大隅中央合併協議会 構成市町

市町村合併について(5/7)-心配なことと、その対策は?

Q.中心部だけが発展することになりませんか?

地域の特色を活かす

合併前の話し合いの場で、将来のまちづくりや土地の利用計画などを決めていくので、それぞれの地域の特色を活かすことができます。また、合併後は、旧市町ごとにつくることができる「地域審議会」という組織で、新市が地域間の格差なく事業を実施しているかどうかチェックすることができます。

Q.市役所・役場が遠くなり、不便になるのでは?

変わりないサービス

合併前の役場や支所の建物は、合併後も支所や出張所として活用され、届け出など住民の窓口サービスは今までと変わりなく受けられます。また、学校は、通学区域が見直されることで、自宅からより近い学校に通うことが可能になります。

Q.地域の歴史・伝統・文化が失われるのでは?

地域の歴史・伝統・文化

合併前の地域で育まれた歴史・伝統・文化などは、新市の貴重な財産として、地域ごとの地域振興策を作り、地域の皆さんとの役割分担のもとに個性ある地域づくりを進めていきます。




大隅中央合併協議会
〒893-0005 鹿児島県鹿屋市共栄町17番23号
TEL: 0994-42-6628 FAX: 0994-42-7076
E-mail: centralosumi@central-osumi.jp