トップへ | サイトマップ

鹿屋市の大気汚染物質の常時監視について


 鹿児島県では、鹿屋市を含む19箇所で、PM2.5を含む大気汚染物質の自動測定機による24時間連続監視・測定をしており、 この結果等については、ホームページで公開しています。
 「大気環境情報」は、微小粒子状物質(PM2.5)、光化学オキシダント(Ox)、二酸化硫黄(SO2)、二酸化窒素(NO2)、浮遊粒子状物質(SPM)の常時監視測定結果について 掲載されていますので、ご活用ください。
 また、微小粒子状物質(PM2.5)については、県内10局(うち4局は、鹿児島市)で測定しております。 いずれかの測定局の午前5時から7時までの1時間値の平均値が85マイクログラム毎立方メートルを越えた場合、または、 いずれかの測定局の午前5時から12時までの1時間値の平均値80マイクログラム毎立方メートルを超えた場合、暫定指針 である日平均値70マイクログラム毎立方メートルを超過すると予測されるため 適宜、注意情報の発表がされますので、「微小粒子状物質(PM2.5)に関する注意情報について」をご確認ください。

 なお、このホームページの情報に関し、不明な点は、鹿児島県環境林務部環境保全課へお問い合わせください。



お問合せ
鹿児島県環境林務部環境保全課
電話:099-286-2627(直通)