トップへ | サイトマップ

平成30年秋の農作業事故ゼロ運動

農林水産課トップページへ

 農業では全国で年間300件を超える死亡事故が発生しています。
 鹿児島県でも平成30年に既に7件の農作業死亡事故が発生しています。(平成30年6月30日現在)
 秋は、稲刈りやさつまいもの収穫、野菜の植付準備など農作業が忙しくなりますので、農作業事故を起こさないよう安全対策に努めましょう。

平成30年 秋の農作業事故ゼロ運動スローガン

「まずはワンチェック、ワンアクションで農作業安全」

農作業事故防止7箇条
  1. あなたの「普通」は危険かも!?作業環境を確認しよう。
  2. 未来の農業経営のために労災保険に加入しよう。
  3. 近くても、携帯電話を持ち歩き、はずみで飛び出ない工夫をしよう。
  4. 作業にあった服装と保護具を着用しよう。
    特に頭部へのダメージは致命的。マイヘルメットを着用しよう。
  5. 機械を清掃や点検整備する前に、必ずエンジンを止めよう。
  6. トラクタに乗るときは、安全フレームを装着し、シートベルトを着用しよう。
    ブレーキの連結は、耕耘後、昇降路の手前でロックしよう。
  7. 耕耘機でバックする前に、必ず後ろを確認しよう。
参考資料
  1. 秋の農作業事故ゼロ運動(PDF:211KB)
  2. チラシ(PDF:295KB)


お問合せ
鹿屋市役所 農林水産課 生産流通係
 TEL:0994-31-1117