トップへ | サイトマップ

トビイロウンカの防除について 〜普通期水稲作付農家の皆様へ〜

農林水産課

 水稲の重要害虫であるトビイロウンカが今後大量に発生するおそれがあります。防除を実施していない水田は、坪枯れ等の危険があるため防除対策をとる等、十分注意してください。

トビイロウンカとは
 中国大陸やフィリピンから飛び立ち、梅雨前線に吹き込む季節風に乗って日本に飛来し稲を加害する害虫です。
 大量のトビイロウンカが加害すると、稲が坪状に枯れることがあります。繁殖力が強いため、大量に飛来する年には、特に防除の徹底が必要となります。

防除対策及び防除上注意すべき事項
発生状況は地域や水田によって差があるので、防除にあたっては水田毎に確認する。
中〜晩生品種では収穫期まで期間が長く、坪枯れの危険性が高いことから、特に注意する。
これまでに防除を行った水田でも、依然として発生密度の高い水田が認められているので、
 水田の中まで入って発生状況を確認し、発生を認めた場合は早急に防除する。
本虫は稲の株元に生息するので、粉剤や液剤を使用する場合は、薬剤が株元に十分届くよう
 散布する。
薬剤散布にあたっては、農薬の使用基準を遵守し、薬剤の飛散に十分注意する。
平成29年トビイロウンカ防除適期
  8月5日〜8月10日
  9月5日〜9月10日
※飛来時期により防除適期は毎年異なります。


トビイロウンカ成虫 トビイロウンカ成虫
成虫 成虫
トビイロウンカ被害
トビイロウンカによる坪枯れ         株元の幼虫寄生状況

引用文献
「水稲栽培技術指針」  鹿児島県
          鹿児島県米・麦・大豆等生産対策協議会

問合せ先

 鹿屋市役所   農林水産課 TEL:0994-31-1117
 串良総合支所 産業建設課 TEL:0994-63-3114
 吾平総合支所 産業建設課 TEL:0994-58-7257
 輝北総合支所 産業建設課 TEL:099-486-1111