トップへ | サイトマップ

狂犬病予防注射について


狂犬病予防注射について

 生後91日以上の犬は、狂犬病予防法により、毎年狂犬病の予防注射を受けなければいけません。

予防注射接種方法

狂犬病予防集合注射(未接種)日程
鹿屋市が委託している動物病院

鹿屋市が委託している以下の動物病院でなら、動物病院の開業時間内にいつでも予防注射を受けることができます。

平成29年度 鹿屋市が委託している動物病院 (PDF:306KB)

必要なもの
  • 予防接種費用(3,400円)
    ※費用の内訳(注射料2,850円、注射済票交付手数料550円)
  • 予防注射通知書(登録している場合は、毎年送付されます。)
その他

犬を制御できる人が連れてきてください。
病気や妊娠などで普段と違う状態の犬は、かかりつけの動物病院に御相談の上、注射を受けさせてください。

犬に予防注射を受けさせていない場合は、20万円以下の罰金が科せられることがあります。
予防注射を受けさせていない犬を飼っている方は、必ず狂犬病予防注射を受けさせましょう。



お問合せ
鹿屋市役所 生活環境課(本庁5階)
電話:0994-31-1115 FAX:0994-31-1172
E-mail:seikatsu@e-kanoya.net