トップへ | サイトマップ

外来植物「メリケントキンソウ」にご注意ください!

市民スポーツ課

  • 果実(種子)に鋭いトゲがあります。手を着いたり座ったりする際に充分にご注意ください。
  • 該当施設(スポーツ施設、公園等)へ出入りの際は靴底等を注意深く確認してください。
  • 万が一靴底等に付着した場合は、種子を取り除き処分するなど繁殖拡大防止にご協力ください。

メリケントキンソウとは

概要 キク科 一年草(原産地 南アメリカ)
発芽 一般的に秋(10月ごろ)、ときに春(3月ごろ)
開花 4〜5月(直径は10mm程度で薄い黄色)
結実 5〜6月(危険な時期)
生育地 公園、路傍、空き地、芝生、家庭の庭など地肌が見える明るい場所
高さ 5〜10cm(草が混み合う場所では高くなる)
特徴 小さな草で、明るい緑色をしている。枝を出すが、競争相手がいないと横に広がり、混み合う場所では高くなる。 枝に花をつけるのが大きな特徴で、よく似たシマトキンソウは枝を出さず、地際に花をつける。果実には2mmくらいのトゲがあり、これが肌を刺す。 果実は熟すとバラバラになりやすく、靴などに刺さり広がっていく。



駆除対策等

  鹿屋市では、被害の発生を未然に防止するため、繁殖状況の実態把握に努めるとともに、施設ごとの状況に応じた駆除対策等を随時行って参ります。なお、スポーツ施設や公園等においては、除草剤の散布により利用を制限する場合がありますが、ご協力をお願いします。
 ※除草剤は人畜無害のものを使用します。




このページに関するお問い合わせはこちら
 鹿屋市役所 市民スポーツ課(本庁5階)
 Tel:0994-31-1139 Fax:0994-31-1172
 E-mail:sports@e-kanoya.net