トップへ | サイトマップ

「“行動する鹿屋市農業委員会”の確立に向けた取組方針」を定めました

平成24年9月30日鹿屋市農業委員会総会で決定

農業委員会事務局トップページ

 鹿屋市農業委員会では、平成24年8月に改選がなされ、選挙委員はこれまでよりも10名減となり、選任委員の10名と合わせて40名でスタートし、 木塲夏芳会長が就任挨拶で鹿屋市農業委員会における運営方針を述べられました。
 一方、全国農業会議所では、平成23年2月に農業委員会系統組織活動改革プログラムを策定され、その内容は、農業者の代表として、 取組の検証・評価を行いつつ、組織自らの活動・組織の改革に取り組み、行動する農業委員会として、「目に見える実践活動」をより一層強力に展開していくこととしています。
 このようなことから、鹿屋市農業委員会では“行動する鹿屋市農業委員会”として、実効性ある活動・業務等を確立するために、次の具体的な取組事項を内容とする 「“行動する鹿屋市農業委員会”の確立に向けた取組方針」を定めましたので、今後も農業者をはじめ、市民の方々のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

具体的な取組事項

項目 取組事項 内容
(1)委員の規範等の確立 鹿屋市農業委員憲章の制定 農業委員活動の規範となる憲章を制定する。
鹿屋市農業委員会規則の一部改正 委員の品格等について規律に関する条文を追加する。
委員表示看板の設置 PRも兼ね、地域に浸透した相談活動の案内板を設置する。
(2)委員業務の充実強化 農業委員会活動の点検・評価及び目標とその達成に向けた活動計画の策定 委員活動結果の点検・評価を行い、翌年度の活動計画を作成する。
②費用弁償、報償費支給範囲の見直し 所有権移転協議等についての報償費支給等を検討する。
意見の公表及び行政庁に対する建議 農業委員会等に関する法律第6条第3項に規定する建議を行う。
④遊休農地の発生防止と解消対策の強化 遊休農地台帳・分布図等を作成して解消に努める。
⑤集落内の世話役活動の強化 農家農地相談等の世話役活動を実施する。
各地域の農業まつりへの参加 各市町の農業まつりに参加し、農業委員会の業務や活動内容等をPRする。
(3)委員の資質向上 実践・専門研修の実施 総会時に併せて研修会を1四半期に1回程度実施する。
先進地視察研修の実施 研修項目を特化し先進地視察研修を実施する。(任期中に各委員1回参加)
広報紙「農業委員会だより」の充実 農業委員会だよりの編集に委員も参画する。
④会長等が出席した主要な会議結果の報告 総会において、出席した会議の概要等を報告する。
(4)事務局業務の充実強化 鹿屋市農地基本台帳管理規程(仮称)の制定 情報管理、保守管理等を内容とする規程を整備する。
②年度版鹿屋市農業委員会の概要の編集・発行 農業委員会の業務内容全般について紹介する年度版を編集・発行する。
③選挙人登載名簿申請書の提出率の改善 例年、農業委員会への提出率が低下しているため改善策を検討する。
④ホームページの更新 最新の情報を積極的に提供する。

お問合せ
鹿屋市 農業委員会事務局(鹿屋市役所6階)
 〒893-8501 鹿児島県鹿屋市共栄町20番1号
 TEL:0994-31-1131 FAX:0994-41-2935
 E-mail:nougyou@e-kanoya.net