トップへ | サイトマップ

ペットの災害対策

生活環境課

 災害時、ペットと一緒に避難する時の準備はできていますか?

 災害は突然起こります。日常からの心構えと備えが大切です!!

まずは飼い主さんの安全

 災害時に動物を守るために、まずは飼い主さんが無事でいることが大切です。落ち着いて、自分と動物の安全を守りましょう。


日頃からのしつけ

 災害時は人も動物も大きなストレスを感じています。パニックになり普段とは違う行動をとることがあります。スムーズに避難できるように、普段から最低限のしつけやゲージ等に慣れておくようにしましょう。
 避難所においても他の方の迷惑にならないようにすることが必要です。
 ケージに入るのを嫌がらない、ケージでおとなしくしていられるようにしましょう。


健康管理

 避難所では他の動物と同じ空間で暮らすことになります。物資の不足や、衛生を確保することが難しい場合もあるため、日頃からワクチン接種を受け、病気の予防をしておきましょう。また、ノミ・ダニ等の定期的な駆除を行っておきましょう。
 なお、病気を持つペットの場合は、動物病院から処方された薬も持ち出しましょう。


迷子札をつけましょう

ペットに迷い札をつけましょう

 飼い主の連絡先を記した「迷子札」をつけましょう。室内飼いの場合でも、開いた扉から逃げ出したりして飼い主が分からなくなってしまう場合があります。災害はいつおこるか分からないため、常に迷子札や首輪等をつけるようにしましょう。犬の場合は鑑札や注射済票をつけるようにしましょう。
 迷子の間に首輪がとれてしまう可能性もあるため、マイクロチップを埋め込むこといった対策も行いましょう。マイクロチップの埋め込みは獣医師の先生にご相談ください。


その他の備え

住まいの防災対策
家具等の転倒防止対策は飼い主だけでなく、犬や猫も守るための対策です。

防災用品
ペットと無事に同行避難できても、避難所では物資が不足する事態も考えられます。
環境省ではペットのために最低5日分の食事などを準備するように推奨しています。

家族の話し合い
緊急時の避難について、日頃から家族で話し合っておきましょう。

参考(環境省リーフレット)



お問合せ
鹿屋市 生活環境課(本庁5階)
電話:0994-31-1115 FAX:0994-31-1172
E-mail:seikatsu@e-kanoya.net