トップへ | サイトマップ

ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の保管状況等届出書の県への提出及び処理の促進について (平成28年4月21日現在)


ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の保管状況等届出書の県への提出やPCB廃棄物の処理はお済みですか。

 ポリ塩化ビフェニル(PCB)含有機器の保管事業者は、ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法により、PCB廃棄物の保管及び処分の状況を県へ届け出ることが義務付けられております。 また、政令で定める期間内に処分を行わなくてはなりません。

 県内の事業者が保管する高濃度PCB廃棄物は、中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)北九州事業所で処理することとなっており、高圧トランス・コンデンサ等は平成31年3月まで、安定器等・汚染物は平成34年3月までと期日が定められております。 まだ処理がお済みでない事業者の方は、早急な処理手続きをお願いいたします。

 詳しくは、鹿児島県ホームページ「ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の適正な処理に向けて」をご確認ください。



お問合せ
鹿児島県環境林務部
廃棄物・リサイクル対策課
産業廃棄物係
電話:099-286-2596 FAX:099-286-5545
E-mail:emsangyo@pref.kagoshima.lg.jp