を図るなど、時代の要請や地域の実情に対応した教育行政の推進に努めています。



このページに関するお問い合わせはこちらまでどうぞ。
鹿屋市教育委員会 教育総務課(本庁6階)
電話:0994-31-1136 FAX:0994-41-2935
E-mail:kyouikusoumu@e-kanoya.net