トップへ | サイトマップ

鹿屋市若年者等雇用奨励金交付制度

商工振興課

 市では、国のトライアル雇用事業(トライアル雇用事業:厚生労働省のサイト)により雇用した若年者等を引続き雇用した事業主に対し、奨励金を交付します。

対象者

 国のトライアル雇用事業により、試行的に雇用した市内の若年者等を、市内の事業所において、引続き常用雇用者(雇用保険の対象となる者)として3ヶ月以上雇用した事業主


奨励金の額及び期間

  • 補助金額
     対象となる若年者等1人につき、1月あたりの賃金の2分の1以内の額とし、1月あたり3万円を限度とする。
     ただし、障害者の場合は1月あたり5万円を限度とする。
  • 補助期間
     事業主が若年者等を常用雇用者として雇用を始めた日から3ヶ月

申請方法

 トライアル雇用期間終了後、次の書類を市に提出してください。


  1. トライアル雇用期間終了後、常用雇用を開始した日から2ヶ月以内:

    鹿屋市若年者等雇用奨励金雇用通知書(様式1)[ Word(32KB) | PDF(36KB) ]の提出

    ※添付書類
    • トライアル雇用実施計画書の写し(公共職業安定書の受理印のあるもの)
  2. トライアル雇用期間終了後、常用雇用を開始した日か3ヶ月経過後、2ヶ月以内:

    鹿屋市若年者等雇用奨励金交付申請書(様式2)[ Word(31KB) | PDF(39KB) ]の提出

    ※添付書類
    • トライアル雇用結果報告書の写し(公共職業安定所の受理印のあるもの)
    • 試行雇用奨励金支給決定通知書の写し
    • 若年者等の勤務先を証明する書類(様式3)[ Word(30KB) | PDF(16KB) ]
    • 若年者等の雇用保険被保険者資格取得等確認通知書の写し
    • 若年者等への賃金支払いが確認できる賃金台帳等の写し
       (トライアル雇用期間の3ヶ月分及び、常用雇用期間に移行してからの3ヶ月分)
    • 若年者等の出勤状況が確認できる出勤簿等の写し
       (トライアル雇用期間の3ヶ月分及び、常用雇用期間に移行してからの3ヶ月分)
    • 申請者の市税納税証明書の写し

申請書等提出について

☆例:トライアル雇用期間が『4月1日〜6月30日まで』の場合

申請書提出のためのイメージ


  1. 『鹿屋市若年者等雇用奨励金雇用通知書』の提出
       (提出期限:7月1日〜8月31日まで)
       ※1 常用雇用を開始した日から2ヶ月以内
  2. 『鹿屋市若年者等雇用奨励金交付申請書』の提出
       (移出期限:10月1日〜11月30日まで)
       ※2 常用雇用を開始した日から3ヶ月経過後、2ヶ月以内