大隅中央合併協議会 構成市町

大隅中央合併協議会 事務局規程

(趣旨)
第1条 この規程は、大隅中央合併協議会規約第16条第3項の規定に基づき、事務局に関し必要な事項を定めるものとする。
(所掌事務)
第2条 事務局は、次に掲げる事項を所掌する。
(1) 大隅中央合併協議会(以下「協議会」という。)の会議に関すること。
(2) 協議会の資料作成に関すること。
(3) 協議会の広報及び広聴に関すること。
(4) 協議会の庶務に関すること。
(5) その他協議会の運営に関し必要な事項
(組織及び事務分掌)
第3条 前条各号に掲げる事務を処理するため、事務局に総務・広報係、調整係及び計画係を置く。
前項に規定する各係の事務分掌は、別表第1のとおりとする。
(職員)
第4条 事務局に事務局長、事務局次長、係長その他必要な職員を置く。
第5条 事務局長は、協議会の会長(以下「会長」という。)の指示を受け、事務局の事務を統括し、職員を指揮監督する。
事務局次長は、事務局長の指揮監督を受け、次に掲げる職務を行う。
(1) 事務局内の連絡及び調整
(2) 事務局長の職務の補佐
(3) 事務局長に事故があるとき又は欠けたときの、職務の代理
係長は、係相互間の連絡・調整及び係に属する職員の指揮監督を行う。
その他の職員は、上司の命を受け、事務に従事する。
(決裁)
第6条 会長が決裁する事項は、次のとおりとする。
(1) 協議会の運営に関する基本方針の決定
(2) 協議会に提案する議案の決定
(3) 協議会の予算及び決算
(4) 規程及び要領等の制定改廃
(5) その他特に会長が重要と判断する事項
(専決事項)
第7条 事務局長は、次に掲げる事項を専決することができる。
(1) 物品の購入その他契約の締結に関すること。
(2) 物品及び現金の出納に関すること。
(3) 職員の休暇、時間外勤務命令及び出張命令に関すること。
(4) 職員の事務分掌に関すること。
(5) その他軽易な事項に関すること。
(代決)
第8条 会長が決裁する事項について、会長が不在のときは、副会長のうちあらかじめ会長が指名した者が代決することができる。
事務局長の専決する事項について、事務局長が不在のときは、事務局次長が代決することができる。
(文書の取扱い)
第9条 事務局における事案を処理する場合の起案は、起案用紙(別記様式)を用いて行うものとする。
文書の収受、配布、処理編集、保存その他文書に関し必要な事項は、会長の属する市町の公文書の取扱いの規程の例による。
協議会の発送分の文書記号については、「大中合第   号」とする。
(公印の取扱い)
第10条 協議会の公印の名称、規格、型、書体、個数、使用区分及び管守者は、別表第2のとおりとする。
協議会の公印の保管、取扱い等については、会長の属する市町の公印に関する規則の例による。
(職員の服務等)
第11条 事務局の職員の服務及び勤務時間については、会長の属する市町の例によるものとし、その他の勤務条件については、それぞれの職員が属する市町の例による。
(給与等)
第12条 事務局の職員の給与(時間外勤務手当及び休日勤務手当を除く。)については、それぞれの職員を派遣する市町の負担とする。
事務局の職員の時間外勤務手当、休日勤務手当及び旅費については、会長の属する市町の例により協議会において支給する。
(事務補助員)
第13条 事務局の職員を補助するため、事務補助員を雇用することができる。
事務補助員の賃金及び勤務条件等については、会長の属する市町の取扱いの例による。
(補則)
第14条 この規程に定めるもののほか必要な事項は、会長が別に定める。
 附 則
  この規程は、平成16年7月1日から施行する。

大隅中央合併協議会
〒893-0005 鹿児島県鹿屋市共栄町17番23号
TEL: 0994-42-6628 FAX: 0994-42-7076
E-mail: centralosumi@central-osumi.jp