メニューへ | トップへ | サイトマップ

更生保護





人権  | 人権擁護委員 | 更生保護 | 総合相談




サポートセンターを開設しました

肝属地区の保護司の活動拠点として、保護観察対象者の面接や指導などにあたる更生保護サポートセンターが、平成24年8月1日、鹿屋市社会福祉会館内に開設しました。鹿児島県内では、霧島市に開所した姶良保護区に続き2カ所目です。保護司が常駐しており、一般の方からの犯罪や非行の相談にも応じています。

  • 正式名称 肝属保護区更生保護サポートセンター
  • 所在地 鹿屋市向江町29番2号 鹿屋市社会福祉会館本所内
  • 開設日時 平日10時〜16時
  • 電話番号 0994-41-0103





更生保護・保護司

保護司は、地域の安全・安心に貢献するため、保護司法(昭和25年法律204号)に基づき法務大臣が委嘱した更生保護のボランティアです。犯罪や非行をした人の更生支援、犯罪予防の活動に取り組んでいます。
 鹿屋市内では、43人の保護司が委嘱され(平成27年4月1日現在)、肝属保護区保護司会鹿屋支部に所属し、更生支援のほか下のような活動に取り組んでいます。
 また、鹿屋市更生保護女性会は、更生保護の趣旨に賛同した女性が加入・協力するボランティア団体で約60人が加入しており、保護司会活動への協力、共同募金、年末助け合い協力・施設訪問などに取り組んでいます。
 鹿屋市でも両団体に補助金を支給し、それぞれの活動を支援しています。



  • 「社会を明るくする運動」や各種関係機関との連携による犯罪予防活動の推進
  • 学校教育機関との連携による児童生徒、青少年の健全育成の支援
  • ハローワークとの連携や地域の協力事業所の掘り起こしなど、無職対象者への就労支援事業の活用

■保護司会鹿屋支部・鹿屋市更生保護女性会の会員数(各年度当初)

年度 保護司会鹿屋支部 鹿屋市更生保護女性会
平成29年度 42名 60名
平成28年度 43名 62名
平成27年度 43名 60名
平成26年度 44名 68名
平成25年度 44名 65名
平成24年度 46名 63名
平成23年度 46名 52名
平成22年度 45名 60名




7月は「社会を明るくする運動」月間です

「社会を明るくする運動」は、すべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場から犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動です。
 犯罪や非行をする人がいない。あやまちからの立ち直りを支える地域をつくる。そのためには、地域の人達の関わりが欠かせません。鹿屋市でも7月1日に、更生保護司会の方々を運動の出発式を実施。 チラシ配布などの活動を始めました。多くの方々に一緒に考え、参加して頂きたいと願っています。


法務省 “社会を明るくする運動” (別ウィンドウが開きます)




関連リンク(別ウィンドウが開きます)

鹿児島保護観察所



お問い合わせ
〒893-8501
 鹿児島県鹿屋市共栄町20番1号
 鹿屋市役所 市民課 
TEL:0994-31-1114
 E-mail:shimin@e-kanoya.net